テキサス州 経済

テキサス州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/21 01:18 UTC 版)

経済

ジョンソン宇宙センター

2008年時点で、テキサス州は州総生産が1兆2,240億ドルであり、アメリカ合衆国の州では第2位である[76][77]。世界の国と比較すると第11のカナダや第12位のインドに匹敵している。世界に国の地方区分では、カリフォルニア州と東京都に次いで第3位である。2007年の一人当たりGDPは37,083ドルであり、国内第22位だった。テキサス州は人口が多く、天然資源が豊富であり、多様な民族と多様な地形があることで、大きくまた多様な経済になってきた。石油が発見されて以来、州経済は石油産業の状況に大きく依存してきた。近年、都市部のサイズが大きくなり、2005年時点では人口の3分の2がそこに集中している。州経済の発展は都市スプロール現象とそれに付随する兆候を生んできた[78]

2010年1月時点での州内失業率は8.2%である[79]

テキサス州は「低い税、低いサービス」の定評がある[60]。シンクタンクのタックス・ファンデーションに拠れば、テキサス州民の州税と地方税負担率は国内最低レベルの下から7番目であり、一人当たり3,580ドル、収入の8.7%である[80]。州税の中に所得税が無い7州の1つである[80][81]。その代わりに6.25%の消費税を徴収するが[80]、地方課税地区(市、郡、特殊目的課税区および公共交通機関管理所)も2%までの消費税を課すので、トータルは最大8.25%となる。テキサス州は「税寄贈州」である。2005年時点で連邦政府に所得税として払った1ドルにつき、約0.94ドルがテキサスに返ってくる[80]

2004年、「サイト・セレクション・マガジン」がテキサス州を企業に最も優しい州に位置付けた。これにはテキサス州の運営する30億ドルのテキサス起業基金があることが貢献している[82]。フォーチュン500に入っている企業の本社がある数では合衆国の州で最大である[83][84]

2010年時点で、州内には346,000人の100万長者がおり、合衆国の州ではカリフォルニア州に次いで第2位である[85]

2020年代に入ってから、シリコンバレーなどにある企業が住宅価格の高騰などによる環境悪化を理由にテキサス州へ本社を移転する動きがある[86]。移転企業にはテスラオラクルヒューレット・パッカード・エンタープライズトヨタ北米本社などがある[86]

主な産業など

歴史的に農業及び牧畜業が主要産業であったが、1901年スピンドルトップでの油田が発見されて以来、エネルギー産業の比重が急激に高まり、以後エネルギー産業とともに歩んできた。こうしたことから従来、州の産業はCotton、Cattle、Crude のいわゆる「3C」に代表されるといわれてきた。しかし、80年代以降は、エネルギー産業に加えハイテク産業も成長するなどサンベルトの一大中心州として急速な発展を遂げてきている。

メキシコ湾や内陸部に油田が多く、石油資源が豊富であり、エクソンモービルやヴァレロなどの石油会社が多い。カウボーイ文化に象徴される放牧業も盛んである。

農業と鉱業

油井
テキサス州西部平原にあるブラゾス・ウィンドファーム

テキサス州には合衆国の州の中で最大の農場数と最高の農場面積を持っている[87]。家畜生産量でも国内で最大級であり、牛が最も収益を上げる生産物である。また羊とヤギの生産量も国内では高いほうである。農産物では綿花の生産量が高い[87]。またかなりの量の穀物や農生産物も生産している[87]。商業漁業も盛んである。鉱物資源についてはセメント、砕石、石灰、砂、砂利の生産量が大きい[87]

エネルギー

スピンドルトップで石油が発見されて以来、エネルギーは州内の政治と経済を牽引する存在になってきた[88]。エネルギー情報管理局に拠れば、テキサス州一人当たりエネルギー消費量および全消費量で国内最大である[89]。国内の他の州とは異なり、テキサス州は交流配電網であるテキサス・インターコネクションが送電を行っている。カリフォルニアの発電危機はあったが、テキサス州は電力供給の規制を緩和したままである。

テキサス州鉄道委員会は、その名前とは裏腹に州内の石油とガス産業、ガス公益事業、パイプラインの安全性、液化石油ガス産業の安全性、および石炭ウラニウムの採掘を管理している。1970年代まではテキサス州の原油埋蔵量を管理できる故に石油価格を制御していた。石油輸出国機構(OPEC)の設立者がテキサスの機関を石油価格管理のモデルに使った[90]

テキサス州には約50億バーレル (790,000,000 m3)1 の石油確認埋蔵量があり、合衆国全体の約4分の1に相当する[89]。州内の石油精製所は1日に460万バーレル (730,000 m3) の石油を精製できる[89]。ヒューストン地域のベイタウン製油所はアメリカ合衆国最大の精製所である[89]天然ガスの生産量も高く、国内供給量の4分の1に相当している[89]コノコフィリップスエクソンモービルハリバートン、バレロおよびマラソン・オイルなど幾つかの石油会社がテキサスに本社を置いている。

21世紀に入るとシェールオイル採掘の技術が進歩し、内陸部を中心に石油生産量が増加した。HSBCはテキサス州を国として見た場合、2018年にはロシアサウジアラビアに次ぐ世界第三位の石油産出国になると予想している[91]

再生可能エネルギー資源についてもテキサスは先進的な存在であり、風力発電量では国内最大である[89][92]。テイラー郡とノーラン郡のホースホロー・風力エネルギーセンターは2008年11月時点で世界最大の風力発電量、735.5 メガワット(MW) の能力がある[93]。エネルギー情報管理局は州内の大きな農業と林業でバイオ燃料バイオマスを大量に供給できると述べている。また太陽光発電に付いても国内最大の開発可能性を有している[89]

温室効果ガスの排出量

テキサス州の温室効果ガス排出量は全米50州中1位であり、2003年の1年間では約6億7000万トン二酸化炭素を排出している。この内、運輸部門による排出量が28%を占めている。 [94] [95]仮に、テキサス州を1つの国に置き換えたとすると、世界7位の排出量であり、フランスイギリスカナダのそれぞれの1国の排出量をも上回り、また排出量全米2位のカリフォルニア州と3位のペンシルベニア州の排出量の合計を超えている[96][97]

この原因には、19の石炭による火力発電所がある事、化学工場が多い事が挙げられる。さらに、公共交通機関が少なく、燃費の悪いフルサイズSUVピックアップトラックが多い事、の暑さが厳しくエアコンによる電力消費量が高い事が挙げられる。そして、前知事のリック・ペリーアル・ゴアを批判しており、地球温暖化問題に対して懐疑的である。ハイブリッド車も増えてきてはいるが、州内で登録されている2000万台以上の車のうちの約1%にとどまっている。また、2007年の調査では、全米で半数近い人々が地球温暖化が最も深刻な問題であると回答したのに対し、テキサス州ではイラク戦争が最も深刻な問題であると答えた人々が最も多く、地球温暖化を最も深刻な問題と回答したのは約4%の人々だけであった。

ピックアップトラック
サンアントニオで生産されている2代目トヨタ・タンドラ

テキサス州では、轟音を立てて走るピックアップトラックを頻繁に目にする。「land of pickup trucks」と呼ばれるこのテキサス州は、全米の約14%のピックアップトラックが売れている最大の市場である[98]。テキサス州内では登録されている乗用車の約4分の1、特に農村部では車両の約半分がピックアップトラックである[99]。 とりわけ、ビッグスリーが発売する、フルサイズのフォード・Fシリーズシボレー・シルバラードダッジ・ラムなどが非常に多く、数年前に比べてガソリン価格が高騰している現在[いつ?]でも、根強い人気を誇る。さらに、各メーカーは「テキサス・エディション」や「ローンスター・エディション」などという、地域限定仕様も発売している。2006年に操業開始した、トヨタ自動車北米向けフルサイズピックアップトラック「タンドラ」の工場も、ここテキサス州のサンアントニオに立地する。なお、テキサス州のトラックの自動車税は、その他のタイプの車の自動車税よりも安い[100]。 また、日本では安全性の問題から近年[いつ?]は急激に減った、金属製のグリルガードを付けたピックアップトラックも多い。

工業技術

プレイノに存在したエレクトリック・データ・システムズ(EDS)本社

テキサス州には大きな大学システムがあり、テキサス企業基金やテキサス新技術基金のような指導機関と組み合わされて、幅広いハイテク産業が育ってきた。オースティン地域は「シリコンヒルズ」と呼ばれ、ダラス北部地域は「シリコンプレーリー」と呼ばれている。デルテキサス・インスツルメンツ(TI)、ペロー・システムズ、AT&Tなど多くのハイテク企業の本社がテキサス州にある。また、コンパック・コンピュータの元本社は、カリフォルニア州に本社を置くヒューレット・パッカード(HP)による買収後も同社の最大拠点として現存しているほか、同様にHPが2008年8月に買収して傘下に収めた旧Electronic Data Systems(EDS、現在は「HPエンタープライズサービス」として事業を継続)もテキサスで創業し、成長した。

アメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターはヒューストン南東部にあり、テキサス州の宇宙航空産業の至宝になっている。フォートワースにはロッキード・マーティンの宇宙航空事業部とベル・ヘリコプター・テキストロンがある[101][102]。ロッキードはF-16戦闘機ファルコンを製造しており、その後継機F-35ライトニング IIをフォートワースで製作している[103]

商業、サービス業

ヒューストン港と船舶水路

テキサス州の豊かさは、小売、卸、金融と保険および建設の各産業からなる強い商業分野を活気づかせている。フォーチュン500に入るテキサス州を本拠とする会社でテキサス州の伝統的産業ではないものとしては、AT&T、メンズ・ウェアハウス、ランドリーズ・レストラン、キンバリー・クラーク、ブロックバスター、ホールフーズ・マーケット、およびテネット・ヘルスケアがある[104]。アメリカ合衆国で第2のショッピングセンターがあるダラス・フォートワース地域は、合衆国の都市圏で一人当たりのショッピングセンターの数が1番多い[105]

北米自由貿易協定 (NAFTA) によってメキシコがテキサス州にとって最大の貿易相手国となり、州輸出額の3分の1に相当する輸入額がある。テキサスとメキシコの国境には議論の多いマキラドーラの形成をNAFTAが奨励してきた[106]

カジノ

同州の白人系カジノは、船上ホテル・カジノの「テキサス・宝のクルーズ・カジノ」の一軒のみ。アランサス港に停泊する豪華客船「テキサス・トレジャー号」内にあり、湾内を周遊しながらスロットマシン500台、ブラックジャックカリビアンスタッドクラップスレットイットライドスリーカード・ポーカールーレット&ポーカーの24のテーブル・ゲーム、ルーレット、および100台のビンゴ遊技機を楽しめる、一大娯楽施設である。2009年5月、テキサス州は同州でのカジノ賭博を非合法としているが、このカジノはとくに営業上の影響は受けていない。

主な会社など

テキサス州に本拠地のある企業には以下のようなものがある。




注釈

  1. ^ 上位にあるのはネバダ州、アリゾナ州、カリフォルニア州およびニュージャージー州である

出典

  1. ^ a b c QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  2. ^ a b c Facts”. Texas Almanac (2008年). 2008年4月29日閲覧。
  3. ^ TEXAS, ORIGIN OF NAME from the Handbook of Texas Online
  4. ^ Introduction to Texas”. Netstate.com. 2010年4月11日閲覧。
  5. ^ Sansom, Andrew:Water in Texas:An Introduction, University of Texas Press, 2008, pg. 25
  6. ^ Dingus, Anne:The dictionary of Texas misinformation, Gulf Publishing Company, 1987
  7. ^ Fortune 500 2009:Our annual ranking of America's largest corporations”. CNNMoney.com. 2009年8月閲覧。
  8. ^ Texas passes New York on Fortune 500 list”. RickPerry.Org. 2009年8月閲覧。
  9. ^ テキサス州 ビジネスの魅力ガイド”. JETRO. 2023年8月31日閲覧。
  10. ^ トヨタ、北米本社機能をテキサス州ダラス北部に集約 | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト”. global.toyota. 2023年8月31日閲覧。
  11. ^ テスラ、本社をテキサス州に移転 マスクCEOが表明”. 日本経済新聞 (2021年10月8日). 2023年8月31日閲覧。
  12. ^ テキサス州、テスラも魅了 先進企業流入で産業地図変貌”. 日本経済新聞 (2021年10月12日). 2023年6月12日閲覧。
  13. ^ 「テキサス=共和党」もう古い 人口2位の巨大州に何が:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年11月2日). 2023年8月31日閲覧。
  14. ^ Weber (1992), p. 300.
  15. ^ Manchaca (2001), p. 162.
  16. ^ Manchaca (2001), p. 164.
  17. ^ Edmondson (2000), p. 78.
  18. ^ Hardin (1994), p. 12.
  19. ^ Todish et al. (1998), p. 69.
  20. ^ Annexation from the Handbook of Texas Online
  21. ^ Secession Convention from the Handbook of Texas Online
  22. ^ Compromise of 1850 from the Handbook of Texas Online
  23. ^ Tx Envionmental Profiles”. 2006年7月14日閲覧。
  24. ^ Rivers in Texas”. Tpwd.state.tx.us (2007年11月16日). 2010年4月11日閲覧。
  25. ^ Hal P. Bybee. “Handbook of Texas Rivers”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  26. ^ Alphabetical List of Texas Lakes”. Tpwd.state.tx.us (2010年1月28日). 2010年4月11日閲覧。
  27. ^ Muzzafar, Asif. “Timing of Diapir Growth and Cap Rock Formation, Davis Hill Salt Dome, Coastal Texas”. The Geological Society of America. 2008年7月22日閲覧。
  28. ^ Ogallala Aquifer”. North Plains Groundwater Conservation District. 2008年7月23日閲覧。
  29. ^ History :Weather Underground”. Wunderground.com (2008年12月24日). 2010年4月11日閲覧。
  30. ^ Monthly Averages for Marfa, Texas”. The Weather Channel. 2008年10月15日閲覧。
  31. ^ Monthly Averages for Galveston, Texas”. The Weather Channel. 2008年10月15日閲覧。
  32. ^ NOAA.gov”. National Climatic Data Center. 2006年10月24日閲覧。
  33. ^ Weather from the Handbook of Texas Online. 2008年7月22日閲覧。
  34. ^ Blake, Eric S.; Rappaport, Edward N., Landsea, Christopher W. (2007年4月15日). “The Deadliest, Costliest, and Most Intense United States Tropical Cyclones From 1851 to 2006” (PDF). National Weather Service:National Hurricane Center. 2008年10月2日閲覧。
  35. ^ Borenstein, Seth (2007年6月4日). “Blame Coal:Texas Leads in Overall Emissions”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/2007-06-04-state-emissions_N.htm 2007年6月6日閲覧。 
  36. ^ a b c “Texas No. 1 producer of greenhouse gases”. Associated Press. Dallas Morning News. (2007年6月3日). http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/news/texassouthwest/stories/060307dnnatemissions.3c1df3a.html 2008年6月11日閲覧。 
  37. ^ “Texas Is No. 1 Carbon Polluter In U.S.”. Associated Press. (2008年1月16日). http://www.cbsnews.com/stories/2008/01/16/tech/main3720823.shtml?source=RSSattr=SciTech_3720823 
  38. ^ Population Estimates”. Population Estimates Program. U.S. Census Bureau (2009年12月23日). 2009年12月30日閲覧。
  39. ^ a b Roberson, Jason (2007年). “Politics, poverty, immigration entangle Texas health care”. Dallas Morning News. 2008年12月4日閲覧。
  40. ^ Slevin, Peter (2010年4月30日). “New Arizona law puts police in 'tenuous' spot”. Washington, DC: Washington Post. pp. A4. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/29/AR2010042904970.html?sid=ST2010042905051 2010年6月21日閲覧。 
  41. ^ census
  42. ^ Texas QuickFacts from the US Census Bureau” (2006年). 2007年4月28日閲覧。
  43. ^ William H. Frey, "The New Great Migration:Black Americans' Return to the South, 1965-2000", May 2004, The Brookings Institution, p.1 Archived 2004年7月2日, at the Wayback Machine.. 2008年3月19日閲覧。
  44. ^ State Membership Report - Texas”. Association of Religion Data Archives. 2008年2月12日閲覧。
  45. ^ a b Connolly, Ceci (2003年1月21日). “Texas Teaches Abstinence, With Mixed Grades”. Washington Post. pp. A01. 2008年4月28日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ Top 100 Largest Churches in America”. SermonCentral.com (2009年4月13日). 2010年4月11日閲覧。
  47. ^ Turning Muslim in Texas”. Faith and Belief. Channel4.com. 2008年4月28日閲覧。
  48. ^ Storey, John Woodrow;Kelley;Mary L. (2008). Twentieth-century Texas:a social and cultural history. University of North Texas Press. p. 145 
  49. ^ Lindsey, William D.;Silk, Mark :Religion and public life in the southern crossroads:showdown states, Altamira Press, 2004, pg. 48
  50. ^ 2005 American Community Survey, as reported by the MLA Data Center. 2008年10月16日閲覧。
  51. ^ a b Federal Reserve Bank of Dallas Office of Community Affairs. “Colonias FAQ's (Frequently Asked Questions)”. Texas Secretary of State. 2008年10月12日閲覧。
  52. ^ Neuman, Michael. “The Texas Urban Triangle:Framework for Future Growth”. Southwest Region University Transportation Center (SWUTC). 2009年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  53. ^ Bill of Rights (Article 1)”. Texas Politics. University of Texas. 2009年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  54. ^ a b The Plural Executive”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2008年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  55. ^ Membership”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2009年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  56. ^ Special Sessions”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2009年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  57. ^ Texas Rangers from the Handbook of Texas Online. Retrieved January 14, 2009.
  58. ^ Norris, Texas Ranger:Martial arts action hero Chuck honoured with real Ranger title Associated Newspapers
  59. ^ Risen, Clay (2006年3月5日). “How the South was won”. The Boston Globe. 2008年4月29日閲覧。
  60. ^ a b Texas Political Culture - Introduction”. Texas Politics. University of Texas. 2008年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月29日閲覧。
  61. ^ Texas Political Culture - Low Taxes, Low Services Political Culture”. Texas Politics. University of Texas. 2009年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  62. ^ Local and National Election Results - Election Center 2008 - Elections & Politics from CNN.com(英語
  63. ^ 2000 Presidential General Election Results - Texas”. www.uselectionatlas.org. 2008年7月22日閲覧。
  64. ^ 2004 Presidential General Election Results - Texas”. www.uselectionatlas.org. 2007年7月22日閲覧。
  65. ^ “The Texas Gerrymander”. New York Times. (2006年3月1日). http://www.nytimes.com/2006/03/01/opinion/01wed2.html 2009年1月7日閲覧。 
  66. ^ Ridder, Knight (2003年7月29日). “11 Texas Senate Democrats Take Cue from House, Bolt to Avoid Redistricting”. Houston Chronicle. http://www.allbusiness.com/government/elections-politics-politics-political-parties/10366221-1.html 2009年1月7日閲覧。 
  67. ^ The Associated Press (2006年6月28日). “Justices Back Most G.O.P. Changes to Texas Districts”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/06/28/washington/28cnd-scotus.html 2006年6月28日閲覧。 
  68. ^ Death Penalty Information
  69. ^ 死刑執行「6割がテキサス州」米で広がる死刑格差 産経ニュース 2008年1月7日[リンク切れ]
  70. ^ 笹倉 香奈 (2015-08). “特集1 アメリカ合衆国における死刑制度の現状” (日本語). 自由と正義 (日本弁護士連合会) 66 (8): 25. NAID 40020552391. https://www.crimeinfo.jp/wp-content/uploads/2018/11/LibertyJustice_66_8_23.pdf#page=3 2022年4月4日閲覧。. 
  71. ^ 米テキサス州の高校で銃乱射、10人死亡 17歳の生徒逮捕”. BBC (2018年5月19日). 2019年9月4日閲覧。
  72. ^ 米テキサスのウォルマートで乱射、多数死傷 ヒスパニック系を標的か”. BBC (2019年8月4日). 2019年9月2日閲覧。
  73. ^ 米テキサス州で銃乱射5人死亡、21人負傷 容疑者を射殺”. CNN (2019年9月1日). 2019年9月2日閲覧。
  74. ^ McDonald, John V., "An Analysis of Texas' Municipal Home Rule Charters Since 1994" (2000). Applied Research Projects. Paper 124. http://ecommons.txstate.edu/arp/124/
  75. ^ Run for Party Nomination to Public Office”. Texas Politics. University of Texas. 2009年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  76. ^ Largest state GDPs in the United States - California Texas New York Florida”. EconPost.com (2009年11月11日). 2010年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月29日閲覧。
  77. ^ "Gross Domestic Product (GDP) by State" (Press release). Bureau of Economic Analysis. 2 June 2009. 2010年3月29日閲覧
  78. ^ Economic Geography”. Texas Politics. University of Texas. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  79. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  80. ^ a b c d Texas”. Research Areas. The Tax Foundation (2008年). 2008年10月15日閲覧。
  81. ^ State Individual Income Taxes”. Federation of Tax Administrators. 2008年10月12日閲覧。
  82. ^ Arend, Mark (2004年11月). “The Lone Star States Tops Business Climate Ranking”. 2008年5月2日閲覧。
  83. ^ “Texas passes New York on Fortune 500 list”. Associated Press. Dallas Morning News. (2008年4月22日). http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/dn/latestnews/stories/042208dnbusfortunetexas.20aec09.html 2008年10月14日閲覧。 
  84. ^ Fortune 500 2006”. CNN (2006年). 2007年2月16日閲覧。
  85. ^ Scott, Walter (2010年5月2日). “Personality Parade”. Parade Magazine. pp. 2 
  86. ^ a b テスラ本社、シリコンバレーからテキサスへ移転 マスクCEOが表明:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年10月8日閲覧。
  87. ^ a b c d The Texas Economy”. netstate.com (2007年6月5日). 2008年4月29日閲覧。
  88. ^ Ramos, Mary G.. “Oil and Texas:A Cultural History”. Texas Almanac 2008-2009. The Texas State Historical Association. 2009年2月3日閲覧。
  89. ^ a b c d e f g Petroleum Profile:Texas”. Energy Information Administration. 2008年12月13日閲覧。
  90. ^ Railroad Commission from the Handbook of Texas Online
  91. ^ 米テキサス州の原油生産、世界3位に迫る勢い”. CNN (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  92. ^ Souder, Elizabeth (2007年). “Texas leads nation in wind power capacity”. Dallas Morning News. 2010年6月21日閲覧。
  93. ^ FPL Energy, LLC (2007年9月7日). “Horse Hollow Wind Energy Center now largest wind farm in the world” (PDF). FPL Energy, LLC. 2008年6月14日閲覧。
  94. ^ Associated Press (2008年1月16日). “Texas Is No. 1 Carbon Polluter In U.S.”. http://www.cbsnews.com/stories/2008/01/16/tech/main3720823.shtml?source=RSSattr=SciTech_3720823 (英語
  95. ^ Borenstein, Seth (2007年4月6日). “Blame Coal:Texas Leads in Overall Emissions”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/2007-06-04-state-emissions_N.htm 2007年6月6日閲覧。 (英語
  96. ^ MSN City Guides. “Five Cities that Need help Getting Green”. オリジナルの2008年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080528001515/http://cityguides.msn.com/citylife/greenslideshow.aspx?cp-documentid=4848635&imageindex=4 (英語
  97. ^ Heinrich Boll Foundation North America (2003年12月). “Approaches, Challenges, Potentials:Renewable Energy and Climate Change Policies in U.S. States”. http://www.cleanenergyfunds.org/international/downloads/RE_Publication_Online.pdf (英語
  98. ^ Toyota Tundra sales outgrowing Ford, GM in Texas truck market(英語
  99. ^ amarillo.com:Texans love their trucks(英語
  100. ^ Schedule Of Texas Registration Fees” (PDF). State of Texas (2007年1月1日). 2007年4月20日閲覧。(英語
  101. ^ Locations”. Lockheed Martin. 2008年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  102. ^ About Bell Helicopter”. Bell Helicopter. 2008年5月22日閲覧。
  103. ^ Rosenwald, Michael S. (2007年12月17日). “Downside of Dominance?”. The Washington Post. 2008年5月22日閲覧。
  104. ^ Texas”. Fortune Magazine (2007年4月30日). 2008年5月3日閲覧。
  105. ^ Dallas Shopping”. Dallas Convention & Visitors Bureau. 2010年6月21日閲覧。
  106. ^ Recent Economic Transformations”. Texas Politics. University of Texas. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  107. ^ a b c Texas-Transportation”. Advamag, Inc. (2007年). 2006年5月4日閲覧。
  108. ^ Aviation Division”. Texas Department of Transportation. 2009年7月22日閲覧。
  109. ^ Transportation Division”. Texas Department of Transportation. 2010年6月21日閲覧。
  110. ^ 5 Reasons To Choose the Dallas/Fort Worth Metroplex As A Distribution Hub” (PDF). JDF Distribution. 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  111. ^ Interstate 45 South, the Gulf Freeway”. TexasFreeway.com (2001年5月28日). 2008年10月15日閲覧。
  112. ^ LoneStarRoads - Highways of Texas”. AARoads (2008年2月9日). 2008年4月20日閲覧。
  113. ^ Global List of Toll Facilities - United States”. International Bridge, Tunnel and Turnpike Association (2005年). 2009年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月20日閲覧。
  114. ^ “[http://www.foxnews.com/story/0,2933,197072,00.html Texas Raises Rural Speed Limits to 80 MPH – 2011年4月8日、さらに最高速度制限を85マイル/時(137km/h)に引き上げると報道されている。]”. FOXNews.com / Associated Press (2006年5月8日). 2008年5月12日閲覧。
  115. ^ Aviation Week and Space Technology, January 15, 2007, p. 349,
  116. ^ American airlines information pictures and facts”. aviationexplorer.com (2008年4月11日). 2008年4月28日閲覧。
  117. ^ We Weren't Just Airborne Yesterday”. Southwest Airlines (2007年5月2日). 2007年6月9日閲覧。
  118. ^ International Air Transport Association. “Scheduled Passengers Carried”. 2007年6月10日閲覧。
  119. ^ "Houston Emerges As The Premier Gateway In The U.S. For Travelers To Mexico" (Press release). Houston Airport System. 12 April 2005. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月30日閲覧 {{cite press release2}}: 不明な引数|deadurldate=は無視されます。 (説明)
  120. ^ a b About Texas Ports”. Texas Ports Association. 2008年5月7日閲覧。
  121. ^ Benefits of Texas Ports”. Texas Ports Association. 2008年5月7日閲覧。
  122. ^ General Information”. The Port of Houston Authority (2008年3月31日). 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  123. ^ "Welcome to the Houston-Galveston Navigation Channel Project Online Resource Center" (description), United States Army Corps of Engineers, December 2005, United States Army Corps of Engineers Archived 2009年1月9日, at the Wayback Machine.
  124. ^ George C. Werner. “Handbook of Texas Online - BUFFALO BAYOU, BRAZOS AND COLORADO RAILWAY”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  125. ^ Donovan L. Hofsommer. “Handbook of Texas Online - MISSOURI-KANSAS-TEXAS RAILROAD”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  126. ^ Former Rail Division”. Texas Railroad Commission (2005年10月1日). 2008年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月4日閲覧。
  127. ^ Trinity Railroad Express”. 2008年6月11日閲覧。
  128. ^ Texas Central Railway”. 2014年1月13日閲覧。
  129. ^ a b Smyrl, Vivian Elizabeth. “Permanent University Fund”. TSHA Online. 2008年1月13日閲覧。
  130. ^ Hendrickson (1995), p. 37.
  131. ^ Texas” (PDF). 2007 Report Card on American Education. American Legislative Exchange Council (2007年). 2008年10月14日閲覧。
  132. ^ "Comptroller Strayhorn to Review Stafford Municipal School District" (Press release). Texas Comptroller Carole Keeton Strayhorn. 16 September 2003. 2008年6月28日閲覧
  133. ^ Saghaye-Biria, Hakimeh (2001年4月22日). “Robin Hood Plan is Working”. World Internet News Cooperative. 2008年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月23日閲覧。
  134. ^ Home School Information Letter”. Texas Education Agency. 2008年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月24日閲覧。
  135. ^ Texas Education Agency (2007年10月22日). “"End-of-Course (EOC) Assessments:Implementation"”. Assessment Division. オリジナルの2007年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071120064701/http://www.tea.state.tx.us/student.assessment/admin/eoc/index.html 2007年10月22日閲覧。 
  136. ^ Heath, Ben (2003年7月7日). “Bill requires review of university systems” (PDF). Daily Texan. 2009年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月12日閲覧。
  137. ^ Senate Subcommittee on Higher Education Testimony Regarding the Benefits of a Stand Alone Institution” (PDF). Sam Houston State University (2008年6月25日). 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  138. ^ 2007 NACUBO Endowment Study” (PDF). National Association of College and University Business Officers. 2008年11月12日閲覧。
  139. ^ Voters could start schools' race for Tier One”. 2009年9月19日閲覧。
  140. ^ House helps pave way for UH's tier-one hopes”. 2009年4月25日閲覧。
  141. ^ Rice University, Best Colleges 2009”. - US News and World Report. 2009年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月27日閲覧。
  142. ^ About Baylor”. Baylor University. 2008年5月21日閲覧。
  143. ^ Southwestern History”. Southwestern University. 2008年10月12日閲覧。
  144. ^ Dallas Arts District”. Dallas Convention & Visitors Bureau. 2008年5月29日閲覧。
  145. ^ Deep Ellum from the Handbook of Texas Online
  146. ^ Dallas History Items:Deep Ellum”. Dallas Historical Society. 2008年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月25日閲覧。
  147. ^ Live Music Capital of the World”. City of Austin. 2007年6月12日閲覧。
  148. ^ [Deb]. “Television's longest running concert series begins season 33 Tapings with performances by Norah Fones, Wilco, Femi Kuti, Arcade Fire and more” (PDF). 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月15日閲覧。
  149. ^ About The Texas Talent Musicians Association (TTMA)”. Texas Talent Musicians Association. 2009年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月2日閲覧。
  150. ^ Tejano Music Awards”. Texas Talent Musicians Association (2008年). 2008年5月12日閲覧。
  151. ^ Brady, Erik (2003年4月4日). “Football still king, but hoops teams in Texas grab attention”. USA TODAY. http://www.usatoday.com/sports/college/2003-04-03-texas-double_x.htm 2008年4月11日閲覧。 
  152. ^ Davis, Brian (2005年10月7日). “UT-OU :Best Rivalry?”. Dallas Morning News. http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/spt/colleges/redrivershootout/texas/stories/100705dnspofbwnewrivalrylede.1c8619ce.html 2006年7月11日閲覧。 
  153. ^ University Interscholastic League”. University of Texas. 2008年9月28日閲覧。
  154. ^ View Atlas Data”. Atlas.thc.state.tx.us. 2010年4月11日閲覧。
  155. ^ Houston Rodeo Tickets”. Houston Livestock Show and Rodeo (2008年). 2008年4月20日閲覧。
  156. ^ Fair Park, Texas”. City of Dallas. 2008年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  157. ^ Formula One returns to the United States”. Formula 1 Administration Ltd. 2010年5月25日閲覧。
  158. ^ a b Perotin, Maria M. (2007年6月13日). “Texas is Near Bottom of Healthcare Rankings”. Fort Worth Star-Telegram. 2008年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  159. ^ Code Red:The Critical Condition of Health in Texas”. 2008年4月28日閲覧。
  160. ^ Odom, Lamar; Garcia, Anthony; Milburn, Pamela (2005). The Ethicality of Capping Non-Economic Damages to Control Rising Healthcare Costs:Panacea or False and Misleading Practice?. 3 (1 ed.). The Internet Journal of Healthcare Administration. doi:10.1108/13660750510611170. ISSN 1366-0756. http://www.ispub.com/ostia/index.php?xmlFilePath=journals/ijhca/vol3n1/capping.xml 2008年4月28日閲覧。 
  161. ^ Texas”. State Data. Trust for America's Health (2008年). 2008年10月14日閲覧。
  162. ^ a b America's Fittest Cities 2007”. Men's Health (2008年). 2008年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月21日閲覧。
  163. ^ Texas Medical Schools and Hospitals”. Texas Medical Association (2006年8月3日). 2008年4月28日閲覧。
  164. ^ Dental Schools in the United States”. Dentist.net. 2008年10月31日閲覧。
  165. ^ Texas Optometry Schools”. Health Guide USA. 2008年10月31日閲覧。
  166. ^ University Selects Bioscrypt for Biosafety Level 4 Lab”. Bioscrypt (2004年10月14日). 2007年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月29日閲覧。
  167. ^ About the Texas Medical Center”. The Texas Medical Center. 2009年4月11日閲覧。
  168. ^ Background Statistics > People and Politics (most recent) by state”. State Master (2008年5月8日). 2008年5月8日閲覧。
  169. ^ About MD Anderson”. The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center. 2008年4月28日閲覧。
  170. ^ Health Science Center ranks sixth in clinical medicine”. University of Texas Health Science Center (2007年4月3日). 2008年4月28日閲覧。
  171. ^ International report gives Dental School high marks”. HSC NEWS. 2008年5月15日閲覧。
  172. ^ Medical center's research ranks high”. San Antonio Express-News. 2008年5月15日閲覧。[リンク切れ]
  173. ^ a b About UT Southwestern”. University of Texas Southwestern Medical Center. 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月28日閲覧。
  174. ^ UT Southwestern Fact Sheet” (PDF). University of Texas Southwestern Medical Center (2008年). 2008年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月28日閲覧。
  175. ^ 「テキサス州と「相互協力に関する覚書」締結」






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テキサス州」の関連用語

テキサス州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テキサス州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテキサス州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS