稲荷川第十砂防堰堤とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > その他の施設 > 日本の砂防施設 > 稲荷川第十砂防堰堤の意味・解説 

稲荷川第十砂防堰堤

読み方いなりがわだいじゅうさぼうえんてい

稲荷川第十砂防堰堤
所在地
栃木県日光市大字日光字赤日向・釜ツ沢地
構 造
重力コンクリート
施設管理
国土交通省
施行年代
大正11年大正12年昭和4・714年改築
文化財登録状況
原簿記載年月日 平成14年 8月21日
官報告示年月日 平成14年 9月 3日

文化財としての特徴 世界遺産である二社一寺の北を流れ稲荷川に築かれた砂防堰堤である。大谷川合流点より約3.9km上流位置し、堤高11m、堤長45mの重力式練積堰堤で、5.2m幅の越流部が堤体下流側垂直方向に設けられていたが、後の改築により現在の形となる。過酷自然条件下で機能維持続け防災歴史物語っている。


地図

[アクセス]JR日光線日光駅または東武線東武日光駅から車と徒歩で約25

※地図をクリックすると大きく表示されます。(pdfファイル 16K)

稲荷川第十砂防堰堤

名称: 稲荷川第十砂防堰堤
ふりがな いなりがわだいじゅうさぼうえんてい
登録番号 09 - 0058
員数(数): 1
員数(単位):
構造 重力コンクリート堰堤、堤長45m、堤高11m
時代区分 大正
年代 大正12昭和4・714増築
代表都道府県 栃木県
所在地 栃木県日光市大字日光字赤日向・釜ツ沢地
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 第三堰堤の上流側約600m、川中流域狭窄出口にある。堤長45m、堤高11mの重力式練積堰堤で、5.2m幅の越流部が堤体下流側垂直方向に設けられていたが、後の増築により現在の形となる。過酷自然条件下で機能維持続け砂防歴史物語る。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

稲荷川第十砂防堰堤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小鴨川第二号堰堤

万内川四号堰堤

本宮砂防ダム

正法寺川北沢第五号石堰堤

出山堰堤

木和田川一号流路工

アカタン砂防大平ミズヤ下堰堤

稲荷川第十砂防堰堤





稲荷川第十砂防堰堤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS