稲荷川第二砂防堰堤とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > その他の施設 > 日本の砂防施設 > 稲荷川第二砂防堰堤の意味・解説 

稲荷川第二砂防堰堤

読み方いなりがわだいにさぼうえんてい

稲荷川第二砂防堰堤
所在地
栃木県日光市大字日光字帰ル沢・中地先
構 造
重力コンクリート
施設管理
国土交通省
施行年代
大正8年大正9年
文化財登録状況
原簿記載年月日 平成14年 8月21日
官報告示年月日 平成14年 9月 3日

文化財としての特徴 世界遺産である二社一寺の北を流れ稲荷川に築かれた砂防堰堤である。大谷川合流点より約3.2km上流位置し、堤高7m、堤長40mの重力式練積堰堤で、堤体に8箇所矩形水抜設け右岸側に延長約40mの練積護岸を残す。丸み付き台形通部を有する当時特徴を示す最古砂防堰堤である。


地図

[アクセス]JR日光線日光駅または東武線東武日光駅から車と徒歩で約30

※地図をクリックすると大きく表示されます。(pdfファイル 16K)

稲荷川第二砂防堰堤

名称: 稲荷川第二砂防堰堤
ふりがな いなりがわだいにさぼうえんてい
登録番号 09 - 0056
員数(数): 1
員数(単位):
構造 重力コンクリート堰堤、堤長40m、堤高7.0m、右岸護岸
時代区分 大正
年代 大正9
代表都道府県 栃木県
所在地 栃木県日光市大字日光字帰ル沢・中地先
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 第四堰堤の上流側110m地点にあり,堤体に8箇所矩形水抜設け右岸側に延長40mの練積護岸を残す。空積第一堰堤竣工直後流失した反省踏まえ練積とし,幅長の丸み付台通部を有すという当事建設堰堤群の特徴を示す最古のもの。設計孚。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

稲荷川第二砂防堰堤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



稲荷川第二砂防堰堤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2020 MLIT Japan. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS