総合的品質管理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 管理 > 総合的品質管理の意味・解説 

総合的品質管理

別名:TQCティー・キュー・シー
【英】:Total Quality Control

TQCは、「製品品質管理するためには、製造部門だけに任せていては効果限定されるので、営業設計技術製造資材財務人事など全部門にわたり、さらに経営者始め管理職担当者までの全員が、密接な連携のもとに品質管理効果的実施していく」活動である。
TQCは、アメリカのファインゲンバウムが提唱した言葉である。

1970年代までは、デミングサークルSQC統計的品質管理)などの品質管理手法が、製造現場中心に根付いていた。1980年代90年頃日本が急激な成長遂げ世界的にみて豊かな国のひとつになるにつれて品質よりよい製品サービス提供することを目指すようになり、組織全体活動すべくTQC誕生した。日本企業多くが「QC7つ道具」「小集団活動」などを活用し、最も盛んに推進していた。

TQC推進するポイントとして、次の7つが挙げられる。
 (1) 教育訓練を行う
 (2) 管理サークルPlan→Do→CheckAction)を回す
 (3) 全社推進組織設置する
 (4) QCサークル導入し、全員参加QC活動を進める
 (5) 方針管理実施する
 (6) トップ診断を行う
 (7) 品質保証システム充実させる

最近は、品質管理だけに限定されず、幅が広がったため、TQMTotal Quality Management)と呼ばれていることが多い。

全社的品質管理

別名:ティー・キュー・エムTQM、総合的品質管理
【英】:Total Quality Management

TQMは、米国TQCから発展した活動であり、顧客が満足する品質備え品物サービス適時適切な価格で提供できるように、企業の全組織効果的効率的運営し、企業目的達成貢献する体系的活動である。

TQMではトップ総合的経営方針立て各部門に展開し、活動する。
TQC各部門の最適化目指す部分最適)のに対し、TQM経営全体最適化全体最適)を目指している。

活動内容としては、経営における品質優先徹底企画開発から販売サービスに至る全社品質保証活動経営者主導による全部門・全員参加QC活動方針展開とその管理などがある

TQM

(総合的品質管理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/31 07:24 UTC 版)

TQM(Total Quality Management)とは、TQCで唱えられた、組織全体として統一した品質管理目標への取り組みを経営戦略へ適用したものである。日本語では総合的品質管理(そうごうてきひんしつかんり)と呼ばれるが、一般的にTQMを用いることが多い。




「TQM」の続きの解説一覧



総合的品質管理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「総合的品質管理」の関連用語

総合的品質管理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



総合的品質管理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTQM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS