ヒトスジシマカとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > ハエ目 > ヒトスジシマカの意味・解説 

ヒトスジシマカ


ヒトスジシマカ

形態
 ヒトスジシマカは体長約4.5mm、体が黒色で、胸背中央白色の1本の縦線があり、脚は黒地白帯縞状ついているのが特徴である。最も代表的ヤブカ類。
 トウゴウヤブカ体長約6mmとやや大型黒褐色で、胸部黄白色の縦すじが数本あり、脚の関節部に白帯がある。
分布
 ヒトスジシマカは、東アジア東南アジアオーストラリア、アフリアなどに分布日本では秋田県岩手県分布北限で、それ以南分布する。
 トウゴウヤブカは、東アジアから日本全土分布する。
被害
 ヒトスジシマカは、昼間庭先墓地などでよく人を吸血し、アレルギー反応による痒み腫れ引き起こすデング熱媒介者として重要で、第二次世界大戦中デング熱の流行は本種によるものとされている。西ナイルウイルス媒介する危険性もある。
 トウゴウヤブカ墓地林縁などでよく人を刺す。また本種は海岸潮溜まりからも発生できるため、海水浴客や魚釣りをしていると被害にあうことがある
生態
 ヤブカ類は、イエカ類と異なり昼間吸血活動をする。ヒトスジシマカはその最も代表的種類である。発育最適温度環境2530で、産卵から羽化までの日数は2週間前後である。越冬は卵で行う。庭先墓地林中生息し、墓石花立樹間竹薮切り株空き缶、古タイヤなどに溜まった雨水などから発生する。
 トウゴウヤブカ墓石花立樹間竹薮切り株、古タイヤなどから発生するが、その他に海岸潮溜まりからも発生する。ヤブカ類であるが、夜に家屋侵入して吸血することが多く発生源近くでは昼間吸血する。卵と幼虫越冬する。

一条縞蚊

読み方:ヒトスジシマカ(hitosujishimaka)

カ科昆虫

学名 Aedes albopictus


ヒトスジシマカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/26 14:50 UTC 版)

ヒトスジシマカ(一筋縞蚊、学名: Aedes (Stegomyia) albopictus)は、一般にヤブカとも呼ばれるヤブカ属吸血性のの1種。




「ヒトスジシマカ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒトスジシマカに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒトスジシマカ」の関連用語

ヒトスジシマカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒトノミ

アオダイショウ

ヤマトヤブカ

カシノシマメイガ

チャドクガ

クロクサアリ

チモールセンチニクバエ

野犬





ヒトスジシマカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立感染症研究所国立感染症研究所
Copyright: Department of Medical Entomology, NIID
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2016 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒトスジシマカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS