ホースシューズとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ホースシューズの意味・解説 

ホースシューズ

歴史と沿革

古代ギリシャ時代円盤投げルーツ当初不要になったリング型馬蹄ホースシュー)を投げ飛距離コントロールを競っていたが、やがてに向かって投げ一種の「輪投げ」へと変貌した。古代ギリシャローマ時代馬蹄リング型をしており、それが現代のようなU字型へと変化したとき、ゲームとしてのホースシューズはU字型へと移行し、輪投げから分化したとされている。

1回に一人2つのホースシュー投げゲームから、ホースシューズと命名された。

アメリカ持ち込んだのは、ヨーロッパからの移民たち。特にカウボーイたちの間でこのゲーム大流行した。独立戦争177583)の最中に、ホースシューズを楽しむ兵士たちを描いた絵画が残っており、南北戦争兵士たちもホースシューズに興じたとされている。

アメリカでは、1921年に「全米ホースシューズ協会」が設立され、競技人口は現在3000万人とも言われ、メジャースポーツの一つになっている90年のヒューストン・サミットでは、先代ブッシュ米大統領各国首脳を交えてこのゲームを楽しんだことが報道され話題を呼んだものだ。また、あのアーノルド・シュワルツネッガー自宅の庭に専用コートをつくるほどの大ファンだという。

日本では91年に「日本ホースシューズ協会」が設立され(大阪市)、現在、関西東京九州北海道合わせて12協会支部があり、全日本選手権大会開催されている。競技人口は約5000人。年齢性別に関係なく楽しめる自然環境にも優しい生涯スポーツとして注目されている


競技方法とルール

専用ホースシュー馬蹄)を、互いに相手側のステーク()に向かって投げ、ステークに掛かるか、15cm以内に近づけることで得点競い合うゲームプラットフォーム投げ位置)からステークまでの距離は、男子12メートル女子(及びシニア17歳以下の子供)は9メートルで、ターゲットエリアには、ホースシュー大きく弾んだり、転がったりないように湿った土や砂が敷かれている

競技方法にはシングルスダブルスがあり、ポイント先取制とイニング制がある。

それぞれのプレーヤーは2つのホースシュー持ち交互相手側のステークに投げ、1イニング(2投)を終了する。得点2種類のみである。ホースシュー内縁がステークを完全に捉えている状態(両端を結んだ線のなかにステークがすっぽりと入っている)をリンガー呼び得点3ポイント。ステークより15センチ以内ホースシューが留まれば1ポイント。それ以外は無得点


公認コート






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホースシューズ」の関連用語

ホースシューズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キックベースボール

フェンシング

スカッシュ

ボッチャ

キャスティング

オーストラリアンフットボール

釣り

セーリング





ホースシューズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2016 Weblio RSS