ミキシング・コンソール その他の機能や仕様

ミキシング・コンソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 06:46 UTC 版)

その他の機能や仕様

メーターなど監視機能

指針式のアナログ・メーターと、プラズマ型またはLED配列型バー・メーターに大別されるが、平均レベルを読む場合には従来のアナログ式メーターの方が視認性に優れているため、チャンネル毎にはバー・メーターであってもミキシング・コンソールのマスター・セクションにはStereo及びSurround用のアナログ・メーターが搭載されている機種も多い。デジタル・コンソールの場合やDAW等の場合にはプラズマ型またはLED配列型バー・メーターが多く、廉価型の小型ミキサーの場合には生産コストや収納スペースなどの関係からLED配列型バー・メーターが多く使われている。バー・メーターにはPeak Level(突出レベル監視用)とAverage Level(平均レベル監視用)やスペクトラム・アナライザー(周波数の棒グラフ表示)に切り替えて使用できるタイプがあり、デジタル・レコーディングの現場では録音平均レベルよりも上限レベルがヘッド・ルーム内に収まり入力限界値を超えないように監視する意図が多いため、ヘッド・ルーム表示対応型のバー・メーターが多く使われている。

VU メーター

指針式VUメーター

「ヴュー」と読む。直前に流れた信号の0.3秒間の平均値を指示するメーター。聴感に近い値を示す一方、打撃音など瞬間的な信号を捉えるにはあまり向いていない。

ピーク・レベル・メーター

信号の値をリアル・タイムに指示するメーター。出力レベルを電気的に適正にしたり、最大値を超えないようにするのに用いられる事が多い。プラズマ型またはLED配列型バー・メーターの場合にはピーク値を任意の秒数、維持表示させる機能も設定できる。

スペクトラム・アナライザー

信号の値を周波数ごとに分割して表示するもので、略してスペアナとも呼ばれる。コンソールに搭載されるものとしては、ハイエンドのデジタル・システムに於いてFFT方式のスペアナをディスプレイに呼び出す機能を搭載したものがある。Solid State Logic社製コンソールのバー・メーターに搭載されている機能では最大表示ゲインを10dB高く表示させる事が可能になっていて視認性と確認性を高めていたり、スペクトルのピーク値とアベレージ値の表示切り替えが出来るため、表示させたい状況に応じて任意に切り替える事が可能になっている。

コンピューター・オートメーション

内蔵あるいは外部のコンピューターにより、コンソールのフェーダーを始めとするパラメーターを時系列にそって連続的またはイベント毎(操作ポイント)に記録し再現する機能で、簡易的にはフェーダーのポジションを記録するだけだが、デジタル・コンソールやDAW、または最新アナログ・コンソールではEQやPAN POT、エフェクトのパラメーターにいたるまでコントロール可能になってきている。レコーダーと同期させるためにはSMPTE タイムコードを用いるのが一般的であるが、DAWなどの場合にはセッションのタイムベースを基準に取り扱っている。アナログ・コンソールでは制御素子としてVCA、DAコンバーター、制御モーターなどを用いる。VCA式フェーダーでのオートメーションは古くから普及していて、APIが最初に搭載した事でも有名だが、音声信号がVCAという回路を通過する事によって起きる音声信号の変化を嫌う向きもあり、VCAミキシングを好まないエンジニアも存在する。超小型制御モーターを使用したムービング式フェーダー・オートメーションの場合にはVCA回路などを使わず、フェーダーを直接超小型制御モーターによって動かしてミキシング・データーを記憶及び再現するため、VCAによって音質変化する事を好まないエンジニアにとってはムービング式が好まれている。ただしVCA式に比べ普段のメンテナンスやモーター精度の調整などに費やす部分の負担が大きく、沢山の制御パーツと複雑なハードウェアを要するためにコンソール自体も高額になっている。SMPTEを使用するアナログ・コンソールでのミキシング・オートメーションの場合には時代によってデーターを再現させるときの時系列を扱う時間軸分解能には違いがあって、1フレーム単位 (33.333ms) 精度かそれ以下の時間軸内で起きたイベント情報(フェーダー・レベル値の推移)しか再現できなかったりしたが、最近ではサブ・フレームとして1フレームを80 - 100分割して細分化した時間軸情報を用いてオートメーションを記録及び再生しているので、ほぼリアル・タイムでイベント情報の再現性がある。

各種リモート・コントロール

APISolid State LogicNeve、Focusrite などの大型コンソールの場合には前出MASTER SECTIONのパネル上にコンソールと接続されている2トラック・マスター・レコーダー、マルチ・トラック・レコーダー、各種Video機器などのトランスポート系(Play/Stopなどの走行系)を制御するためのスイッチ群などが付属していて、コンソール側から全ての機器を統括管理できるようになっている。また、Solid State Logicなどの場合には各チャンネル・モジュール毎にマルチ・トラック・レコーダーのRecord Enableスイッチ(録音スタンバイのON/OFFさせる部分)が付属していて、マルチ・トラック・レコーダーのチャンネル毎にEnableを変えて、MASTER SECTIONにてトランスポート系をコントロールする考え方のコンソールが1970年代終わり頃から定着している。このスタイルはProToolsなどDAWでは、チャンネル毎のRecord Enable切り替えスイッチ機能として取り入れられている。

同期系入出力

上記リモート・コントロール・セクション内にはコンソールと接続されている各種レコーダーなどのトランスポート系が付属しているが、それと同時に同期運転(シンクロナイズ)に関する設定パネルや同期運転関連のトランスポート系をON/OFFさせる為のスイッチ群が付けられている場合もある。そしてそれら同期運転に関わるSMPTEまたはハウス・シンクなどの同期信号を入出力させるパッチ・ポイントがこのセクションに相応してトランスポート系のパッチ・ベイなどに用意される。基本的にはこの装備に関してオプション扱いになっている事が多いが、映画スタジオ内、MAスタジオなどの場所ではこのセクションが中心的役割を果たしている事が多い。

内蔵エフェクター

ミキシングなどにおいて多用される「残響系エフェクト(リバーブ)」などのエフェクト(効果)装置を小型化し、ミキサー内部に内蔵させた機種が多く発売されている。

リコール、シーンメモリー、スナップショット

静的にコンソールのセッティングを記録させる。時系列による連続的な変化は下記のオートメーションにより行う。SSLやNeveなどで使われていたリコール機能はコンソール上にあるモジュール及びマスター・セクションの全てのつまみを記録していて、リコール時にはリコール専用の画面に切り替わった状態を見ながらリコールさせたいチャンネル毎のつまみをオペレーターが動かし、画面上でつまみが記録させた物と現状が一致するように1つずつ数百数千もあるつまみを可変させなければならないため、リコール準備だけでもかなりの労力を要する。Solid State Logicの場合は早くからこの機能を搭載する事が出来ていて、トータル・リコールという名称でオプション選択が可能となっていたが、欧米ほど全体的には普及せず、何箱かの複数スタジオがある大規模スタジオでの運用が多かった。

パッチベイ

録音スタジオや大型PA用のミキサーコンソールでは、「裏側に回ってコネクタを抜き差し」するのが非能率的なので、必要に応じて入出力機器の接続を容易に変更できるよう、すべての入出力端子をミキサーコンソール脇か、別に配置した機器盤(ラック)に配線し用意する事が多く、あらかじめ接続された回線をパネルにまとめられた接続ポイントをまとめた部分の名称。ミキシング・コンソールを中心とした機器間の接続関係が直接目視確認できる利点もある。使用されるコネクタは多岐にわたり、用途に応じて選択する。使用するコネクター形式としては110号(音響用の標準プラグ・ジャックに似ているが先端が尖っておらず丸い。径は同じなので挿さるが形状が違うので接触不良になる)、TRSフォン(標準サイズで3極のプラグ)、バンタム等が一般に用いられる。

特に実装密度の高いバンタムは大型のミキシング・コンソールにおいて標準装備になっている[4]

電源部

電源部はアンプやエフェクター類から表示までの全機能へ電源電流を供給するための回路であり、すべての機種で備わっている。電池駆動する携帯型の小型機種を除けば、概ね商用交流電源を電源コードで受け入れ、内部のトランス等で直流へ変換している。ミドルクラス未満では、コンソールに内蔵するものが多いが、ミドルクラス以上では、電源ユニットだけ独立するものがある。またミドルクラス以上でも特に実演時に故障すると大問題となるステージや生放送に用いられるものでは、複数の電源ユニットを併列運用しておいて、1つの故障でもトラブルなく継続運用できる機種が多い[5][6]


  1. ^ ソロとは各チャンネル・モジュールで取り扱っているオーディオ信号の単独試聴する為に設けられている機能。このスイッチを押す事によって、他のチャンネルが自動的にミュートされ、ソロで選ばれたチャンネルだけを聴く事が可能になる。
  2. ^ 「BUS」は「乗合バス」と同義。
  3. ^ 例:エフェクターへの信号・ステージ・モニター・スピーカーへの信号
  4. ^ パッチベイで用いる比較的短い機器間接続用ケーブルを特にパッチ・ケーブルと呼び、接続関係が判りやすい様に色分けされている場合が多い。
  5. ^ デジタル式の機種ではプログラムした設定値が瞬断で消えることがあるので、無停電電源装置 (UPS) を用いるのが無難である。
  6. ^ 半粟澤公一著、『図でわかるPAの基本』、誠文堂新光社、2011年12月20日発行、ISBN 9784416311202、128頁
  7. ^ 即興のDJ ミックスとは、いわゆる「リアルタイムリミックス」を指す。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミキシング・コンソール」の関連用語

ミキシング・コンソールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミキシング・コンソールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミキシング・コンソール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS