統合型マーケティングコミュニケーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > コミュニケーション > 統合型マーケティングコミュニケーションの意味・解説 

IMC   統合型マーケティングコミュニケーション

文字通り、"マーケティングコミュニケーション統合しよう"とする考え方である。
こうしたコンセプト注目を集めるのは、"往々にしてマーケティングコミュニケーション統合されていない"からに他ならない企業メッセージ発信するためのチャネル広告WEBセールスプロモーションダイレクトマーケティングなど多岐わたっている。そして、多岐わたっているというその事が、"統合"を阻む最大原因になっている企業メッセージは、しばしば個別広告プロモーション担当者から、別々の代理店SP会社発注され、別々のクリエイターの手制作されてきた。そこに統一性や一貫性を期待する事は難しい。オーディエンス(市場)に、ブレのない・鮮明説得力に富んだメッセージ到達させるために。IMCへの期待と、必要性認識は高まっている。
"IMC"による企業メッセージは、いわば寄せては返す波のように、継続的な・一貫した体験としてオーディエンスはたらきかける時にそれは、圧倒的なボリュームを持って感性に向かって押し寄せる
またある時は、やさしくつま先を洗うさざ波のように知性くすぐり関心高める。
その語り口緩急に富んでいる。しかしメッセージ内容首尾一貫し、統一感が揺らぐことはない。
こうしたコミュニケーションのために必要とされるのが、コミュニケーションチャネルの使い分けと、その統合管理である。
認知イメージ訴求のためには広告を、期待感醸成詳細情報のためにはWEBを、製品リアルに実感し・欲求高めるためにはセールスプロモーションを---。
最適チャネルから、当意即妙タイミングメッセージ発信する事で、マーケティングコミュニケーション実効性をともなったもの---すなわち購買行動結びつくものになりうる。
一方発信タイミングコントロールし、尚かつメッセージ一貫性統一性もたらすために、クリエイティブ・グランドデザインに裏打ちされた統合管理欠かせないものとなってくる。

IMC

【英】Integrated Marketing Communications
別名:統合型マーケティング・コミュニケーション

(1)広告主マーケティング・コミュニケーション関係の部門硬直縦割り組織機構に阻まれて横の繋がり極めて希薄になってきていることから、統合型マーケティング・コミュニケーションの諸機能広告代理店兼ね備えることが必要になり、マーケティング・データベースマーケティング中心として位置づけ企業の各組織がそれに結びつけられ、会社全体顧客本位マーケティングを行う概念提案され、テレマーケティングダイレクトメールクリエイティブセールス会計などがマーケティング・データベースに結びつけられた。(2)マーケティング・ミックスの全要因通じて伝達される一定のメッセージ重要性重点をおいたマーケティング・モデル理論上は、広告活動ダイレクト・マーケティングセールス・プロモーション宣伝活動などの各要因が、マーケット浸透防御全体的戦略貢献するとされている。しかしながら実際は、他のどんな活動よりも一般広告重視されることが多い。このアプローチは、ここ数年売上減少傾向にある広告業界に好んで活用されている。

統合型マーケティング・コミュニケーション

【英】IMC

IMC参照



統合型マーケティングコミュニケーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統合型マーケティングコミュニケーション」の関連用語

統合型マーケティングコミュニケーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



統合型マーケティングコミュニケーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS