原級留置 実態と統計

原級留置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/01 09:21 UTC 版)

原級留置(げんきゅうりゅうち)とは、学校に在籍している児童生徒学生(在学生)が、何らかの理由で進級しないで同じ学年を繰り返して履修すること。落第(らくだい)や留年(りゅうねん)に対する公式の表現で、生徒、学生に対しこうした処分をすることを原級留置処置という。原級留め置き(げんきゅうとめおき)、又は留級(りゅうきゅう)と表記される場合もある。対義語は「及第」・「通常の進級」である。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 学校制度(学制)-諸外国との比較”. 教育再生会議 (2013年11月26日). 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ 学校教育法施行規則第57条・第79条
  3. ^ 成績によって学年をもう一度やり直すことがあるのですか? 玉川学園HP
  4. ^ 愛知学院大学薬学部進級・卒業要領”. 2014年6月16日閲覧。
  5. ^ 2014年度時点で放送大学に1年次入学し、かつ規修単位を用いた修業年限の通算を行わなかった場合は、在学年限は10年間となっている。
  6. ^ 小林哲夫 (2009)『東大合格高校盛衰史』光文社新書


「原級留置」の続きの解説一覧





原級留置と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原級留置」の関連用語

原級留置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原級留置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原級留置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS