ていてつとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 蹄鉄 > ていてつの意味・解説 

てい てつ [0]

馬のひづめに打ちつけ、ひづめの摩滅損傷を防ぐ具。日本では明治以降に用いられるようになった馬蹄鉄蹄


ていてつ(蹄鉄)

馬の蹄(蹄負面)に打ち付ける金属作製したものを言い、かつては調教用と競走用とに区分され、調教時にはおよび軽合金材から造られた蹄鉄を使用し、競走時には競走ニウム蹄鉄といわれる競走専用蹄鉄に打替(交換)されていたが、打替を頻繁に行うと蹄が傷むなどの不利があった。そこで、調教時および競走時の両方使用できる兼用蹄鉄が開発された。これは、アルミニウム合金材から造られ競走前後の打替を必要としない。現在ではほぼ100%競走馬使用している。
蹄鉄 蹄鉄
蹄鉄 蹄鉄




ていてつと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ていてつ」の関連用語

ていてつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ていてつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JRAJRA
Copyright 2020 Japan Racing Association.

©2020 Weblio RSS