ウォーラーステインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > 歴史家 > ウォーラーステインの意味・解説 

ウォーラーステイン【Immanuel Wallerstein】

[1930〜2019米国政治社会学者。近現代世界システムを、西欧中心とした単一グローバル資本主義分業体制の展開過程としてとらえた。著「近代世界システム」など。


ウォーラーステイン

名前 Wallerstein

イマニュエル・ウォーラーステイン

(ウォーラーステイン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 07:32 UTC 版)

イマニュエル・ウォーラーステイン(Immanuel Wallerstein、1930年9月28日 - 2019年8月31日[1])は、アメリカ社会学者・歴史学者。巨視的な観点から世界の歴史・社会全体を「単一のシステム」ととらえる「世界システム論」を提唱・確立したことで知られる。


  1. ^ a b “ウォーラーステイン氏が死去 米社会学者、歴史学者”. 共同通信. (2019年9月5日). https://this.kiji.is/542137546059973729 2019年9月5日閲覧。 
  2. ^ Wallerstein,Immanuel(1954), McCarthism and theConservative,Master's Thesis, Columbia University
  3. ^ 「独立への道—ガーナとコートディヴォワール」(1959年提出、1964年公刊)
  4. ^ a b 山下範久(2001年)
  5. ^ Fernand Braudel Center[1]
  6. ^ アナール学派の拠点とされている。
  7. ^ 通常の大学における客員教授に相当。
  8. ^ Fernand Braudel Center - Gulbenkian Commission


「イマニュエル・ウォーラーステイン」の続きの解説一覧



ウォーラーステインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウォーラーステイン」の関連用語

ウォーラーステインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウォーラーステインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイマニュエル・ウォーラーステイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS