土地信託事業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 事業 > 土地信託事業の意味・解説 

土地信託事業

読み方:とちしんたくじぎょう
別名:土地信託

土地信託行い配当金などによって利益を得る事業

一般的には、信託銀行などの受託者土地建物一定期間預け管理運用任せる。一定の契約期間が過ぎた後に資産返却される。契約期間中、受託者施設運用したりして利益上げ、その一部信託配当として権利者配分する。

2011年11月15日東京都1980年代終盤土地信託を行った両国付近土地において、契約期間満了時点30億円に上る負債発生していることが判明している。この負債契約終了同時に都が負うことになる。

信託

(土地信託事業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 05:49 UTC 版)

信託(しんたく、: trust)は、ある人「甲」が自己の財産を信頼できる「乙」に託すとともに、当該財産を管理・処分等することで得られる利益を「丙」に与える旨を取り決めること、およびそれを基本形として設計された法的枠組みを意味する。「甲」を委託者[1]、「乙」を受託者[2]、「丙」を受益者[3]と呼ぶ。信託された財産を信託財産と呼ぶ。受託者は名目上信託財産を管理・処分等するが、その管理・処分等は受益者の利益のために行わなければならないという義務(忠実義務)を負う。ジョセフ・レートリヒ(Josef Redlich)の説によると、信託という法制度は、イングランド土地法の必要から生じたものであるが、次第に一般的な法制度として形成され、生活に関わる法の全領域にわたり、実用性を獲得した[4]


  1. ^ : settlortrustor
  2. ^ : trustee
  3. ^ : beneficiary
  4. ^ a b 渡部亮 市場経済システムの歴史⑪ 第一生命経済研レポート 2009.8
  5. ^ : use
  6. ^ : equity
  7. ^ : equity
  8. ^ : use
  9. ^ 「Use受益権とその史的性格(一)」菅原勝伴(北海道大学法学会論集1956.03) (PDF, P.4)
  10. ^ 「中国民法典の制定について」劉士国、鈴木・坂口(訳)(北大法学論集2002.11.13) (PDF, P.10)
  11. ^ 西澤宗英、「フランスにおけるfiducie(信託)立法の試み」青山法学論集38(3/4)、592-624頁、1997年
  12. ^ 日本の信託法はカリフォルニア州信託法とインド信託法をモデルにしたと言われている。
  13. ^ 参議院会議録 第161回国会 財政金融委員会 第8号” (日本語). 参議院 (2004年11月25日). 2006年11月11日閲覧。
  14. ^ 野一色直人:生命保険信託と課税.信託研究奨励金論集 36, 2015
  15. ^ 有田美津子:親亡き後も障害者が安心して暮らすために。「生命保険信託」を考える.Hoken Journalより
  16. ^ 江頭憲治郎『商取引法〔第5版〕』弘文堂、2009年、528頁。
  17. ^ 日経新聞電子版 個人情報の運用一任、利用増へ事業者認定 総務省 2017/8/28
  18. ^ 信託法改正に伴う改正 特許庁
  19. ^ 知的財産と信託‐課題と展望 諏訪野 大, 特許研究, No.54, 2012年9月
  20. ^ 公益信託は受益者の定めのない信託の代表的な例である。
  21. ^ 受益者が特定していない場合または存在していない場合は、受益者に課税することができないため、委託者に課税する。
  22. ^ 平成19年度税制改正パンフレット
  23. ^ 平成19年度税制改正の要綱(別紙)
  24. ^ a b c 宮本 佐知子、中村 仁「信託と生命保険を活用した資産移転スキーム」”. 野村資本市場研究所. 2018年9月14日閲覧。
  25. ^ 財産管理の為の継続委任状”. 2018年11月14日閲覧。


「信託」の続きの解説一覧



土地信託事業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土地信託事業」の関連用語

土地信託事業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土地信託事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信託 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS