紫斑病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 紫斑病の意味・解説 

し はんびょう -びやう [0] 【紫斑病】

皮内皮下粘膜下に点状・斑状の出血起こす疾患総称血小板減少血液凝固機能の異常・血管炎などの原因による。

紫斑病 ( purpura )

血管から出血したときには体内では血管壁血小板凝固因子などの作用によって自然に止血する仕組みになっています。しかし、なんらかの原因からこのいずれか機能が損なわれた場合皮膚関節胃腸腎臓などの血管炎症病変が生じます。このような病態が生じたとき現れるのが紫斑病で、おもに出血原因血管壁にあるものを血管性紫斑病といいます。とくにその原因アレルギーによって起こるものをシェーンライン・ヘノッホ紫斑病(またはアナフィラクトイド紫斑病)と呼びます。また、シェーグレン症候群全身性エリテマトーデス罹患(りかん)しているや女性場合免疫の異常によって起こる高γ(ガンマ)-グロブリン血症性紫斑呼ばれるタイプあります多く幼児期から学童期にみられますが、おとなでもまれではありません。ある日突然手足お尻盛り上がった紫色アザができ、同時に粘膜からの出血関節痛発疹ほっしん)、腹痛腸出血下血タール便など)が現れます。カゼを引いたあとに見られることが多いのも特徴です。約半数タンパク尿血尿など腎臓障害がでるため、下痢嘔吐などのような消化器症状や、腎臓障害の疑われる場合安静を保つことがたいせつです。紫斑病はウイルス細菌による感染薬物さされ、食べ物寒冷刺激などによって起こります。薬剤原因考えられる場合(その薬剤服薬中止)以外は、症状合わせ薬剤処方されます。よく用いられる薬剤ビタミンCステロイド薬副腎皮質ホルモン)、乾燥濃縮ヒト血液凝固第VIII因子製剤(フィブロガミン)などがあります



紫斑病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紫斑病」の関連用語

紫斑病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紫斑病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved

©2019 Weblio RSS