花の木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 花の木の意味・解説 

はな の き [3] [4] 【花の木】

花の咲く木。
カエデ科落葉高木中部地方山間湿地にまれに自生は三浅裂する。雌雄異株四月の出る前に濃紅色の花がかたまってつく。秋の紅美しい。花楓はなかえで

アメリカはなのき (花の木)

Acer rubrum

Acer rubrum

Acer rubrum

Acer rubrum

アメリカ東部ニューファウンドランド島からフロリダ半島南部にかけて分布しています。東部自生する他の樹木よりも、温度対す適応性があり、広範囲分布します。材質軟らかいことから、「シルバーメープル(A. saccharinum)」とともに、ソフトメープルに分類されます。は6~13センチくらいで、ふつうには3裂し、5裂のもあります。裂片は軟らかく、先端尖り秋に鮮やかな紅色に、また橙色黄色にも紅葉します。3月から4月ごろ、鮮やかな赤色の花を咲かせ、6月果実熟します。名前は、満久崇麿著「同名異木のはなし」のなかで、「葉脈赤色の筋が出ることから」とあります。別名で「ベニカエデ紅楓)」とも呼ばれます。
カエデ科カエデ属落葉高木で、学名Acer rubrum。英名は Red maple

はなのき (花の木)

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

Acer pycnanthum

わが国本州中部地方長野県から岐阜愛知県分布しています。雌雄異株で、山地湿地生えます。浅く3裂し、葉柄淡紅色をしています。4月ごろ、紅色の花を咲かせます。名前はこの花美しいことから。
カエデ科カエデ属落葉高木で、学名Acer pycnanthum。英名はありません。
カエデのほかの用語一覧
カエデ:  瓜楓  猿猴楓  花の木  花の木  梶楓  銀葉楓  砂糖楓

花の木

読み方:ハナノキ(hananoki)

所在 栃木県下野市


花の木

読み方:ハナノキ(hananoki)

所在 神奈川県藤沢市


花の木

読み方:ハナノキ(hananoki)

所在 愛知県名古屋市西区


花の木

読み方:ハナノキ(hananoki)

所在 佐賀県東松浦郡玄海町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

花の木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/22 13:37 UTC 版)

花の木(はなのき)




「花の木」の続きの解説一覧





花の木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「花の木」の関連用語

花の木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

島扉・島海桐

フレモントデンドロン・カリフォルニクム

ユーカリプツス・サマーレッド

野朝顔

鈴鹿薊

カスティレヤ・インディウィサ

ワラタ

椿





花の木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花の木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS