多角的貿易交渉とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 多角的貿易交渉の意味・解説 

ラウンド《多角的貿易交渉》(らうんど《たかくてきぼうえきこうしょう》)

多国間で貿易の自由化向けて話し合う協議の場

貿易の自由化によって発生する各国利害関係調整し、自由貿易推進について協議する。輸入品から国内産業を守ろうとする貿易保護主義により、交渉長期にわたるのが通例だ。

関税と貿易に関する一般協定 (GATT) では、過去に8回のラウンドを重ね貿易の自由化に向けた話し合いが行われてきた。1947年開始した関税交渉をはじめ、ケネディー・ラウンド、東京・ラウンドウルグアイ・ラウンド続き1994年までに関税引き下げ貿易障壁撤廃などで成果上げている。

1986年ウルグアイで始まった GATT最終ラウンドでは、産業保護する目的発動されるセーフガードや反ダンピング措置の手続き明確化するとともに特許などの知的所有権情報通信などのサービス貿易についても協議対象になった。日本は、農産物輸入原則自由化し、コメ市場部分的開放することで合意した。

GATT発展的解消し、正式な国際機関として設立された世界貿易機関 (WTO) では、ウルグアイ・ラウンドに続く新たなラウンドの開始目指している。しかし、農業自由化環境保全、反ダンピング特許医薬品など一部分野加盟国間の対立がまだ解消されていない

カタール首都ドーハ開幕した WTO 閣僚会議では、事前折衝対立のあった分野を何とか打開し、新ラウンド立ち上げ目指している。話し合いがまとまれば、閣僚宣言新ラウンド開始盛り込まれる。

関連キーワード「世界貿易機関 (WTO)」
関連キーワード「コメの関税化
関連キーワード「スーパー301条

(2001.11.12更新


多角的貿易交渉(ラウンド)

WTO及びその前身であるGATT関税と貿易に関する一般協定)における、加盟国GATT時代締約国)間における貿易自由化貿易関連ルール作るための交渉のこと。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多角的貿易交渉」の関連用語

多角的貿易交渉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



多角的貿易交渉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

©2020 Weblio RSS