ウェブデザイン 問題

ウェブデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 14:28 UTC 版)

問題

デザインの分離

HTML4ではウェブページの見た目にはCSSなどのスタイルシートを用いることを推奨している。デザインの原則として、HTMLは文書構造を記述し、デザインはCSSで記述する[5]。これに反する代表的な例として、tableタグによるレイアウトが挙げられる。Netscape Navigator 4.xがブラウザ市場を支配していた時代、ウェブページをレイアウトするのにデザイナーが利用した人気の手法はtableタグを用いることであった。グリッドレイアウトのようにページを細かくレイアウトするためには、しばしば入れ子にされた何重ものテーブルが必要とされた。本来、テーブルはレイアウトではなく、表データのためだけに使われなければならないものだ[6]

ブラウザ戦争末期、CSSを比較的よく実装していたMicrosoft Internet Explorerが市場を支配するようになると、ウェブデザイナーはページをレイアウトする手法としてCSSを利用し始めた。

HTML5とCSS3が仕様策定されて以降は特に、多くのブラウザがCSSを最大限に実装している[7][8] ことや、HTML5においてテーブルを用いたレイアウトがmust notという強い言葉で禁止されたこと、ユニバーサルデザインを重視する観点からアクセシビリティの確保やユーザビリティの向上を目指してデザインが行われるようになったことなどを根拠に、CSSを用いてレイアウトを行うことは、ウェブデザイナーの共通認識として確立されつつある。

Flash

Adobe Flashは、ブラウザによってウェブ上に動的な内容と様々なメディア、対話的なページを作成することができる。しかしSafariなどFlashをサポートしていないブラウザもあること、セキュリティ上の脆弱性が存在することなどに問題がある。このため、アクセシビリティの観点からは、代替のHTMLを用意することが望ましいとされる。

Flashのファイルフォーマット私企業であるアドビ(旧マクロメディア、アドビシステムズ)が策定しており、その仕様は公開されている[9]。ライセンス上、仕様書を利用してそのファイルフォーマットのインタプリタを開発することはできない[10] が、ファイルを出力するソフトウェアを実装することは誰にでも可能である。

なお、そして2020年末にFlash Playerの開発と配布が終了する予定であると開発元アドビから発表されている。




  1. ^ https://mayonez.jp/topic/1758
  2. ^ https://qiita.com/a_rcsin/items/0a3c8c98c8d703c49a22
  3. ^ http://sandsun.jp/column/video-marketing/web%E5%8B%95%E7%94%BB-%E5%A4%89%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%80%821995%E5%B9%B4%E8%AA%95%E7%94%9F%E3%80%9C/
  4. ^ a b 中村英良、他 2009, p. 10.
  5. ^ 中村英良、他 2009, pp. 67-68.
  6. ^ あらゆる局面に於いてテーブルを用いることが問題であると誤解し、表データのマークアップにすらテーブルを忌避するケースも散見される。もちろん、表データをテーブルとしてマークアップすることは適切である。
  7. ^ 最新のブラウザではCSSにおける大きな問題は解決されているが、過去のブラウザ(Microsoft Internet Explorer 6やNetscape Navigator など)ではそうではない。閲覧者は古いブラウザを使用し続けることが多いため、デザイナーは使用できるスタイルなどに注意しておく必要がある。
  8. ^ http://caniuse.com/
  9. ^ http://www.adobe.com/licensing/developer/
  10. ^ http://www.adobe.com/licensing/developer/fileformat/faq/#item-1-8





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウェブデザインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェブデザインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェブデザイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS