テキサス州 政府と政治

テキサス州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/21 01:18 UTC 版)

政府と政治

現在のテキサス州憲法は1876年に採択されたものである。他の州と同様に明確に権力の分立を図っている。州の権利章典はアメリカ合衆国憲法よりも広い範囲に及び、テキサス州独自の規定を含んでいる[53]

州政府

テキサス州会議事堂

テキサス州は複数の行政府を持ち、州知事の権限を制限している。州務長官を除き州行政役人をそれぞれ有権者が選挙することで、役人候補者達は知事にではなく大衆に直接責任を負うことになる[54]。この選挙制度では行政府が複数の政党支持者で埋められることになる。共和党の大統領ジョージ・W・ブッシュがテキサス州知事を務めたとき、民主党のボブ・バロックが副知事を務めた。行政府の役職は州知事、副知事、財務官、土地コミッショナー、検事総長、農業コミッショナー、鉄道委員会の3人の委員、教育委員長および州務長官である[54]

両院制のテキサス州議会は、150人の議員からなる下院と、31人の議員からなる上院がある。下院議長が下院を采配し、副知事が上院を采配する[55]。議会は2年に1回定例議会を開くことになっているが、知事は望む時にはいつでも特別会期を招集できる[56]。州の会計年度は9月1日から翌年の8月31日までである。

テキサス州の司法府は合衆国の中でも複雑な仕組みを採用しており、多くの層と重複する司法権がある。最終審に相当するのが2つあり、テキサス州最高裁判所は民事事件を、テキサス州刑事控訴裁判所は刑事事件を扱う。自治体にある司法府の幾らかを除き、あらゆる司法府の裁判官は政党制選挙で選出される。州知事は空席になった裁判官を指名できる。

テキサス・レンジャー

全米一古い地方警察組織の一つであるテキサス・レンジャー(現在の正式名称は州公安局テキサス・レンジャー部)がある。テキサス・レンジャーは長年にわたって、殺人から政治的汚職まで犯罪の捜査を行ってきた。機動隊としても刑事としても行動し、州知事を護衛し、逃亡者を追跡し、民衆に対しても州に対しても準軍事的組織として機能する。元々スティーブン・オースティンが1823年に非公式に創設したものが、1835年に制度化された。テキサス州の歴史における重要事件や西部開拓時代の良く知られた犯罪事件に関与してきた[57]

題材にしたTVドラマに『炎のテキサス・レンジャー』(1993年 - 2001年)がある。全米で大ヒットを記録し、CBSのトップショーとして、1994年 - 1995年のピーク時には1940万人もの聴衆を獲得した。その後、現在でも世界80カ国以上の国で放送されており、全世界で約10億人もの視聴者を獲得している。番組の大ヒットで実際のテキサス・レンジャーの評判が上がったとして、州知事リック・ペリーより主演俳優のチャック・ノリスに名誉会員(殿堂入り)の栄誉が贈られた[58]

政治

リンドン・B・ジョンソン、テキサス州出身で第36代アメリカ合衆国大統領

過去にアメリカ連合国に所属して黒人奴隷解放に反対していた事もあり、レコンストラクション時代の終わりから20世紀終盤まで民主党が比較的強い州だった。保守本流が圧倒的な同州では公民権運動の影響で、1968年アメリカ合衆国大統領選挙を機に共和党支持に鞍替えする人々が増えた。1964年の公民権法に署名したリンドン・B・ジョンソン大統領は、「我々は一世代にわたって南部を失った」と語ったと言われている[59]ロナルド・レーガン政権以降、財政的にも社会的にも保守色が濃くなった[60][61]。その後は、州知事も共和党出身者が続いており、またジョージ・H・W・ブッシュジョージ・W・ブッシュといった共和党出身の大統領も輩出している。2008年アメリカ大統領選挙においても同州では、共和党候補のジョン・マケインが勝っている。

州内では、州都オースティンや都市部、またヒスパニック系人口の多いエルパソラレドなどの州南部では、民主党支持が強くなっているのに対し、コーパスクリスティサンアントニオ以北の農村部では、共和党支持が優勢である[62][63][64]

2003年に共和党のトム・ディレイが指導したテキサス州におけるアメリカ合衆国下院選挙区再割付は、「ニューヨーク・タイムズ」紙によってゲリマンダー(自党に有利な選挙区操作)の最悪のケースと名指された[65]。「テキサス・イレブン」と呼ばれる民主党議員の集団が定数不足になることを見越してテキサス州から逃げ出した[66]。このような動きがあったにも拘らず、州議会は共和党有利な選挙区割りを採択した。これを不満とした訴訟が「統合ラテンアメリカ市民連盟対ペリー事件」で、合衆国最高裁判所まで持ち上げられたが、裁決は共和党有利となった[67]

2012年総選挙の時点でテキサス州選出のアメリカ合衆国議会議員は下院、上院共に共和党が多数派である。第113アメリカ合衆国議会では、テキサス州選出下院議員36人のうち24人が共和党員、12人が民主党員となっている。また、上院議員のジョン・コーニン英語版テッド・クルーズは共に共和党員である。1994年以降州全体の選挙で民主党員は選ばれていない。

死刑制度

テキサス州は全米で最も死刑執行数が多い州である[68]。アメリカでは近年、死刑を撤廃する州や執行数を減らす州が増えてきたため、全米におけるテキサス州の死刑執行数の割合が高くなってきている[69]。但し、2005年に絶対的終身刑を導入したことにより、執行数は2016年以降2018年を除いて1桁執行であり、判決に関しては、2008年以降2014年を除いて1桁で推移している[70]

銃社会

2007年3月30日、自宅や職場への侵入者を銃で撃っても正当防衛とみなす州法にペリー知事が署名。同年9月1日施行。 同法により、自宅や職場や車の中に押し入ろうとした侵入者を「致死力のある銃」で撃つことが可能となった(これらの場所から引きずり出されそうになった場合に銃を使用しても、自衛とみなされる)。自宅や車は自分の「城」であり、守る権利があるとの考えに基づいた同法は「キャッスル・ドクトリン」(城の原則)と呼ばれ、銃規制に反対する全米ライフル協会が法制定を後押ししてきた。尚、テキサス州以外にも15州が同様の法律を持つ。同州では拳銃を容易に購入でき、許可を得れば持ち歩くことができる。

一方、テキサス州では2018年にサンタフェ高校銃乱射事件(10人死亡)[71]、2019年にエルパソ銃乱射事件(22人死亡)[72]ミッドランド銃乱射事件[73](死者7人)など立て続けに多数の死傷者が伴う銃乱射事件が発生している。

運転中の携帯電話

テキサス州の場合、これまで自動車の運転中の携帯電話の使用はまったく禁止されていなかった。そのため、公共交通機関の未発達による車社会もあいまって、携帯電話で通話やメールをしながら運転するドライバーがとても多く、これによって引き起こされる事故が後を絶たなかった。しかし2009年9月より18歳未満のドライバーは運転中の携帯電話の使用が禁止となり、それ以外のドライバーもスクールゾーンでは使用できなくなった。

行政区分

テキサス州の郡は254あり、全米の州の中で最大である。各郡は4人の選挙で選ばれたコミッショナー(人口に応じて分割された4つの選挙区の代表)から成るコミッショナーズ・コートによって運営されている。郡判事は郡全体の選挙で選ばれる。郡政府は「弱い」市長・市政委員会制度に近い形で運営されている。郡判事には拒否権が無いが、他のコミッショナーと共に投票に参加している。

テキサス州は市や郡にそのサービスを共有する「地方間協定」を結ぶことを認めているが、市と郡の統合政府を認めていない。また都市圏政府も認めていない。郡は「独自法」の郡を認められず、その権限は州法によって厳密に定義されている。テキサス州には編入済みにしろ未編入にしろ、郡内にタウンシップが無い。編入済み地域は自治体の一部である。郡は未編入地域に対して限られたサービスを提供する。自治体は「一般法」の市か、「独自法」の市かに区分されている[74]。自治体は人口が5,000人を超えたときに有権者の投票により独自法の自治体かを選択できる。この住民投票は教育委員会やコミュニティ・カレッジの地区と同様、無党派で行われる[75]




注釈

  1. ^ 上位にあるのはネバダ州、アリゾナ州、カリフォルニア州およびニュージャージー州である

出典

  1. ^ a b c QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  2. ^ a b c Facts”. Texas Almanac (2008年). 2008年4月29日閲覧。
  3. ^ TEXAS, ORIGIN OF NAME from the Handbook of Texas Online
  4. ^ Introduction to Texas”. Netstate.com. 2010年4月11日閲覧。
  5. ^ Sansom, Andrew:Water in Texas:An Introduction, University of Texas Press, 2008, pg. 25
  6. ^ Dingus, Anne:The dictionary of Texas misinformation, Gulf Publishing Company, 1987
  7. ^ Fortune 500 2009:Our annual ranking of America's largest corporations”. CNNMoney.com. 2009年8月閲覧。
  8. ^ Texas passes New York on Fortune 500 list”. RickPerry.Org. 2009年8月閲覧。
  9. ^ テキサス州 ビジネスの魅力ガイド”. JETRO. 2023年8月31日閲覧。
  10. ^ トヨタ、北米本社機能をテキサス州ダラス北部に集約 | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト”. global.toyota. 2023年8月31日閲覧。
  11. ^ テスラ、本社をテキサス州に移転 マスクCEOが表明”. 日本経済新聞 (2021年10月8日). 2023年8月31日閲覧。
  12. ^ テキサス州、テスラも魅了 先進企業流入で産業地図変貌”. 日本経済新聞 (2021年10月12日). 2023年6月12日閲覧。
  13. ^ 「テキサス=共和党」もう古い 人口2位の巨大州に何が:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年11月2日). 2023年8月31日閲覧。
  14. ^ Weber (1992), p. 300.
  15. ^ Manchaca (2001), p. 162.
  16. ^ Manchaca (2001), p. 164.
  17. ^ Edmondson (2000), p. 78.
  18. ^ Hardin (1994), p. 12.
  19. ^ Todish et al. (1998), p. 69.
  20. ^ Annexation from the Handbook of Texas Online
  21. ^ Secession Convention from the Handbook of Texas Online
  22. ^ Compromise of 1850 from the Handbook of Texas Online
  23. ^ Tx Envionmental Profiles”. 2006年7月14日閲覧。
  24. ^ Rivers in Texas”. Tpwd.state.tx.us (2007年11月16日). 2010年4月11日閲覧。
  25. ^ Hal P. Bybee. “Handbook of Texas Rivers”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  26. ^ Alphabetical List of Texas Lakes”. Tpwd.state.tx.us (2010年1月28日). 2010年4月11日閲覧。
  27. ^ Muzzafar, Asif. “Timing of Diapir Growth and Cap Rock Formation, Davis Hill Salt Dome, Coastal Texas”. The Geological Society of America. 2008年7月22日閲覧。
  28. ^ Ogallala Aquifer”. North Plains Groundwater Conservation District. 2008年7月23日閲覧。
  29. ^ History :Weather Underground”. Wunderground.com (2008年12月24日). 2010年4月11日閲覧。
  30. ^ Monthly Averages for Marfa, Texas”. The Weather Channel. 2008年10月15日閲覧。
  31. ^ Monthly Averages for Galveston, Texas”. The Weather Channel. 2008年10月15日閲覧。
  32. ^ NOAA.gov”. National Climatic Data Center. 2006年10月24日閲覧。
  33. ^ Weather from the Handbook of Texas Online. 2008年7月22日閲覧。
  34. ^ Blake, Eric S.; Rappaport, Edward N., Landsea, Christopher W. (2007年4月15日). “The Deadliest, Costliest, and Most Intense United States Tropical Cyclones From 1851 to 2006” (PDF). National Weather Service:National Hurricane Center. 2008年10月2日閲覧。
  35. ^ Borenstein, Seth (2007年6月4日). “Blame Coal:Texas Leads in Overall Emissions”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/2007-06-04-state-emissions_N.htm 2007年6月6日閲覧。 
  36. ^ a b c “Texas No. 1 producer of greenhouse gases”. Associated Press. Dallas Morning News. (2007年6月3日). http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/news/texassouthwest/stories/060307dnnatemissions.3c1df3a.html 2008年6月11日閲覧。 
  37. ^ “Texas Is No. 1 Carbon Polluter In U.S.”. Associated Press. (2008年1月16日). http://www.cbsnews.com/stories/2008/01/16/tech/main3720823.shtml?source=RSSattr=SciTech_3720823 
  38. ^ Population Estimates”. Population Estimates Program. U.S. Census Bureau (2009年12月23日). 2009年12月30日閲覧。
  39. ^ a b Roberson, Jason (2007年). “Politics, poverty, immigration entangle Texas health care”. Dallas Morning News. 2008年12月4日閲覧。
  40. ^ Slevin, Peter (2010年4月30日). “New Arizona law puts police in 'tenuous' spot”. Washington, DC: Washington Post. pp. A4. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/29/AR2010042904970.html?sid=ST2010042905051 2010年6月21日閲覧。 
  41. ^ census
  42. ^ Texas QuickFacts from the US Census Bureau” (2006年). 2007年4月28日閲覧。
  43. ^ William H. Frey, "The New Great Migration:Black Americans' Return to the South, 1965-2000", May 2004, The Brookings Institution, p.1 Archived 2004年7月2日, at the Wayback Machine.. 2008年3月19日閲覧。
  44. ^ State Membership Report - Texas”. Association of Religion Data Archives. 2008年2月12日閲覧。
  45. ^ a b Connolly, Ceci (2003年1月21日). “Texas Teaches Abstinence, With Mixed Grades”. Washington Post. pp. A01. 2008年4月28日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ Top 100 Largest Churches in America”. SermonCentral.com (2009年4月13日). 2010年4月11日閲覧。
  47. ^ Turning Muslim in Texas”. Faith and Belief. Channel4.com. 2008年4月28日閲覧。
  48. ^ Storey, John Woodrow;Kelley;Mary L. (2008). Twentieth-century Texas:a social and cultural history. University of North Texas Press. p. 145 
  49. ^ Lindsey, William D.;Silk, Mark :Religion and public life in the southern crossroads:showdown states, Altamira Press, 2004, pg. 48
  50. ^ 2005 American Community Survey, as reported by the MLA Data Center. 2008年10月16日閲覧。
  51. ^ a b Federal Reserve Bank of Dallas Office of Community Affairs. “Colonias FAQ's (Frequently Asked Questions)”. Texas Secretary of State. 2008年10月12日閲覧。
  52. ^ Neuman, Michael. “The Texas Urban Triangle:Framework for Future Growth”. Southwest Region University Transportation Center (SWUTC). 2009年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  53. ^ Bill of Rights (Article 1)”. Texas Politics. University of Texas. 2009年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  54. ^ a b The Plural Executive”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2008年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  55. ^ Membership”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2009年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  56. ^ Special Sessions”. Texas Politics. University of Texas (2005年). 2009年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月17日閲覧。
  57. ^ Texas Rangers from the Handbook of Texas Online. Retrieved January 14, 2009.
  58. ^ Norris, Texas Ranger:Martial arts action hero Chuck honoured with real Ranger title Associated Newspapers
  59. ^ Risen, Clay (2006年3月5日). “How the South was won”. The Boston Globe. 2008年4月29日閲覧。
  60. ^ a b Texas Political Culture - Introduction”. Texas Politics. University of Texas. 2008年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月29日閲覧。
  61. ^ Texas Political Culture - Low Taxes, Low Services Political Culture”. Texas Politics. University of Texas. 2009年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  62. ^ Local and National Election Results - Election Center 2008 - Elections & Politics from CNN.com(英語
  63. ^ 2000 Presidential General Election Results - Texas”. www.uselectionatlas.org. 2008年7月22日閲覧。
  64. ^ 2004 Presidential General Election Results - Texas”. www.uselectionatlas.org. 2007年7月22日閲覧。
  65. ^ “The Texas Gerrymander”. New York Times. (2006年3月1日). http://www.nytimes.com/2006/03/01/opinion/01wed2.html 2009年1月7日閲覧。 
  66. ^ Ridder, Knight (2003年7月29日). “11 Texas Senate Democrats Take Cue from House, Bolt to Avoid Redistricting”. Houston Chronicle. http://www.allbusiness.com/government/elections-politics-politics-political-parties/10366221-1.html 2009年1月7日閲覧。 
  67. ^ The Associated Press (2006年6月28日). “Justices Back Most G.O.P. Changes to Texas Districts”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/06/28/washington/28cnd-scotus.html 2006年6月28日閲覧。 
  68. ^ Death Penalty Information
  69. ^ 死刑執行「6割がテキサス州」米で広がる死刑格差 産経ニュース 2008年1月7日[リンク切れ]
  70. ^ 笹倉 香奈 (2015-08). “特集1 アメリカ合衆国における死刑制度の現状” (日本語). 自由と正義 (日本弁護士連合会) 66 (8): 25. NAID 40020552391. https://www.crimeinfo.jp/wp-content/uploads/2018/11/LibertyJustice_66_8_23.pdf#page=3 2022年4月4日閲覧。. 
  71. ^ 米テキサス州の高校で銃乱射、10人死亡 17歳の生徒逮捕”. BBC (2018年5月19日). 2019年9月4日閲覧。
  72. ^ 米テキサスのウォルマートで乱射、多数死傷 ヒスパニック系を標的か”. BBC (2019年8月4日). 2019年9月2日閲覧。
  73. ^ 米テキサス州で銃乱射5人死亡、21人負傷 容疑者を射殺”. CNN (2019年9月1日). 2019年9月2日閲覧。
  74. ^ McDonald, John V., "An Analysis of Texas' Municipal Home Rule Charters Since 1994" (2000). Applied Research Projects. Paper 124. http://ecommons.txstate.edu/arp/124/
  75. ^ Run for Party Nomination to Public Office”. Texas Politics. University of Texas. 2009年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  76. ^ Largest state GDPs in the United States - California Texas New York Florida”. EconPost.com (2009年11月11日). 2010年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月29日閲覧。
  77. ^ "Gross Domestic Product (GDP) by State" (Press release). Bureau of Economic Analysis. 2 June 2009. 2010年3月29日閲覧
  78. ^ Economic Geography”. Texas Politics. University of Texas. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  79. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  80. ^ a b c d Texas”. Research Areas. The Tax Foundation (2008年). 2008年10月15日閲覧。
  81. ^ State Individual Income Taxes”. Federation of Tax Administrators. 2008年10月12日閲覧。
  82. ^ Arend, Mark (2004年11月). “The Lone Star States Tops Business Climate Ranking”. 2008年5月2日閲覧。
  83. ^ “Texas passes New York on Fortune 500 list”. Associated Press. Dallas Morning News. (2008年4月22日). http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/dn/latestnews/stories/042208dnbusfortunetexas.20aec09.html 2008年10月14日閲覧。 
  84. ^ Fortune 500 2006”. CNN (2006年). 2007年2月16日閲覧。
  85. ^ Scott, Walter (2010年5月2日). “Personality Parade”. Parade Magazine. pp. 2 
  86. ^ a b テスラ本社、シリコンバレーからテキサスへ移転 マスクCEOが表明:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年10月8日閲覧。
  87. ^ a b c d The Texas Economy”. netstate.com (2007年6月5日). 2008年4月29日閲覧。
  88. ^ Ramos, Mary G.. “Oil and Texas:A Cultural History”. Texas Almanac 2008-2009. The Texas State Historical Association. 2009年2月3日閲覧。
  89. ^ a b c d e f g Petroleum Profile:Texas”. Energy Information Administration. 2008年12月13日閲覧。
  90. ^ Railroad Commission from the Handbook of Texas Online
  91. ^ 米テキサス州の原油生産、世界3位に迫る勢い”. CNN (2018年7月19日). 2018年7月21日閲覧。
  92. ^ Souder, Elizabeth (2007年). “Texas leads nation in wind power capacity”. Dallas Morning News. 2010年6月21日閲覧。
  93. ^ FPL Energy, LLC (2007年9月7日). “Horse Hollow Wind Energy Center now largest wind farm in the world” (PDF). FPL Energy, LLC. 2008年6月14日閲覧。
  94. ^ Associated Press (2008年1月16日). “Texas Is No. 1 Carbon Polluter In U.S.”. http://www.cbsnews.com/stories/2008/01/16/tech/main3720823.shtml?source=RSSattr=SciTech_3720823 (英語
  95. ^ Borenstein, Seth (2007年4月6日). “Blame Coal:Texas Leads in Overall Emissions”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/2007-06-04-state-emissions_N.htm 2007年6月6日閲覧。 (英語
  96. ^ MSN City Guides. “Five Cities that Need help Getting Green”. オリジナルの2008年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080528001515/http://cityguides.msn.com/citylife/greenslideshow.aspx?cp-documentid=4848635&imageindex=4 (英語
  97. ^ Heinrich Boll Foundation North America (2003年12月). “Approaches, Challenges, Potentials:Renewable Energy and Climate Change Policies in U.S. States”. http://www.cleanenergyfunds.org/international/downloads/RE_Publication_Online.pdf (英語
  98. ^ Toyota Tundra sales outgrowing Ford, GM in Texas truck market(英語
  99. ^ amarillo.com:Texans love their trucks(英語
  100. ^ Schedule Of Texas Registration Fees” (PDF). State of Texas (2007年1月1日). 2007年4月20日閲覧。(英語
  101. ^ Locations”. Lockheed Martin. 2008年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  102. ^ About Bell Helicopter”. Bell Helicopter. 2008年5月22日閲覧。
  103. ^ Rosenwald, Michael S. (2007年12月17日). “Downside of Dominance?”. The Washington Post. 2008年5月22日閲覧。
  104. ^ Texas”. Fortune Magazine (2007年4月30日). 2008年5月3日閲覧。
  105. ^ Dallas Shopping”. Dallas Convention & Visitors Bureau. 2010年6月21日閲覧。
  106. ^ Recent Economic Transformations”. Texas Politics. University of Texas. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月13日閲覧。
  107. ^ a b c Texas-Transportation”. Advamag, Inc. (2007年). 2006年5月4日閲覧。
  108. ^ Aviation Division”. Texas Department of Transportation. 2009年7月22日閲覧。
  109. ^ Transportation Division”. Texas Department of Transportation. 2010年6月21日閲覧。
  110. ^ 5 Reasons To Choose the Dallas/Fort Worth Metroplex As A Distribution Hub” (PDF). JDF Distribution. 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月14日閲覧。
  111. ^ Interstate 45 South, the Gulf Freeway”. TexasFreeway.com (2001年5月28日). 2008年10月15日閲覧。
  112. ^ LoneStarRoads - Highways of Texas”. AARoads (2008年2月9日). 2008年4月20日閲覧。
  113. ^ Global List of Toll Facilities - United States”. International Bridge, Tunnel and Turnpike Association (2005年). 2009年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月20日閲覧。
  114. ^ “[http://www.foxnews.com/story/0,2933,197072,00.html Texas Raises Rural Speed Limits to 80 MPH – 2011年4月8日、さらに最高速度制限を85マイル/時(137km/h)に引き上げると報道されている。]”. FOXNews.com / Associated Press (2006年5月8日). 2008年5月12日閲覧。
  115. ^ Aviation Week and Space Technology, January 15, 2007, p. 349,
  116. ^ American airlines information pictures and facts”. aviationexplorer.com (2008年4月11日). 2008年4月28日閲覧。
  117. ^ We Weren't Just Airborne Yesterday”. Southwest Airlines (2007年5月2日). 2007年6月9日閲覧。
  118. ^ International Air Transport Association. “Scheduled Passengers Carried”. 2007年6月10日閲覧。
  119. ^ "Houston Emerges As The Premier Gateway In The U.S. For Travelers To Mexico" (Press release). Houston Airport System. 12 April 2005. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月30日閲覧 {{cite press release2}}: 不明な引数|deadurldate=は無視されます。 (説明)
  120. ^ a b About Texas Ports”. Texas Ports Association. 2008年5月7日閲覧。
  121. ^ Benefits of Texas Ports”. Texas Ports Association. 2008年5月7日閲覧。
  122. ^ General Information”. The Port of Houston Authority (2008年3月31日). 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月7日閲覧。
  123. ^ "Welcome to the Houston-Galveston Navigation Channel Project Online Resource Center" (description), United States Army Corps of Engineers, December 2005, United States Army Corps of Engineers Archived 2009年1月9日, at the Wayback Machine.
  124. ^ George C. Werner. “Handbook of Texas Online - BUFFALO BAYOU, BRAZOS AND COLORADO RAILWAY”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  125. ^ Donovan L. Hofsommer. “Handbook of Texas Online - MISSOURI-KANSAS-TEXAS RAILROAD”. Tshaonline.org. 2010年4月11日閲覧。
  126. ^ Former Rail Division”. Texas Railroad Commission (2005年10月1日). 2008年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月4日閲覧。
  127. ^ Trinity Railroad Express”. 2008年6月11日閲覧。
  128. ^ Texas Central Railway”. 2014年1月13日閲覧。
  129. ^ a b Smyrl, Vivian Elizabeth. “Permanent University Fund”. TSHA Online. 2008年1月13日閲覧。
  130. ^ Hendrickson (1995), p. 37.
  131. ^ Texas” (PDF). 2007 Report Card on American Education. American Legislative Exchange Council (2007年). 2008年10月14日閲覧。
  132. ^ "Comptroller Strayhorn to Review Stafford Municipal School District" (Press release). Texas Comptroller Carole Keeton Strayhorn. 16 September 2003. 2008年6月28日閲覧
  133. ^ Saghaye-Biria, Hakimeh (2001年4月22日). “Robin Hood Plan is Working”. World Internet News Cooperative. 2008年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月23日閲覧。
  134. ^ Home School Information Letter”. Texas Education Agency. 2008年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月24日閲覧。
  135. ^ Texas Education Agency (2007年10月22日). “"End-of-Course (EOC) Assessments:Implementation"”. Assessment Division. オリジナルの2007年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071120064701/http://www.tea.state.tx.us/student.assessment/admin/eoc/index.html 2007年10月22日閲覧。 
  136. ^ Heath, Ben (2003年7月7日). “Bill requires review of university systems” (PDF). Daily Texan. 2009年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月12日閲覧。
  137. ^ Senate Subcommittee on Higher Education Testimony Regarding the Benefits of a Stand Alone Institution” (PDF). Sam Houston State University (2008年6月25日). 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月12日閲覧。
  138. ^ 2007 NACUBO Endowment Study” (PDF). National Association of College and University Business Officers. 2008年11月12日閲覧。
  139. ^ Voters could start schools' race for Tier One”. 2009年9月19日閲覧。
  140. ^ House helps pave way for UH's tier-one hopes”. 2009年4月25日閲覧。
  141. ^ Rice University, Best Colleges 2009”. - US News and World Report. 2009年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月27日閲覧。
  142. ^ About Baylor”. Baylor University. 2008年5月21日閲覧。
  143. ^ Southwestern History”. Southwestern University. 2008年10月12日閲覧。
  144. ^ Dallas Arts District”. Dallas Convention & Visitors Bureau. 2008年5月29日閲覧。
  145. ^ Deep Ellum from the Handbook of Texas Online
  146. ^ Dallas History Items:Deep Ellum”. Dallas Historical Society. 2008年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月25日閲覧。
  147. ^ Live Music Capital of the World”. City of Austin. 2007年6月12日閲覧。
  148. ^ [Deb]. “Television's longest running concert series begins season 33 Tapings with performances by Norah Fones, Wilco, Femi Kuti, Arcade Fire and more” (PDF). 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月15日閲覧。
  149. ^ About The Texas Talent Musicians Association (TTMA)”. Texas Talent Musicians Association. 2009年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月2日閲覧。
  150. ^ Tejano Music Awards”. Texas Talent Musicians Association (2008年). 2008年5月12日閲覧。
  151. ^ Brady, Erik (2003年4月4日). “Football still king, but hoops teams in Texas grab attention”. USA TODAY. http://www.usatoday.com/sports/college/2003-04-03-texas-double_x.htm 2008年4月11日閲覧。 
  152. ^ Davis, Brian (2005年10月7日). “UT-OU :Best Rivalry?”. Dallas Morning News. http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/spt/colleges/redrivershootout/texas/stories/100705dnspofbwnewrivalrylede.1c8619ce.html 2006年7月11日閲覧。 
  153. ^ University Interscholastic League”. University of Texas. 2008年9月28日閲覧。
  154. ^ View Atlas Data”. Atlas.thc.state.tx.us. 2010年4月11日閲覧。
  155. ^ Houston Rodeo Tickets”. Houston Livestock Show and Rodeo (2008年). 2008年4月20日閲覧。
  156. ^ Fair Park, Texas”. City of Dallas. 2008年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  157. ^ Formula One returns to the United States”. Formula 1 Administration Ltd. 2010年5月25日閲覧。
  158. ^ a b Perotin, Maria M. (2007年6月13日). “Texas is Near Bottom of Healthcare Rankings”. Fort Worth Star-Telegram. 2008年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  159. ^ Code Red:The Critical Condition of Health in Texas”. 2008年4月28日閲覧。
  160. ^ Odom, Lamar; Garcia, Anthony; Milburn, Pamela (2005). The Ethicality of Capping Non-Economic Damages to Control Rising Healthcare Costs:Panacea or False and Misleading Practice?. 3 (1 ed.). The Internet Journal of Healthcare Administration. doi:10.1108/13660750510611170. ISSN 1366-0756. http://www.ispub.com/ostia/index.php?xmlFilePath=journals/ijhca/vol3n1/capping.xml 2008年4月28日閲覧。 
  161. ^ Texas”. State Data. Trust for America's Health (2008年). 2008年10月14日閲覧。
  162. ^ a b America's Fittest Cities 2007”. Men's Health (2008年). 2008年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月21日閲覧。
  163. ^ Texas Medical Schools and Hospitals”. Texas Medical Association (2006年8月3日). 2008年4月28日閲覧。
  164. ^ Dental Schools in the United States”. Dentist.net. 2008年10月31日閲覧。
  165. ^ Texas Optometry Schools”. Health Guide USA. 2008年10月31日閲覧。
  166. ^ University Selects Bioscrypt for Biosafety Level 4 Lab”. Bioscrypt (2004年10月14日). 2007年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月29日閲覧。
  167. ^ About the Texas Medical Center”. The Texas Medical Center. 2009年4月11日閲覧。
  168. ^ Background Statistics > People and Politics (most recent) by state”. State Master (2008年5月8日). 2008年5月8日閲覧。
  169. ^ About MD Anderson”. The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center. 2008年4月28日閲覧。
  170. ^ Health Science Center ranks sixth in clinical medicine”. University of Texas Health Science Center (2007年4月3日). 2008年4月28日閲覧。
  171. ^ International report gives Dental School high marks”. HSC NEWS. 2008年5月15日閲覧。
  172. ^ Medical center's research ranks high”. San Antonio Express-News. 2008年5月15日閲覧。[リンク切れ]
  173. ^ a b About UT Southwestern”. University of Texas Southwestern Medical Center. 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月28日閲覧。
  174. ^ UT Southwestern Fact Sheet” (PDF). University of Texas Southwestern Medical Center (2008年). 2008年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月28日閲覧。
  175. ^ 「テキサス州と「相互協力に関する覚書」締結」






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テキサス州」の関連用語

テキサス州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テキサス州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテキサス州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS