非同期通信とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > 非同期通信の意味・解説 

非同期通信

【英】asynchronous connection

デジタルからアナログへ、あるいはアナログからデジタルへの接続電話回線を介した、モデムによる接続のこと。

非同期通信

読み方ひどうきつうしん

非同期通信とは、データ通信に際して送信側と受信側で厳密にクロック周波数位相一致させないで通信する方式のことである。送信者と受信者の両方オンラインである必要がなく、片方接続しているだけで通信成立する。

非同期通信の仕組みは、典型的なものとしては電子メール挙げることができる。電子メールは、相手オンラインでもオフラインでも関係なく送信行なうことができる。その構造メールサーバーデータ蓄積することによって実現されている。

非同期通信では、送信するデータ1バイトごとに「スタートビット」と「ストップビット」と呼ばれる信号付けられる。受信する側では、スタートビットを受けるとデータ受信され、逆にストップビットを受けると受信解除される。付加情報としてデータ量20%程度増えるので、伝送効率はやや低下するが、ハードウェアソフトウェアが簡単であるという利点があるので、小規模通信中心として広く使われている。

非同期通信に対して送信側と受信側で厳密にクロック同期をとる方式同期通信呼ばれる伝送されるブロックごとにスタートビット付加されるので、全体対すデータ自体割合が高くなり、伝送効率が高くなるというメリットがある。

通信方式のほかの用語一覧
通信制御:  FASP  GUID  HSRP  非同期通信  ボトルネック  ブルータ  Cisco IOS


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「非同期通信」の関連用語

非同期通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



非同期通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ非同期通信の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS