花火 花火の種類

花火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/01 04:34 UTC 版)

花火の種類

兵庫県滝野町夏祭り

花火(広義の煙火)は、打揚花火や仕掛花火など「がん具煙火以外の煙火」と「がん具煙火」に大別できる[4]

  • がん具煙火以外の煙火
    • 信号又は観賞用の煙火
      • 打揚煙火(打上花火、打揚花火)
      • 仕掛煙火(仕掛花火)
    • その他の煙火
      競技用紙雷管発煙筒、照明筒、鳥獣駆逐用煙火などが分類される[4]
  • がん具煙火(おもちゃ花火)
    なお、日本では、がん具として用いられる煙火のほか、発煙火工品や自動車保安炎筒(発炎筒)など法令の適用上がん具に指定されている煙火もこれに分類する[5][4]

消費方法による分類

信号又は観賞用の煙火は消費方法によって打揚煙火(打上花火、打揚花火)と仕掛煙火(仕掛花火)に分類される[4]

打上花火(打揚花火)

隅田川花火大会
鹿児島市、かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会
お台場レインボー花火
佐倉の花火
2020年東京オリンピックの開会式で打ち上げられた花火

火薬を球状に成形した「星」を詰めた紙製の球体「玉」(煙火玉)を打ち上げる花火である。上方を向いた円筒の底に発射薬を敷きその上に玉を置き打ち上げに備える。打ち揚げは「投げ込み」と呼ぶ火種を円筒上方の射出口から投げ入れて発射薬に点火する。打ち上げと同時に玉から出ている導火線に引火し、玉は所定の高さまで上昇しながら導火線が燃え玉内部の割火薬に到達し玉が破裂し星に引火・飛散する。玉の大きさ(花火の高さ)によって発射薬の量と導火線の長さが調整・選定される。玉の破裂後、星には光の尾を引きながら燃焼するもの、落下途中で破裂するもの、色が変化するものなど、様々なタイプがある。玉の内部に星を均一に詰めることが重要であるが、詳細な技術は花火師の秘伝とされる。

仕掛花火

市島川裾祭のナイアガラ(丹波市市島町竹田川
動画:長岡まつり大花火大会「超大型ミラクルスターマイン」

複数の花火を利用するなど作為的に仕掛けを施した花火。

  • スターマイン(速射連発)[4]
    煙火玉や、星、笛等を順序よく配置し、速火線で連結し、高速で次々と連続して打ち上げるもの。枠仕掛けの最後に裏打ちとして使用されることもある。主に2号玉(約6cm)から4号玉(約14cm)の玉が用いられる。これらの制御にパソコンや電子式リレーを多用しているものは「デジタルスターマイン」などと呼ぶことがある。
  • 枠仕掛[4]
    速火線で連結した焔管(えんかん)を、木や鉄パイプ等で文字や絵を型どった枠上に並べて配置し、点火によって焔管が一斉に燃焼することにより、数分程度文字を浮かび上がらせるもの。
  • 綱仕掛[4](ナイアガラ)
    速火線で連結した焔管を数から数十メートルに渡り一列に吊し、点火によって焔管から火の粉が一斉に流れ落ちるもの。一部花火大会では2000mに及ぶものも存在する。ナイアガラ滝から。
  • 水中仕掛[4]
  • 立火仕掛[4]
    星や火の粉を筒から放出・噴出させるもの[4]。手持ちや抱えたまま噴出させるものは「手筒」という。
  • 車花火[4]
    円盤等の周りに火薬を詰めた筒を配置し、火薬の噴射推進力により円盤を回転させ、火の粉を円状に噴出させるもの。

構造性能による分類

信号又は観賞用の煙火は構造や性能によって煙火玉(花火玉)と煙火玉以外の煙火に分類される[4]

煙火玉(花火玉)

打上花火の主流は、打ち上げ時に光が同心円状に広がるものが多く、玉そのものの形も球形をしている。これに対し、初期の花火は打ち揚げても円状にはならず、花火そのものの形も円筒形のものが多かった。円筒形の花火は、球形に比べ、火薬量などを増やすことができ、華やかな光や色を出すことが可能であるが、破裂途中で色の変化をさせることは困難だとされる。かつて、日本の花火も同心円状に広がるものの製造は困難で、一部の武家花火師のみの秘伝とされていたと言われるが、明治期に鍵屋十二代目弥兵衛が技術を取得し、以後、円形の花火が多く作られるようになったとされる。

伝統的に打上花火の「玉」の大きさはで表される。直径約6.06cmの二寸玉(2号玉)から直径約60.6cmの二尺玉(20号玉)、さらに三尺玉(30号玉)、四尺玉(40号玉)まである。二尺玉は直径約500m程度、世界最大といわれている四尺玉は直径約800m程度まで広がる。ただし、この号数表記は打ち揚げ筒(内側)の太さであって、実際の花火玉の直径はこれよりも若干小さくなる。具体的には、20号玉の直径は60cmではなく約57cmである。また、最近[いつ?]開発された世界最小の打ち上げ花火は、玉の直径1cm、打ちあげる距離は2m。ただし、まだ開発段階のため、実用化。

世界の果てまでイッテQ!』の企画で、開花時の直径が推定1kmになる花火玉(四尺三寸大千輪)を作り、打ち揚げた。しかし、花火玉自体が重過ぎたために上昇せず水中で爆発、失敗に終わった。

煙火玉(花火玉)は割物とぽか物に分類される[4]

  • 割物
    星の部分を割火薬で球状に飛散させ開かせるもの[4][2]。中でも星がの花のように尾を引いて広がるものを「菊物」、尾を引かないものを牡丹に喩えて「ボタン物」とよぶ。また、二重の球状に広がるものを「芯物」という。
    割物の変形で土星などの形に星が飛散するものを「型物」という。
  • ぽか物
    空中でくす玉のように割れて部品が飛び出るもの。
    • 音物
      俗に「のろし」「合図花火」等と呼ばれているもの。運動会など様々なイベントの開催の合図に使用されている。3回連続で音が鳴る「3段雷」と5回鳴る「5段雷」が主に使われている。
    • 袋物・吊物など
      和紙など薄紙で袋状に作った人形や、パラシュートに吊った煙玉・旗などがゆっくりと落ちてくる昼花火。特定条件下以外の打ち上げが禁止されている。「袋物」は花火師の平山甚太が1883年にアメリカで特許を取得しているが、これが日本人がアメリカで取得した初の特許である[6]

代表的な打上花火である「割物」の鑑賞のポイントとして以下のようなものがある。

  • 玉の座りがしっかりしているか。玉が昇りつめた点で開いていることを「玉の座りがしっかりしている」という。きれいに広がるための重要なポイントである。
  • 盆が取れているか。星が盆のように真ん丸に見えているか。
  • 消え口が揃っているか。星の色が一斉に変化し、一斉に消えているかである。ただし、わざと消え口をずらしている花火もある。
  • 星がまんべんなく広がり、歯抜けになっていないか。
  • 星の発色が良く、はっきりとした色が出ているか。さらに、星をどのように配色するかは花火師の個性が発揮される重要なポイントである。

煙火玉はスターマインなどの仕掛花火にも用いる[4]

煙火玉(花火玉)以外の煙火

流星(龍勢)のように星を打ち出すロケット花火や、火の粉等を噴出させる手筒花火などである[4][7]

おもちゃ花火

駄菓子屋で売られている玩具花火 (三浦市にて)

かつては玩具花火とも呼ばれたが、日本煙火協会での表記はこちらに統一されている[注 1]。購入や使用に免許が不要な花火の総称で、線香花火のような手で持つものが代表的なものであるが、小型ではあっても打上花火になっていて、筒があって上空で破裂するものも存在する。日本では日本煙火協会が出荷品の検査を行っており、合格したものには「SFマーク」がつけられる。

火薬量の制限は、花火の種類により異なるが、最高でも15グラム以下となっている[8][注 2]。おもちゃ花火であっても、束ねて使う場合はおもちゃ花火とは見なされず、煙火(届出・免許が必要な花火)としての届出が必要になる[9][10]

手持ち玩具花火。ホームセンターなどで手軽に入手可能。

おもちゃ屋などで単品で発売されることも多いが、大抵は一つの種類の数本入りから複数種類の花火100本くらいを詰め合わせにしたものが、晩春から初秋にかけてスーパーマーケットホームセンター駄菓子屋などで売られている。

帰省旅行の際、旅先で使うために出発前に購入したり、使い切れなかった花火を自宅に持ち帰ったりすることがあるが、花火を携行して交通機関を利用する場合、持ち込みに禁止や制限があるので注意を要する。航空機を利用して旅行する場合、安全上の理由から少量であっても機内への持込みも受託手荷物の取り扱いも出来ない[11][12]。列車・バスを利用する場合、少量の持ち込みはできるが、持ち込める量に制限がある[注 3]。また、宅配便での発送はできない[15][16]

ヘビ花火
火薬量5グラム以下[5][8]。「ヘビ玉(法令上は「へび玉」)」ともいい、地方によって名称の違いあり。色は黒。
後述のネズミ花火と同じく、生物名が付いた花火として知られる。
円形の炭状の火薬に火を点けると煙と共に燃えカスがヘビのような形状に伸びていく構造の花火。普通の花火とは異なり、色鮮やかな色の火花は出ず、煙しか出ない。このため、昼花火の一種に入れられることもある。
ネズミ花火
火薬量1グラム以下。または、火薬量0.9グラム以下かつ爆薬0.1グラム以下[8]。炎を吹き出すタイプのひも状の花火を、円形に組んだもの。1929年創業の筒井時正玩具花火製造所の初代・筒井時正が考案[17][18][19]。火を点けて炎が吹き出すと重心に対して回転を与える向きの力がかかるため、地面に置かれた場合、高速に回転してその勢いで地面をはい回る。円形の炎がシュシュッと音を立ててはい回る様がネズミに喩えられたためにこの名がある。最後にパンとはじけるような仕掛けを施されたものが一般的。最近[いつ?]は使い方が分からない人が多く、やけどをする人も珍しくないようである。
コマ花火
ネズミ花火の応用型で、本体が独楽(こま)状になっている。ネズミ花火よりも高速に回転できるため、うなるような音を立てて地面上で回転する。
トンボ花火
コマ花火の応用系。双方向に噴射する本体の花火筒に二枚の紙羽根が付いており、表面を上にして平らな場所に置いて打ち上げる。二か所からの噴射力によって高速回転を行い、風を受けた紙羽根によって揚力を得て高速で錐揉み上昇する。上昇時に二段階で急上昇する特徴がある。日中でも使えるため、昼花火の一種に入れられることもある。
UFO花火
トンボ花火からの派生花火。扇風機の様な小型のフィンがついているため回転と同時にフィンに風を受け上昇する。平らな所に置かないと予想しない方向に飛んだりするので、注意が必要。日中でも使えるものもあり、昼花火の一種に入れられることもある。
線香花火
線香花火
火薬量は法律によれば0.5グラム以下[5][8]とされているが、実際には0.06 - 0.08グラム程度である。こよりや細い竹ひごの先端に火薬を付けた花火。日本の夏の情緒を代表する花火である。火を付けると火薬が丸くなり、小さな火花を散らすようになる。燃え方に様々な名前が付いている。現在[いつ?]でも開発が行われている。最も長く安定させて燃えさせるには45度の角度に傾けた方が良いとも言われている。
ロケット花火
火薬量0.5グラム以下かつ爆薬(笛音薬)2グラム以下[5][8]。打ち揚げ式の花火。などを発射台にする。打ち揚げ後破裂するものと破裂しないもの、曳光の有るもの無いものがある。破裂しない物の場合は打ち揚げ時の大きな音を出すように改良されているものが多い。燃えカスが回収できないという問題があるため、海岸での使用を禁止している自治体も存在する。
こうもり花火
基本的にはロケット花火と変わらないが、コウモリのような羽がついており、真上に急上昇、柄が無いなどの特徴がある。地方によって名称の違いあり。
単発打上げ
火薬量10グラム以下[5][8]。一般的な打上花火。筒物で数個または1個の星を1回打ち上げる。筒状の容器に火薬を仕込んであるが、一部は業務用の打上花火同様に、球形の丸玉に火薬を仕込んだ製品もある。
連発打上げ
火薬量15グラム以下[5][8]。「乱玉」とも。筒物(筒の内径1㎝以下)で、火を付けると複数の星が間欠的に飛び出す。筒1本あたり、5連発から30連発程度まである。発数が多い製品は、複数の筒が最初から仕込まれていて、総数で70連発程度まで実現している。
パラシュート花火(袋物)
火薬量10グラム以下[5][8]。打上花火の一種で、昼花火の一種でもある。法令上は単発打上げと同一の扱い。上空で破裂した玉の中に袋が入っており、万国旗やパラシュートが降りてくる仕組み。おもちゃ花火で小さなものが若干生産されている。1931年に細谷火工(創業1906年。1990年にホソヤエンタープライズの名で花火部門が独立[20])によって製造されたものが始まりとされる。電線にひっかかるなどの障害が生じるため、打ち上げの際には注意が必要。
噴出花火
火薬量15グラム以下[5][8]。紙製の筒から火花を噴水のように吹き上げるもの。かつて一世を風靡した太田煙火製作所の「ドラゴン」が代表的な製品である[21][22]。地面に置いて、導火線に点火して使う。手持ち用として小パイプほどの太さに改良されたものもあり、後述のススキに似る。
ススキ(より物)
火薬量10グラム以下[5]。手持ち用。竹ひご・針金などの持ち手に、火花の出る紙製の筒を取り付けた物。「朝顔」など、地方によって名称の違いがある。
銀波(より物)
火薬量10グラム以下[5]。手持ちまたは吊り下げ用。糸に、火花の出る紙製の筒をぶら下げた物。複数個の銀波を、あらかじめ用意した台などに吊り下げて同時に点火することで、擬似的にナイアガラ花火を再現できる。このため、複数個セットが「ナイアガラ」などの名称で市販されている。
スパークラー(ねり物)
火薬量10グラム以下。または、粉を30%以上含んでいる火薬量15グラム以下[5]。手持ち用。竹ひご・針金などの持ち手に、火薬を直接塗り込んだもの。
絵型
火薬量10グラム以下[5]。手持ち用。厚紙製の持ち手に、パイプを取り付け、火薬を詰め込んだもので、パイプの先に点火して使う。パイプはプラスチック製のものが多いが、環境問題から紙製のものも増えている。
爆竹
1本で火薬量1グラム以下かつ爆薬0.05グラム以下。また、20連発以下の制限もある[5][8]。長さ数センチの小型の花火。多くの場合複数の爆竹が導火線によって結びつけられており連続して爆発するようになっている。花火としての歴史は古く、もっとも古い種類の花火とする説もある。中国系文化圏では、旧正月などを祝うために使われる。別名、ダイナマイト。
クラッカー
爆薬量0.05グラム以下[5][8]。長さ10cm程度の小型花火。発破同様、音を楽しむ花火であるが発破とは異なり単体で使用する。導火線は無く、代わりに筒の先端に有る火薬が導火線の役目を果たしている。点火後5秒程度で破裂する。
煙花火(煙玉)
火薬量15グラム以下[5][8]。球体をしたもの(玉のはさまざま)。花火の一種。火をつけるとその名のとおり煙を吹く。殆どが色の付いた煙を出す。もっぱら花火の使われ方より、その特性から悪戯などに使われるのが非常に多い。地方によって名称の違いあり。
癇癪玉(かんしゃくだま)
爆薬量0.08グラム以下。また、直径1センチメートル以下、総重量1グラム以下の制限もある[5]。踏んだり、物に当てたりするとがなる。パチンコなどで飛ばすことが多い。クラッカーボールと呼ぶ場合もある。
これを大型化したものが、異常時に線路上にセットし、列車が通過すると爆音を発して緊急停止を促す信号雷管である。
紙火薬
「平玉」は爆薬量0.01グラム以下。また、一粒の直径4.5ミリメートル以下、高さ1ミリメートル以下の制限もある。「巻玉」は爆薬量0.004グラム以下で、なおかつ一粒の直径3.7ミリメートル以下、高さ0.7ミリメートル以下[5][8]遊戯銃、あるいは陸上競技のスタート用のピストルなどに使用され、火薬部分に打撃が加わると発火し、火花と破裂音を放つ。小粒な火薬を赤い巻紙に等間隔で配置したものを巻玉火薬、ミシン目の入った赤色または黄色のシートにやや大きめの火薬を配置したものを平玉火薬と呼ぶ。大量にまとめて使われる危険性があるため、後述のキャップ火薬の普及により淘汰されつつある。
キャップ火薬
キャップ火薬
主に遊戯銃に使用される、プラスチック製のキャップに紙火薬同様の火薬を詰めたもの。過剰装てんなどのおそれがなく、紙火薬より取り扱いが容易かつ発火も確実である。特にモデルガンに使用されるものは、作動を確実にするために厳密に調整されており、価格も高い。種類は、直径5mmと7mmの2種類ある。

注釈

  1. ^ 火薬類取締法、および火薬類取締法施行規則では「がん具煙火」と表記する。
  2. ^ 火薬類取締法施行規則で、広義のおもちゃ花火である「緊急保安炎筒」(発炎筒)、「模型ロケットに用いられる噴射推進器」、「内容物盗用防止装置付きかばんに用いられる発煙火工品」は、これより多量の火薬使用が認められている。最も火薬を使えるのは、発炎筒の150グラムである。
  3. ^ たとえばJR東海では、旅客営業規則にて列車に持ち込めない危険品を定めており、適用除外の物品に「がん具煙火、競技用紙雷管及びその他のがん具用軽火工品で、容器・荷造ともの重量が1キログラム以内のもの。」とあり、これを上回る量は持ち込めない[13]。他の鉄道事業者でも類似する規則をそれぞれ定めている。バスの場合は、旅客自動車運送事業運輸規則により100グラムを超える量の持ち込みを禁じている[14]
  4. ^ “打ち上がって、花が開き、それが落ちていくまで「たーーーまやーーー」と声を出し続けるのが本寸法だと言い伝えられている。享保18年(1733年)の両国での花火大会はわずか二十発程度だったという”[33]

出典

  1. ^ 日本の花火の3つの仕組み”. 2023年7月15日閲覧。
  2. ^ a b 日本煙火協会『花火入門 平成28年版』2017年、11頁。 
  3. ^ ふりがな文庫. ““華火”の読み方と例文|ふりがな文庫”. furigana.info. 2023年7月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 火薬類(煙火)消費許可申請の手引”. 東京都環境局. p. 63. 2017年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 火薬類取締法施行規則(昭和二十五年通商産業省令第八十八号) 第一条の五”. e-Gov法令検索 (2017年4月1日). 2021年8月11日閲覧。
  6. ^ “明治期の花火が横浜に里帰り、オランダ在住の男性が開港資料館に寄贈 専門家「現存、珍しい」/横浜”. 神奈川新聞 (カナロコ). (2013年10月14日). オリジナルの2013年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131014173307/http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1310140003/ 2013年10月14日閲覧。 
  7. ^ 日本煙火協会『花火入門 平成28年版』2017年、24頁。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 令和3年夏 花火入門”. 日本煙火協会. 2021年7月21日閲覧。
  9. ^ 連発花火”. 太田煙火製造所. 2021年7月21日閲覧。
  10. ^ ピーターBaN (2018年8月12日). “コンビニで売ってる花火だけでロケットランチャーをつくったらとんでもない事になったw”. YouTube. ピーターBaN TV. 2021年7月21日閲覧。
  11. ^ おあずけ・機内へのお持込に制限がある手荷物 | 安全・運航情報 | JAL企業サイト - 日本航空
  12. ^ ANA 手荷物[国内線]制限のある手荷物(機内持ち込み・お預かりできないもの)- 全日本空輸
  13. ^ 東海旅客鉄道株式会社旅客営業規則 別表第4号 (PDF)
  14. ^ 旅客自動車運送事業運輸規則第52条2項
  15. ^ Q04.宅急便で送れない品物はどんなものがあるのですか? - ヤマト運輸
  16. ^ 花火はゆうパックで送れますか? - 日本郵便
  17. ^ 400年も形を変えずに残って来たスボ手牡丹の歴史も、うちが作るのをやめたら途絶えてしまう。 | ヒトコト・モノコト
  18. ^ 花火製造職人
  19. ^ エンジニア
  20. ^ 会社概要株式会社ホソヤエンタープライズ
  21. ^ 中国に負けるな、再び燃えろ!国産ドラゴン 花火会社8年ぶり製造再開」『産経WEST』、2016年8月8日。2019年5月16日閲覧。
  22. ^ (株)太田煙火製造所の商品紹介”. 株式会社太田煙火製造所. 2019年5月17日閲覧。
  23. ^ 桜井弘「化学が好きになる元素図鑑」『Newton』第43巻第11号、ニュートンプレス、2023年11月7日、28-29頁、JAN 4910070471135 
  24. ^ a b c d e f g h i j Trace vol.16”. NTTファイナンス. p. 1. 2017年4月13日閲覧。
  25. ^ a b [1]日経産業新聞』2022年11月1日グローバル面(2022年11月4日閲覧)
  26. ^ 『フロイス日本史 8 豊後篇2』(1昭和53年(1978年)12月20日発行/訳者:松田毅一川崎桃太 発行所:中央公論社)19~23頁
  27. ^ 和漢三才図会. 巻之1-20』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  28. ^ 【Women & Work】技術も情熱も 家業 私が継ぐ/花火研究で博士号■経営工学学ぶ日本経済新聞』朝刊2018年11月26日(女性面)2018年12月15日閲覧
  29. ^ 福澤徹三「享保一八年隅田川川開開始説の形成過程」すみだ郷土文化資料館編『隅田川花火の三九〇年』(すみだ郷土文化資料館、2018年)186、192-193頁
  30. ^ 国史大辞典 第6巻』(吉川弘文館、1985年)、コレラの項。
  31. ^ 福澤徹三「享保一八年隅田川川開開始説の形成過程」すみだ郷土文化資料館編『隅田川花火の三九〇年』(すみだ郷土文化資料館、2018年)192頁
  32. ^ 『江戸東京地名辞典』(講談社学術文庫
  33. ^ 中日新聞』「中日春秋」(2014年7月28日)
  34. ^ a b フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。 
  35. ^ 岡田登 (1995). イタリア初期の花火と日本への伝流 
  36. ^ a b 日本放送協会. “花火大会復活で注文増 花火の製造会社では生産急ピッチ|NHK 北海道のニュース”. NHK NEWS WEB. 2023年9月1日閲覧。
  37. ^ 【絶景夏写真】2023年「必見花火大会」を大公開!”. ライブドアニュース. 2023年9月1日閲覧。
  38. ^ 福岡・筑後市でサプライズ花火、自粛生活が続く市民にエールを”. 西日本新聞me. 2023年9月1日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 我が国におけるがん具煙火の規制概要について 経済産業省
  40. ^ a b Grima, Matthew; Butler, Mark; Hanson, Robert; Mohameden, Ahmed (2012). “Firework displays as sources of particles similar to gunshot residue”. Science & Justice 52 (1): 49–57. doi:10.1016/j.scijus.2011.04.005. ISSN 13550306. 
  41. ^ Baranyai, Edina; Simon, Edina; Braun, Mihály; Tóthmérész, Béla; Posta, József; Fábián, István (2014). “The effect of a fireworks event on the amount and elemental concentration of deposited dust collected in the city of Debrecen, Hungary”. Air Quality, Atmosphere & Health 8 (4): 359–365. doi:10.1007/s11869-014-0290-7. ISSN 1873-9318. 
  42. ^ Tiwari, S.; Chate, D. M.; Srivastava, M. K.; Safai, P. D.; Srivastava, A. K.; Bisht, D. S.; Padmanabhamurty, B. (2011). “Statistical evaluation of PM10 and distribution of PM1, PM2.5, and PM10 in ambient air due to extreme fireworks episodes (Deepawali festivals) in megacity Delhi”. Natural Hazards 61 (2): 521–531. doi:10.1007/s11069-011-9931-4. ISSN 0921-030X. 
  43. ^ Moreno, Teresa; Querol, Xavier; Alastuey, Andrés; Cruz Minguillón, Mari; Pey, Jorge; Rodriguez, Sergio; Vicente Miró, José; Felis, Carles et al. (2007). “Recreational atmospheric pollution episodes: Inhalable metalliferous particles from firework displays”. Atmospheric Environment 41 (5): 913–922. doi:10.1016/j.atmosenv.2006.09.019. ISSN 13522310. 
  44. ^ Fireworks Displays Linked To Perchlorate Contamination In Lakes
  45. ^ a b Munster, Jennie; Hanson, Gilbert N.; Jackson, W. Andrew; Rajagopalan, Srinath (2008). “The Fallout from Fireworks: Perchlorate in Total Deposition”. Water, Air, and Soil Pollution 198 (1-4): 149–153. doi:10.1007/s11270-008-9833-6. ISSN 0049-6979. 
  46. ^ a b Yamada, Etsu; Asano, Hiroki; Fuse, Yasuro (2009). “Behavior of Atmospheric Perchlorate in Kyoto City”. BUNSEKI KAGAKU 58 (4): 241–247. doi:10.2116/bunsekikagaku.58.241. ISSN 0525-1931. 
  47. ^ Perchlorate Behavior in a Municipal Lake Following Fireworks Displays - Environmental Science & Technology (ACS Publications)”. Pubs.acs.org. 2010年6月24日閲覧。
  48. ^ Interim Drinking Water Health Advisory For Perchlorate”. U.S. Environmental Protection Agency. 2017年7月30日閲覧。
  49. ^ KOSAKA, Koji; ASAMI, Mari; MATSUOKA, Yukiko; KAMOSHITA, Masahiro; KUNIKANE, Shoichi (2007). “Occurrence of Perchlorate in Water Purification Plants in Tone River Basin”. Journal of Japan Society on Water Environment 30 (7): 361–367. doi:10.2965/jswe.30.361. ISSN 0916-8958. 
  50. ^ Perchlorate | Drinking Water Contaminants | Safewater | Water | US EPA”. Epa.gov. 2010年6月24日閲覧。
  51. ^ Perchlorate in Drinking Water”. Cdph.ca.gov. 2010年6月24日閲覧。
  52. ^ New Scientist - Great fireworks, shame about the toxic fallout
  53. ^ Gouder, Caroline; Montefort, Stephen (2014). “Potential impact of fireworks on respiratory health”. Lung India 31 (4): 375. doi:10.4103/0970-2113.142124. ISSN 0970-2113. 
  54. ^ Perchlorate”. Dtsc.ca.gov. 2010年6月24日閲覧。
  55. ^ Castaic Lake Water Agency v. Whittaker, 272 F. Supp. 2d 1053 (United States District Court, C.D. California. July 15, 2003.).
  56. ^ Knee, Karen. Philadelphia Inquirer. 4 Jul 2009. Pa. company works to make fireworks greener
  57. ^ インド、首都で花火販売禁止”. 朝日新聞 (2017年10月22日). 2018年5月25日閲覧。
  58. ^ 花火を尻に挟んで大やけど、パーティーの余興でAFPBB.News 2012年07月30日]
  59. ^ 花火工場が爆発 二人死に八人が重軽傷『朝日新聞』1969年(昭和44年)12月2日 12版 15面
  60. ^ 失敗事例データベース
  61. ^ 花火爆発 5人死亡、8人けが 中国内モンゴル - livedoorニュース
  62. ^ 花火大会で花火爆発、100人ケガ 中国 - 日テレNEWS24
  63. ^ ナイジェリアの花火倉庫で大規模な爆発 - AFPBB News
  64. ^ 花火工場で爆発、47人死亡”. CNN (2020年10月27日). 2020年12月4日閲覧。
  65. ^ 花火工場爆発、重傷の51歳男性が死亡 浜松”. 朝日新聞DIGITAL (2018年6月29日). 2020年12月4日閲覧。
  66. ^ トルコ 大量の花火が爆発 4人死亡 新型コロナで売れ残る”. NHK (2020年7月4日). 2020年12月4日閲覧。
  67. ^ 爆竹工場で爆発、19人死亡 インド” (2021年2月13日). 2021年2月13日閲覧。
  68. ^ タイの花火倉庫で爆発、子供ら10人死亡・100人超けが…溶接作業の火花が引火か”. 読売新聞 (2023年7月30日). 2023年7月29日閲覧。
  69. ^ 新聞集成明治編年史. 第十卷』 - 国立国会図書館デジタルコレクション. 2016年3月27日閲覧。
  70. ^ 100人超死亡のインド花火大会、6人を訴追へ”. AFP (2016年4月11日). 2023年10月10日閲覧。
  71. ^ 山火事で194平方キロ焼失、少年に40億円の支払い命令”. CNN (2018年5月22日). 2018年5月24日閲覧。



-花火-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 09:56 UTC 版)

-花火-」(はなび)は、日本のバンドTUBEの27枚目のシングルである。1998年6月3日発売。発売元はソニー・ミュージックレコーズ




「-花火-」の続きの解説一覧




花火と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花火」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



花火のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花火 (改訂履歴)、-花火- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS