南沢十七とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 南沢十七の意味・解説 

南沢十七(みなみざわ・じゅうしち)

本名川端男勇。父親十七歳時に亡くしたのが筆名由来1905年(明38)、宮城県仙台市生まれ米田※[#“舟”偏に“工”]名義花柳小説執筆している、中国学研究者米田祐太郎叔父。別名巳貴千尋また、本名翻訳薬学に関する著作もある。木曜会所属。「科学画報」の編集長務めていたこともある。
1928年(昭3)、 本名にて、米田祐太郎共著で「東西媚藥研究」を刊行
1932年(昭7)、「」を「新青年」に発表
木々高太郎探偵小説執筆させたのは、南沢十七と海野十三
1982年(昭57)、死去



南沢十七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/24 22:41 UTC 版)

南沢 十七(みなみざわ じゅうしち(文献によっては「なんざわ としち」となっているものがあるが、これは誤り)、1905年明治38年)3月10日 - 1982年昭和57年)9月26日)は日本の探偵小説科学小説家、翻訳家。ペンネームの「十七」は17歳のときに父親を亡くしたことによる[1]。代表作に『緑人の魔都』などがある。




  1. ^ a b c d e f g 探偵作家事典
  2. ^ a b 鮎川哲也/編纂『怪奇探偵小説集』(1976年、双葉社) 南沢十七略歴より
  3. ^ 横田(1980)
  4. ^ 横田(1984)
  5. ^ と学会(1995)、184-189頁
  6. ^ 会津&横田&南沢(1992)収録「緑人の魔都」
  7. ^ と学会(1995)、189頁で怪作として言及されている。


「南沢十七」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南沢十七」の関連用語

南沢十七のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



南沢十七のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南沢十七 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS