セントオーガスチングラス黒穂病菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > セントオーガスチングラス黒穂病菌の意味・解説 

Ustilago affinis(セントオーガスチングラス黒穂病菌)

Ustilago affinis Ellis & Everh.
 分類担子菌門,クロボキン綱,クロボキン目,クロボキン科

 沖縄県採集。セントオーガスチングラスに黒穂病引き起こす花実が穂軸を残して黒穂化し,中から黒穂胞子厚膜胞子)を飛散して蔓延する。培地上で酵母様に小生子の出芽により生育する。

性状機能):植物病原菌    病徴JPEG(19kb)

形態
 黒穂胞子円形扁円形,SEM観察では車輪状で中央部がくぼむ。淡褐色黄褐色大きさ4-5x7-8μ,表面微細な疣状で,発芽して担子器その上に楕円形長さ2-5μの小生子を形成する。
黒穂胞子 小生

農環研所蔵標本

標本番号 宿主和名 宿主学名 症状 採集 採集年月日 採集
135-1-22 Ustilago affinis セントオーガスチングラス Stenotaphrum secundatum 黒穂病 沖縄県国東郡今帰仁村 1998.5 奥村健



セントオーガスチングラス黒穂病菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

セントオーガスチングラス黒穂病菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セントオーガスチングラス黒穂病菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本産糸状菌類図鑑日本産糸状菌類図鑑
Copyright (C) 2019 National Institute for Agro-Environmental Sciences. All Rights Reserved

©2019 Weblio RSS