ハリスコ新世代カルテル ハリスコ新世代カルテルの概要

ハリスコ新世代カルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 08:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリスコ新世代カルテルのロゴマーク
ネメシオ・オセゲラ・セルバンテス

スペイン語ではハリスコ・ヌエバ・ヘネラシオン(Cártel de Jalisco Nueva Generación)、英語ではハリスコ・ニュー・ジェネレーション(Jalisco New Generation Cartel)と呼ばれている。

2009年にハリスコ州の地方警官だったネメシオ・オセゲラ・セルバンテスと、彼の義兄であるアビガエル・ゴンサレス・バレンシアにより創設された。

関係しているとみられる事件

2011年

  • 9月20日、ロス・セタスのメンバー35人が武装集団に襲撃され殺害。遺体は路上に放置される。その後、武装集団はマタ・セタス(「セタス殺し」という意味)という名義で犯行声明を出す。

2015年

  • 4月6日、警察の車列が待ち伏せしていた武装集団に襲われ、警察官15人が死亡、5人が負傷した[1]
  • 5月22日、警察と武装集団との間で銃撃戦が発生し、警察官1人を含む43人が死亡した[2]

2017年

  • 1月21日、海辺のリゾート地であるマンサニージョ英語版近くに乗り捨てられていたタクシーの中から頭部のない7体の遺体が発見された[3]

2018年

  • 1月4日、ベラクルス州で5人の頭部が麻薬組織「ハリスコ新世代(Jalisco New Generation)」の署名が入った脅迫メッセージと共に、タクシーのボンネットの上に置かれていた[4]
  • 3月19日、グアダラハラの映画学校に通う男子学生3人が行方不明になり映画監督のギレルモ・デル・トロらが解放を求めて激しい抗議デモをしていたが、翌月の4月23日に警察が液体の酸が入ったたる3個を押収し、3人の死亡を確認した[5]

2020年

  • 6月16日、コリマ州で連邦判事夫妻が来訪した男2人から約20発の銃弾を浴びせられ射殺された。判事は2018年に組織の最高幹部の刑務所移送の決定を下しており、その報復とみられている[6]
  • 6月26日、メキシコ市内の高級住宅街でガルシア・アルフッシュ治安庁長官が乗った乗用車が、武装勢力の襲撃を受けて長官が負傷、警護の2人と出勤途中の女性1人が巻き添えで死亡した。 長官はCJNGによる犯行だとして非難するメッセージを公表した[7]

関連項目




「ハリスコ新世代カルテル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハリスコ新世代カルテル」の関連用語

ハリスコ新世代カルテルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハリスコ新世代カルテルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハリスコ新世代カルテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS