トマト輪紋病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > トマト輪紋病菌の意味・解説 

Alternaria solani(トマト輪紋病菌)

Alternaria solani (Ellis & Martin) Sorauer
分類不完全菌門,不完全糸状菌

日本全国分布ジャガイモ疫病,トマト輪紋病菌,ナス褐斑病などとして知られる。分生胞子飛散して蔓延する。有性世代は知られていない

性状機能):植物病原菌

形態
 有性世代不明
 無性世代淡褐色オリーブ褐色分生子柄上に,淡褐色~明褐色,倒棍棒形~長楕円形先端部には分生子本体上の長さの嘴をもち,表面平滑大きさ150-300×15-19μ,縦数個9-11隔壁の分生胞子を単生する。嘴は淡色湾曲時に分岐し,幅2.5-5μで先端に向かって漸尖する。
分生胞子

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
104-1-79 Alternaria solani ジャガイモ Solanum tuberosum 疫病 福岡原島  1930.6.14  河村栄吉
114-1-72 トマト Lycopersicon esculentum 輪紋 東京石神井 1932.7.30
244-1-102 ジャガイモ Solanum tuberosum 疫病 福島県原町 1938.6 河村栄吉
244-1-46 



トマト輪紋病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トマト輪紋病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トマト輪紋病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS