きゅうてんいちいちじけんとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > きゅうてんいちいちじけんの意味・解説 

【9.11事件】(きゅうてんいちいちじけん)

2001年9月11日アメリカ国内線就航する以下の旅客機4機が同時にハイジャックされ、実行犯が命も顧みず世界貿易センタービルWTC)やペンタゴンピッツバーグ近郊墜落させた事件

11日朝、旅客機の操縦技術を持った実行犯たちが、アメリカ国内線定期便4機の操縦室占拠。自ら機体操りそのうち2機がニューヨークマンハッタンにある世界貿易センタービルの各塔にそれぞれ突入し、ビルそのもの崩壊させる結果となった。
また、3機目はアメリカ国防総省ペンタゴン)に突入しその一部破壊、そして4機目はペンシルバニア墜落した。

犠牲者総計はおよそ3800人。一度に起こったテロリズムとしては史上空前絶後の規模犠牲者であった。

そしてこの事件きっかけとして対テロ戦争開始され、アフガニスタンへの攻撃が行われた。
また、民間航空業界に多大影響与えたほか、冷戦終結後の「ホットウォー」時代世界痛感させる出来事でもあり、各国テロリズムへの軍備転換急がせることにもなった。

事件に巻き込まれた旅客機

上記のように、事件巻き込まれたいずれの機体ボーイング社B757B767であった。
両機は共通する部分も多い兄弟機で、コックピットレイアウトがほとんど同一であることから、B767操縦法さえ習得すれば簡単にB757移行することもできる。
そのため実行犯兄弟機利用するフライト選択したと思われる
また、これらのフライト国内線でも長距離路線であり、燃料大量搭載していたこともあって、爆薬代わりとするには十分であったといわれている。

犯人は何者だったのか?

国際的認識されている定説として、犯人ウサーマ・ビン=ラーディン率いるスンニ派イスラム原理主義組織アルカーイダ」のメンバーであり、反米反ユダヤ的な思想に基づくテロリズムであるとされている。
だが、事実関係立証については十分な確証があるとは言い難い
かつて、歴史転換点に起きた事件全てがそうであるのと同様に、この事件についても「隠された真相」を主張する非主流解釈は多い。

実際事件後にアメリカ政府過大戦力投入して一方的報復戦争開始した事がこの事件対す視点を非常に複雑なものとしており、「アメリカ合衆国用意したアメリカ都合の良い見解国際社会鵜呑みにしている」という印象は拭いがたく存在する。

関連特別攻撃 対テロ戦争 アフガニスタン侵攻



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

きゅうてんいちいちじけんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きゅうてんいちいちじけんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2019 Weblio RSS