乘るとは? わかりやすく解説

の・る【乗る/載る】

読み方:のる

[動ラ五(四)

物の上にあがる。「踏み台の上に―・る」「子が父のひざに―・る」

乗り物の上、または中に身を置く乗り物移動する。「馬に―・る」「汽車に―・る」「船に―・る」⇔おりる。

調子動きよく合う。「リズムに―・って踊る」「マイクによく―・る声」

勢いがついて物事がぐあいよく運ぶ。勢いにまかせてすすむ。「興が―・る」「図に―・る」「ブームに―・る」「仕事軌道に―・る」

誘い持ち掛けに応じて仲間相手になる仲間として加わる。参画する。「その話に一口―・る」「相談に―・る」

相手思惑どおりに動かされる引っかかるだまされる。「おだてに―・る」「口車に―・る」「その手には―・らない」

うまくつく。十分につく。「おしろいが肌に―・る」「脂が―・った

風や潮流などによって運ばれる。「電波に―・る」「風に―・って盆唄聞こえてくる

載る書かれる記録される。「新聞に―・る」「台帳に―・る」

10 邦楽能楽で、リズミカルに演奏するまた、テンポ速めて演奏する符号として、片仮名で「ノル」と記す。

11 歌舞伎・舞踊能楽などで、しぐさや踊り音楽に合う双方リズムがうまく調和する。「三味線に―・ったせりふ」

12に沿って行く。

海原の路に―・りてや我(あ)が恋ひをらむ大舟のたにあるらむ人の児故に」〈万・二三六七〉

13 心にぴったりとついて離れない心を占めてしまう。のりうつる

ももしきの大宮人多かれど心に―・りて思ほゆる妹」〈万・六九一

[可能] のれる

[下接句] 油が乗る石車に乗る大船に乗ったよう駕籠舁(かごか)き駕籠乗らず気が乗る軌道に乗る興に乗る口に乗る口車に乗る尻馬(しりうま)に乗る・図に乗る玉の輿(こし)に乗る・調子に乗る手に乗る波に乗る一口乗る飛竜雲に乗る利が乗る


乗る・載る

大阪弁 訳語 解説
乗る・載る 乗る・載る あるものの上にある状態。これも同じく標準語となった語。他動詞では「のす」。関東方言で「のっかると言う


乗る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:40 UTC 版)

和語の漢字表記

(のる)

  1. のる 参照

「 乗る」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乘る」の関連用語

乘るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乘るのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの乗る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS