ネオティホディウムとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 糸状菌類図鑑 > ネオティホディウムの意味・解説 

Neotyphodium spp.(ネオティホディウム)

ネオティホディウムエンドファイト [Neotyphodium spp.=Epichloë spp.]
 分類子のう菌門綱,ボタンタケ目バッカクキン科

 主に本州以北分布し,数多く寒地イネ科植物C3植物)に寄生する。チモシーカモジグサ類など一部植物ではがまの穂病を引き起こすが,多く場合生活環通して体が植物体外現れることはない。感染植物外観上は変化がなく,むしろ病害虫耐性環境ストレス耐性が高まる。麦角アルカロイド産生するため,家畜毒性がある。感染植物種子にも菌糸内在し,次世代に伝わる。芝草では感染植物が「耐品種」として市販される。

性状機能):植物内生菌エンドファイト),植物病原菌    病徴JPEG(40kb)

形態
 有性世代Epichloë属。感染植物の止葉取り囲むように橙黄色の子座を生じる。子座表面には楕円形の子のう殻を埋没して形成し,内部には円筒形の子のう及び無色糸状大きさ100×1μ程度の子のう胞子を形成する。
 無性世代植物組織内菌糸分岐せず,くびれる無色のフィアライド上に,無色楕円形レモン形,大きさ6×3μ程度分生子横になる形で1個形成する。人工培地上で生育きわめて遅い。
フィアライド上の
分生子
葉鞘組織内菌糸染色後) 葉鞘組織細胞間隙を這う菌糸

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
135-1-27 Neotyphodium sp. アオイチゴツナギ Poa viridula エンドファイト 山梨県下部町 2001.6.26 月星隆雄
135-1-28 ウシノケグサ Festuca ovina var. ovina 山梨県鰍沢町十谷 2001.6.27
135-1-29 ミヤマヌカボ Agrostis flaccida 栃木県那須湯本町 2002.6.7


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネオティホディウム」の関連用語

ネオティホディウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネオティホディウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS