さらなる進歩とは? わかりやすく解説

さらなる進歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 14:59 UTC 版)

3Dバイオプリンティング」の記事における「さらなる進歩」の解説

臓器をつくるために使用されるだけでなく、3Dバイオプリンティングは、義肢や、皮膚移植のための皮膚をつくるためにも使用される生きた皮膚細胞を少し採取し生物工学適用することによって、皮膚作り出せる手足の形、皮膚の形はコンピュータ上で設計することができる。人工肢などは切断された人のニーズに合わせて皮膚移植必要とする患者に合わせてカスタマイズできる。 3Dプリンタは、ナノテクノロジー使ってこれらのオブジェクトレイヤー単位1時間以内印刷する2015年初頭には、プラスチックだけでなく、強度が高いなど独自の特性を持つ材料であるグラフェンなどを使いはじめた研究者らは、ナノ構造作るために、マイクロピペット技術使ってグラフェン印刷することが可能であることを証明している。印刷されるナノ構造およびグラフェン構造は、波打った構造など様々な構造生成することができる。コンピュータ使用して科学者および医療従事者は、患者の体に合わせてカスタマイズされた特殊な人工物をつくるために、CTなどで患者の型を取る。これにより人工物はより快適になり、より自然に機能する将来、この技術医学製造変えるだろう。NBIC(ナノバイオ情報認知ベース技術)の大きな可能性3Dバイオプリンティング享受し戦略的に医学外科手術進歩遂げ患者医療従事者時間コスト大幅に節約する可能性をもっている。 ハーバード大学研究者2016年10月に、世界で初め統合センサー付きのheart-on-a-chip(チップの上に配置された心臓心臓の機能小さなチップの上再現するもの)を3D印刷したマイクロ生理学的システムであるこ装置は、人間組織挙動模倣し複合的に構築されチップにのった臓器臓器機能小さなチップの上再現するもの。肺、舌および腸などがある)の中で最も洗練されたものであるorgan-on-a-chipチップ載った臓器)の更なる発展は、医療試験試験動物実験減少させる可能性がある。 IDTechExは、3Dバイオプリンティング市場2028年までに19ドル達すると予測しています

※この「さらなる進歩」の解説は、「3Dバイオプリンティング」の解説の一部です。
「さらなる進歩」を含む「3Dバイオプリンティング」の記事については、「3Dバイオプリンティング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「さらなる進歩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さらなる進歩」の関連用語

さらなる進歩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さらなる進歩のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの3Dバイオプリンティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS