宗教的排他主義とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 主義 > 宗教的排他主義の意味・解説 

宗教的排他主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/10 09:39 UTC 版)

宗教的排他主義(しゅうきょうてきはいたしゅぎ、: Religious exclusivism)とは、一つの宗教だけが真理であるとする教義教理である。[1] その宗教の者のみが天国に行き、他は地獄に落ちると教える。この対極にあるのは、万人救済主義である。自宗教の絶対的優越性を強く主張し、他の宗教の価値を認めない思想ともされ、この場合他の宗教は『無価値』な『偽り』の宗教であり、それによっては何ら救済はないことになる。


  1. ^ William J. Wainwright (2005), Oxford University Press, p. 345, ISBN 9780195138092, The Oxford handbook of philosophy of religion
  2. ^ 新改訳聖書
  3. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  4. ^ 尾形守ニューエイジムーブメントの危険』プレイズ出版
  5. ^ アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』教文館
  6. ^ a b ハロルド・ネットランド『どんな宗教でも救われるか-福音的キリスト教信仰と宗教多元主義』いのちのことば社
  7. ^ クリスチャン神父のQ&A - カトリック松原教会 2014年10月31日閲覧。
  8. ^ キリスト教の土壌から生まれたキリスト教ではない新興宗教 日本基督教団浜松教会のサイト
  9. ^ ジョン・グレッサム・メイチェン『キリスト教とは何か-リベラリズムとの対決』いのちのことば社


「宗教的排他主義」の続きの解説一覧





宗教的排他主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宗教的排他主義」の関連用語

宗教的排他主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フロントウイング

紫縞竹

平沼騏一郎

WX310J

OH-6DA

KTM 125 EXC

無線搬送装置1号

スパッタリング





宗教的排他主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗教的排他主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS