PL法とは? わかりやすく解説

ピーエル‐ほう〔‐ハフ〕【PL法】


PL法(ぴーえるほう)

PL法は、欠陥商品から消費者保護する法律だ。

品質の悪い商品消費者購入し、それによって消費者被害を受けたとする。このときに被害者は、その商品をつくった会社責任追求する。そして、企業損害補償させることができる。

1995年平成7年)になって、日本初め制定された。もともとは、アメリカではやくから制度化された法律だ。

PL法では、製品出荷されてから10年間は、つくった企業製品責任がある、と決めている。そこで、出荷のあと10年以内に、欠陥製品によって消費者被害を受けたときは、つくった企業被害者にたいして責任を負う具体的には、企業は、損害賠償などによる被害者救済を行わねばならない

(2000.10.14掲載


PL法

PL法(Product Liabilityの略、正式には製造物責任法)は、1995年7月施行された、欠陥製品による被害者救済目的とする法律です。対象とされる製造物は「製造または加工された動産」で、不動産役務サービスは含まれません。日本のPL法では、被害者は、(1)製造物欠陥存在していたこと、(2)損害発生したこと、(3)損害製造物欠陥により生じたことの3つの事実立証しなければならず、米国制度比べ一般消費者にとって利用しづらいものとなっている。

PL法(製造物責任法) the Product Liability Act

製品欠陥によって、消費者生命身体、または財産損害を被ったとき、製造者等(製造業者加工業者および輸入業者)の「過失」の有無にかかわらず製品に「欠陥」があることを消費者側が証明すれば、製造者側は損害賠償する責任がある製造物責任)ことを定め法律1995年施行

PL法

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

PL法

Law for Product Liabilityの略称。1994年施行された製造物責任法製造物欠陥によって人の生命身体あるいは財産が、被害生じ場合における製造業者などの賠償責任について定められている

PL法(ピーエルほう)

 商品欠陥によって消費者が受けた損害に対して責任生産者追及して補償させるための手続法。

 アメリカなどでは早くから制度化され、使用後の商品廃棄によって発生した問題含まれるようになってきているが、日本でも1995年制定された。


製造物責任法

(PL法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 03:54 UTC 版)

製造物責任法(せいぞうぶつせきにんほう、平成6年7月1日法律第85号)は、製造物欠陥により損害が生じた場合の製造業者等の損害賠償責任について定めた法規のことをいうが、形式的意義においては、上述の損害賠償責任について規定した日本の法律のことをいう。1995年7月1日施行。製造物責任という用語に相当する英語の(product liability)から、PL法と呼ばれることがある。




「製造物責任法」の続きの解説一覧

「PL法」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PL法」の関連用語

PL法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PL法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製造物責任法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS