ダイラタンシーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > ダイラタンシーの意味・解説 

ダイラタンシー【dilatancy】

粉末固体粒子液体からなる混合物が示す、異常な粘性。急激な外力に対して固体のようにふるまいゆっくりとした外力に対して液体のようにふるまう性質を指す。この性質をもつ流体ダイラタンシー流体ダイラタント流体)という。

[補説] 演示実験などでは、ほぼ等量片栗粉混ぜたものが多く用いられる。ゆっくりかき混ぜるときはクリームのようだが、人がその上で素早く足踏みをする場合固体のようになるために足は沈み込まず、表面で走ることもできる。


ダイラタンシー

〔名〕 (英 dilatancy粒子が強い急激な外力によって液体を吸いこんでふくらんでかたまる現象。たとえば波打ちぎわの砂の上を歩くと、踏んだあたりが急にを失うように見えることなどはその一例


ダイラタンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 17:13 UTC 版)

ダイラタンシー: dilatancy)とは、ある種の混合物が示す、遅いせん断刺激には液体のように振る舞い、より速いせん断刺激に対してはあたかも固体のような抵抗力を発揮する性質である。この現象が起こる物体をダイラタント流体あるいはダイラタンシー流体と言い、非ニュートン流体の一種である。


  1. ^ デュラン:粉粒体の物理学、吉岡書店
  2. ^ 中川鶴太郎:レオロジー、岩波書店
  3. ^ 佐藤達雄:サスペンジョンの物理化学的性質(Ⅱ)、色材、1987.3
  4. ^ 流砂の上を歩くレスキュー隊員!沈まずにふわふわ跳ねてるみたい!”. ワールドネッター〜世界の面白動画〜 (2014年12月17日). 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ 沖田神社・導通宮社史参照


「ダイラタンシー」の続きの解説一覧



ダイラタンシーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダイラタンシー」の関連用語

ダイラタンシーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダイラタンシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイラタンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS