もの派とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > もの派の意味・解説 

もの派

1960年代後半から1970年代にかけて、素材にほとんど加工加え素材直接的提示してインスタレーション試みた、日本一連の作家表現行為に対して名付けられたネーミング作家のほとんどが絵画出身であったことが特徴的で、アルテポーベラなどの影響もあったが、独自の展開もあった。この一連の作家達の活動は、1970年代以降素材への関わり方のスタンスとして、様々な作家影響与えており、戦後日本の美術の重要な動向のひとつであった。

もの派

読み】:モノハ
【英】:MONO SCHOOL

1960年代後半から70年代にかけて、日本で独自に展開した運動。土、石、木、などの素材にあまり手を加えず、ほとんど直接的提示する立体構成を行った一連の作家につけられた名称。1968年関根伸夫が、公園大地円柱形の穴を堀り、その土を用いて同形円柱立てる「位相大地」を発表大きな衝激を与えた。やや遅れて、斎藤義重影響下から、小清水漸菅木志雄など多く作家輩出理論的支柱となった季禹煥は、ハイデッガー存在論などを参照しつつ、西欧近代批判を軸とした「世界構造理論等を積極的に発表し、菅木志雄は「もの」の放置の状態を問題とする理論を展開。一方高山登榎倉康二は、枕木廃油、布、紙、コンクリート塊などの物質性を強調する作品制作。彼ら「もの派」初期仕事は、1960年代初頭登場した田中信太郎、高松次郎や、一部概念的傾向作家にも影響を広げた。1980年代にも「もの派」抜きには考えられない作品多く発表されており、戦後日本美術における重要な動向一ついえよう

もの派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 03:21 UTC 版)

「もの派」は、1960年代末に始まり、1970年代中期まで続いた日本の現代美術の大きな動向である。




「もの派」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もの派」の関連用語

もの派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もの派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2019 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもの派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS