トウモロコシごま葉枯病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > トウモロコシごま葉枯病菌の意味・解説 

Cochliobolus heterostrophus(トウモロコシごま葉枯病菌)

Cochliobolus heterostrophus (Drechs.) Drechs. [=Bipolaris maydis (Nisikado) Shoem., Helminthosporium maydis Nisikado]
 分類子のう菌門小房子のう菌綱,クロイボタケ目,プレオスポラ科

日本全国分布トウモロコシなどにごま病を引き起こし被害が大きい。他のイネ科牧草野生植物からも分離される。分生胞子飛散して蔓延する。子のう胞子自然条件下では観察されない。

性状機能):植物病原菌    病徴JPEG(54kb)

子のう子のう胞子
染色後)
分生胞子 培養
形態
 有性世代培地上の対峙培養形成黒色の偽子のう中に楕円形の子のう形成し,内部無色糸状大きさ130-340×6-9μの子のう胞子をラセン状に巻いて形成する。
 無性世代褐色分生子柄上に,明褐色,長紡錘形~長楕円形大きさ70-160×15-20μ,5-11隔壁をもつやや湾曲した分生胞子形成する。

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
246-1-48 Cochliobolus heterostrophus  トウモロコシ Zea mays ごま 1942.8.22 馬家
249-2-1 栃木県塩谷郡藤原町 1961.8.8 富永時任
249-2-2 栃木県那須郡西那須野町 1961.9.20 小室康雄
249-2-3
104-1-41
104-1-45 千葉市長原町 1965.10.27 富永時任
135-1-12 〃  コバノウシノシッペイ Hemarthria compressa  ごま症状 沖縄県名護市 2000.7.7 月星隆雄
形態
 有性世代培地上の対峙培養形成黒色の偽子のう中に楕円形の子のう形成し,内部無色糸状大きさ130-340×6-9μの子のう胞子をラセン状に巻いて形成する。
 無性世代褐色分生子柄上に,明褐色,長紡錘形~長楕円形大きさ70-160×15-20μ,5-11隔壁をもつやや湾曲した分生胞子形成する。



トウモロコシごま葉枯病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トウモロコシごま葉枯病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トウモロコシごま葉枯病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS