Total Quality Managementとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > Total Quality Managementの意味・解説 

全社的品質管理

別名:ティー・キュー・エムTQM総合的品質管理
【英】:Total Quality Management

TQMは、米国TQCから発展した活動であり、顧客が満足する品質備え品物サービス適時適切な価格で提供できるように、企業の全組織効果的効率的運営し、企業目的達成貢献する体系的活動である。

TQMではトップ総合的経営方針立て各部門に展開し、活動する。
TQC各部門の最適化目指す部分最適)のに対し、TQM経営全体最適化全体最適)を目指している。

活動内容としては、経営における品質優先徹底企画開発から販売サービスに至る全社品質保証活動経営者主導による全部門・全員参加QC活動方針展開とその管理などがある

TQM

英語 total quality management

日本開発された全員参加品質改善活動TQC(total quality control)と呼ばれ、TQC培った日本競争力は非常に高かったが、1990年代になると開発途上国との価格競争負けるなど、日本産業勢いがなくなるとともにTQC商品プロセス品質改善活動主体にも限界見えてきた。そこで(財)日本科学技術連盟では、経営総合「質」改善へとパラダイムシフト拡張提案し、96年TQCをTQMと変えることを宣言した。TQMは、製品サービス通してお客様の満足を得るための経営管理システムアプローチであり、優れた組織づくりを目指すのである


トータルクオリティマネージメント

英語 Total Quality Management

ニューモデル開発の際、機能上の欠陥が見過ごされるのを防ぐために、設計陣と部品メーカーの間で開発段階から組まれる協力体制のこと。量産車に機能上の不備が起きないようにするためにも、安全性確保するためにも重要な要素とされている。

参照 TQC
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

TQM

読み方てぃーきゅーえむ
【英】:TQM (total quality management)

日本語では全社的品質管理, 総合的品質管理などと訳す. TQC区別するために総合的品質経営, 総合的品質マネジメントと訳すこともある. TQMの明確な定義はないが, TQCとほぼ同義語考えてよい. 英語のControlでは管理, 統制といった狭い意味にとられるので, 経営管理を扱うことを強調するために近年全社的品質管理活動をTQMと呼ぶことが多い.


TQM

(Total Quality Management から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/31 07:24 UTC 版)

TQM(Total Quality Management)とは、TQCで唱えられた、組織全体として統一した品質管理目標への取り組みを経営戦略へ適用したものである。日本語では総合的品質管理(そうごうてきひんしつかんり)と呼ばれるが、一般的にTQMを用いることが多い。




「TQM」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Total Quality Management」の関連用語

Total Quality Managementのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Total Quality Managementのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2021 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTQM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS