油糟とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > かす > 油糟の意味・解説 

あぶらかす【油糟】


あぶら‐かす【油×粕/油×糟】

大豆やアブラナ・アマなどの種子から油をしぼりとった残りのかす。肥料家畜飼料用。

油かす)牛の内臓肉時間をかけて油で揚げ小さく切り分けたもの。中が柔らかく、外側がかりっとしていて香ばしい。→かすうどん

[補説] 書名別項。→油糟


油糟

読み方:アブラカス(aburakasu)

分野 俳諧

年代 江戸前

作者 松永貞徳


油粕

(油糟 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 09:39 UTC 版)

油粕(あぶらかす、油糟)は、アブラナなどの農作物からを搾り取った残渣である。 主に肥料として、一部は家畜飼料として使われる。


  1. ^ 小林茂「油粕」平凡社『日本史大事典』第1巻P206
  2. ^ 三橋時雄「油粕」吉川弘文館『国史大辞典』第1巻P265
  3. ^ 井奥成彦「油粕」小学館『日本歴史大事典』第1巻P83
  4. ^ 菜種油


「油粕」の続きの解説一覧



油糟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「油糟」の関連用語

1
98% |||||

2
76% |||||

3
10% |||||

油糟のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



油糟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの油粕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS