慶応義塾大学文学部とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 慶応義塾大学文学部の意味・解説 

慶應義塾大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/10 15:02 UTC 版)

(慶応義塾大学文学部 から転送)

慶應義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく、英語: Keio University)は、東京都港区三田二丁目15番45号に本部を置く日本私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は慶應(けいおう)、または慶大(けいだい)。




[ヘルプ]
  1. ^ 〔慶應義塾豆百科〕No.4 慶應義塾の起源、慶應義塾大学。
  2. ^ 日本で最古の高等教育機関 慶應義塾大学国際センター
  3. ^ 慶應義塾は開成所に先駆けて進級制度を導入して箕作塾の約3倍の塾生が集まり、江戸最大の塾となっていた(明治四年六月「新聞雑誌」第五号、石河幹明)。適塾は浪華仮病院(阪大)に改組されたが、咸宜園松下村塾鳴滝塾には連続性が無く、幕末の洋漢学塾の中で現在まで発展することができたのは慶應義塾だけである(天野郁夫「大学の誕生〈上〉」ISBN 4121020049 第一章72項参照)
  4. ^ なお、明治政府が「国家ノ須要」な大学(帝国大学)として整備したのは昌平坂学問所を源流に持つ東京大学であり、最初に学士農学士)を授与した機関は、開拓使仮学校である。
  5. ^ 生田門と中津市学校
  6. ^ 江川家の江戸屋敷
  7. ^ a b 〔慶應義塾豆百科〕 No.7 塾名の由来、慶應義塾大学。
  8. ^ 慶應義塾大学の名は旧字体の「慶應」の他、新字体の「慶応」や、「广」の部分以外をKとOに置き換えた「广+K」「广+O」からなる造字で表記することもある。
  9. ^ 「紀州塾」
  10. ^ 塾統~慶應義塾の伝統第40回「塾長経験・歴代最長」鎌田栄吉
  11. ^ 紀州藩親藩だったために、幕末には長州征伐に出陣したりするのだが、地理的環境から京都大阪を通じて反幕勢力の状態も知り、彼らに倣って早くから英学を採り入れたのである。鎌田栄吉の自伝によると廃藩前に紀州藩で福沢諭吉を破格の待遇で招こうとしたのだが、すでに慶應義塾を開いていたので不可能だった。そして紀州出身で福沢門下の松山棟庵が和歌山に帰って藩立の共立学舎という英学校を作った。その助教がやはり慶應出身の吉川泰次郎(後の郵便汽船三菱会社社長)だった。明治五年になって藩学は県学となって吉田政之丞が慶應から帰って来て、数人の助手をかかえて英学を教えた。鎌田栄吉はここで理学初歩、地理初歩に初まって、ギゾーの文明史、テーラーの英国史、ウエーランドの経済書などをすべて慶應流で教えられたとのことである。前記のように旧藩時代から小泉信吉横浜正金銀行の創立者)らが福沢門下となっていたが、「福翁自伝」にも塾には紀州の学生が多いと書いている。当時の慶應義塾では福沢の属した中津藩出身者、越後長岡藩出身者、紀州藩出身者が学生の主流だったということである。また、岸幹太郎徳川家家令)、草郷清四郎(紀州藩騎兵指揮官)、三宅米吉歴史学者)、巽孝之丞ら初期の藩士だった。紀州塾
  12. ^ 近代日本の大学史
  13. ^ 『慶應義塾入社生徒表』1882年
  14. ^ [慶應義塾豆百科 No.23 慶應義塾医学所]
  15. ^ [慶應義塾豆百科 No.27 大阪慶應義塾]
  16. ^ [慶應義塾豆百科 No.29 京都慶應義塾]
  17. ^ 大学部設置までの文部省による学校区分は「各種学校」(文部省年報)となっている。
  18. ^ No.50福澤先生と北里柴三郎
  19. ^ 大正8年8月8日申請、大正9年2月5日、認可第一号『創立百二十五年 慶應義塾年表 第56項』。修業年限は予科三年、学部三年(医学部は四年)とし、大学院は年限を定めず。
  20. ^ [慶應義塾豆百科 No.38 交詢社]
  21. ^ a b 〔慶應義塾豆百科〕No.53 「慶應義塾の目的」、慶應義塾大学
  22. ^ 〔慶應義塾豆百科〕No.60 独立自尊、慶應義塾大学。
  23. ^ 独立自尊の4字は、福澤諭吉の戒名「大観院独立自尊居士」にも取り入れられている。この名は、高弟・小幡篤次郎の撰によるとされる。
  24. ^ 慶應義塾豆百科No.17義塾社中
  25. ^ HARVARD UNIVERSITY
  26. ^ http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2008/081210/index.html
  27. ^ 『慶應義塾圖書館和漢圖書目録』『慶應義塾五十年史』参照
  28. ^ 研究
  29. ^ 世界大学科研竞争力排行榜2007
  30. ^ ARWU2010
  31. ^ Times Higher Education-QS World University Rankings 2009
  32. ^ Asian University Rankings | Top Universities
  33. ^ MINES ParisTech - CLASSEMENT INTERNATIONAL PROFESSIONNEL
  34. ^ [1]
  35. ^ 国立情報学研究所トムソンサイエンティフィック調べ2009年朝日新聞出版
  36. ^ 慶應義塾大学GuideBook201121/128
  37. ^ 慶應義塾大学に対する相互評価結果ならびに認証評価結果
  38. ^ 慶應義塾豆百科 No.49 体育会の創設
  39. ^ 慶應義塾生徒隊自転車隊
  40. ^ 慶應義塾生徒隊旗授与式
  41. ^ 日吉台地下壕保存の会
  42. ^ 小泉信三は昭和24年『共産主義批判の常識』っを上程している。
  43. ^ 全国初の海軍地下壕施設を発掘慶応日吉キャンパス MSN産経2009年4月12日
  44. ^ 【特集】戦争と義塾
  45. ^ 慶應義塾豆百科No.12 授業料
  46. ^ 慶應義塾豆百科 No.30 演説の創始
  47. ^ 塾内では福澤先生の胸像の台座部分に足をかけたり腰掛けたりすると留年するという都市伝説が代々先輩から後輩に語り伝えられている福澤諭吉像:[慶應義塾大学 日吉キャンパス]
  48. ^ 飯田鼎 『福沢諭吉——国民国家論の創始者』 中央公論社〈中公新書722〉、1984年3月。ISBN 4-12-100722-0
  49. ^ それらの図書の内容は、経済、修身、物理、化学、リーダー、地理、歴史の類一と通り備わり、ウエブスター大字典の如きも数十部もあった
  50. ^ 石河幹明・前揚第一巻
  51. ^ 「慶應義塾七十五年史」210項
  52. ^ 紀州塾
  53. ^ 栗本の修業日誌
  54. ^ 明治六年五月慶應義塾を訪れた福山の藩儒江木鰐水
  55. ^ 適塾と緒方洪庵
  56. ^ 岡見彦三
  57. ^ 立志学舎と慶応義塾派遣教師を中心に
  58. ^ アインシュタインと慶應義塾
  59. ^ 「慶応義塾の敷地を拡張移転せしめぶとの論が起り、関東大震災で被害復旧が一段落を告げる頃から、ようやく郊外に広き土地を買い入れ、主に予科を移転し、候補地を神奈川県に求める」との論起り「かくするうち、東京横浜電鉄から、日吉台の土地七万二千余坪を無償提供すると申出あり」「この間、東京横浜電鉄株式会社の関係者の一人である塾員小林一三は終始好意的に斡旋につとめた」慶応の卒業生であった阪急の創業者・小林一三は母校の日吉への誘致に積極的に関与する。 - 『慶応義塾100年史』慶応義塾大学、1964年(昭和39年)
  60. ^ 慶應義塾創立150年記念式典 主な式典における天皇陛下のおことば-宮内庁-
  61. ^ G8大学サミットを札幌で開催
  62. ^ 2009/1/29(木)(2/3〜9) 東大・慶應レセプションの開催
  63. ^ 東京工業大学と慶應義塾大学との間における学生交流に関する協定書
  64. ^ 慶應義塾大学経済学部との単位互換
  65. ^ 慶應義塾大学・京都大学・神戸大学によるMBA連携について
  66. ^ 医学系大学産学連携ネットワーク協議会 (medU-net)
  67. ^ “弥生〜奈良時代の大集落遺跡出土 慶応大矢上キャンパス”. 朝日新聞. (2011年2月25日). http://www.asahi.com/national/update/0225/TKY201102250551.html 2011年11月12日閲覧。 
  68. ^ “経済研究所の設置について”. 慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科. (2013年4月1日). http://www.econ.keio.ac.jp/news/20130401.shtml 2013年4月1日閲覧。 
  69. ^ 慶應義塾豆百科No.51『三色旗』
  70. ^ 慶應義塾「ペンマーク」
  71. ^ 偶然だが開成中学校・高等学校の、剣の上にペンが交差して重なる「ペン剣紋章」も同じ言葉に由来する
  72. ^ 三田山上「赤煉瓦」の歴史
  73. ^ 慶應義塾大学法学部 学部紹介 概要
  74. ^ 論文情報ナビゲーター”. 国立情報学研究所. 2011年5月3日閲覧。
  75. ^ [2] 慶應義塾百年史: 別卷大学編
  76. ^ まもなく相馬永胤ら講師陣が、慶應義塾から独立して専修学校(現・専修大学)を設立したため、慶應義塾夜間法律科は閉鎖することとなった。
  77. ^ [www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai3/siryou5_3.pdf]
  78. ^ 慶應義塾図書館 帳合之法
  79. ^ 慶應義塾豆百科 No.94
  80. ^ No.24慶應義塾と歯科医学
  81. ^ 田中耕司 『岩波講座「帝国」日本の学知〈第7巻〉実学としての科学技術』 岩波書店、2006年10月。ISBN 4000112570
  82. ^ 慶應義塾大学病院 : トップページ
  83. ^ 韓国延世大学校との交流会がある
  84. ^ これらの医療機関の院長の集まりとして、慶應義塾関連病院会が組織されている
  85. ^ 慶應義塾大学ガイドブック2009 P15(慶應義塾大学)
  86. ^ /national/dome/2008/id4255.html 日本ラグビーフットボール協会
  87. ^ 週刊新潮2008年10月30日号に、園遊会中止についての記事が掲載されている。
  88. ^ 慶應塾生新聞 - 今年度も園遊会存続へ〜有志による非公式の開催
  89. ^ 『慶應塾生新聞』第449号
  90. ^ 『慶應義塾大学全塾協議会議事録』
  91. ^ 慶應塾生新聞 - 園遊会 4年連続、有志で開催 全塾協議会で中止の決定後
  92. ^ 学内の掲示や公式文書、式典などでは実際に「君」が用いられるが、一般と同様に、日常の会話においては学生が教職員を「君」と呼ぶことはない。
  93. ^ 慶應義塾豆百科
  94. ^ 小泉信三1966『私の履歴書』
  95. ^ 慶應義塾大学医学部三四会 - 三四会奨励賞の推薦について
  96. ^ 慶応日吉キャンパスの寄宿舎、市の歴史的建造物に認定
  97. ^ 慶應大阪リバーサイドキャンパス開設:慶應義塾
  98. ^ 慶應義塾の文化財
  99. ^ 『現代日本の政治過程:日本型民主主義の計量分析』 小林良彰 東京大学出版会 1997年 P.288
  100. ^ 小泉信三全集 第 11巻』 文藝春秋 1972年
  101. ^ 『共同研究太平洋戦争と慶應義塾』 慶應義塾大学経済学部白井ゼミナール 白井厚 慶應義塾大学出版会 1999年
  102. ^ コンソーシアム参加組織一覧
  103. ^ 金美齢; 月刊『自由民主』2002年12月号 (2002年12月). “李登輝さんは日本に悪いことをしたのですか” (日本語). 金美齢ホームページ. 自由民主党. 2008年12月1日閲覧。
  104. ^ 慶應義塾 (2008年7月8日). “[http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2008/kr7a430000008n4t.html 慶應義塾 「デジタル時代の知の構築」への取り組み 慶應義塾大学通信教育課程ラジオ放送授業「慶應義塾の時間」放送開始50 年を記念し、特別企画をラジオNIKKEI でオンデマンド配信(7/10 開始) 29]” (日本語). 慶應義塾. 2014-11-閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

慶応義塾大学文学部に関連した本

慶応義塾大学文学部に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慶応義塾大学文学部」の関連用語

慶応義塾大学文学部のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大赤浮き草

ヘンリエット

ラムサウンディング試験

ミニ球

BMW X3

ワライカワセミ

母屋

カベルネ・ソーヴィニヨン





慶応義塾大学文学部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慶應義塾大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS