たなか ひさしげとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本の創業者列伝 > たなか ひさしげの意味・解説 

たなかひさしげ 【田中久重】 ○

1799~1881幕末明治初期発明家久留米の人。からくり人形作りからくり儀右衛門と呼ばれた。菜種油を使った無尽灯四百巻き万年時計発明。また,蒸汽罐や鉄砲製造にも関与した。

田中久重

読み方:たなかひさしげ
別名:からくり儀右衛門

田中久重とは、株式会社東芝創始者である。1799年寛政11年9月18日生まれ。「弓曳童子」をはじめとする精巧なからくり」を多数案出した発明家としても有名である。1881年11月7日没。

田中久重は、筑後久留米べっこう細工師長男として生まれた。幼い時分よりからくり仕掛け興味抱いていくつも作品作り上げては皆に披露していた。その評判は高く、近所からは「からくり儀右衛門」と呼ばれていたという。

からくり人形のとりことなった田中久重は、家業べっこう細工を弟に任せ25歳にして技術修行のため筑後を去る。諸国を訪ねながら、西洋渡来技術知識を吸収した。そして京都に至ると、まもなく「機巧堂」を開店からくり細工製造販売を営んだ。「無尽灯」「雲竜水」「懐中燭台」といった意匠数々はたちまち評判になる。中でも1851年制作された「万年時計」は、和時計最高傑作ならびに江戸時代技術精華として名高い。(万年時計は現在、国立科学博物館保存されている。)

1853年嘉永6年)、ペリー来航した年には、佐賀藩に「精煉方」として仕官していた。蒸気船蒸気機関車、あるいは電信機モデルを製作するなど、最先端技術に基づく数々製品制作に携わった。

75歳の時、田中久重は政府要請を受けて東京に移る。銀座電信機などのメーカーとして「田中製作所」を開いた。これが、現在の東芝前進となる。製作所看板には「万般機械考案依頼応ず」を書かれていたという。田中製作所において久重は、電信機時報機などの機器次々と開発し、日本エレクトロニクス分野光明を開いた。田中製作所は後に「芝浦製作所」と改称。さらに後には東芝改称した。東芝は、設立からすで130年を経た現在も、日本エレクトロニクス産業におけるトップメーカーとして業界牽引している。


更新2006年1月
参照リンク
東芝
からくり儀右衛門の発明人生 - 田中久重ものがたり - (TOSHIBA SPIRIT


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たなか ひさしげ」の関連用語

たなか ひさしげのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たなか ひさしげのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ田中久重の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS