登山 登山の目的

登山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 22:34 UTC 版)

登山の目的

レクリエーション

説明板と休憩場が設置された山頂部

レクリエーションとしての登山の魅力は、ゆっくりと傾斜を歩くことによる有酸素運動や、新陳代謝の活性化、あるいは景観や自然の風景そのものを楽しむことにある。他にも、森林浴(リラクゼーション効果)を楽しんだり、ともに登山をする人との交流や、冬山を登る際にはスキー滑走を目的としたりする場合もある。その目的は人により千差万別であり、それぞれの目的に合った登山の方法がある。また日本は山の国であって、散歩の延長で登れるような手頃な山から、踏破に3-4日かかるものまで様々な山を歩くことができる。また同じ山でも簡単なルートや難所の多いルートなどがあり、各々の力量や体力に合わせ登山を楽しめる場所が多い。日本においては、以前は登山というとワンダーフォーゲルや山岳部のイメージが強く、厳しくつらく、特殊な世界と見られがちであった。しかし近年、登山靴や登山用具の発達・軽量化によって、中高年世代においても一種の登山ブームと言える現象が起きた。高齢者でも気軽に登山(ハイキング)やトレッキングができるように整備がなされ、体力にあった登山ルートで無理なく景色や運動を楽しむことができるようになってきている。

標高が高くても、中腹の高所まで鉄道ロープウェイ路線・貸切バスで上れる山もある(立山室堂駅駒ヶ岳の千畳敷駅など)。

また高山や地形・気候が厳しい山への挑戦と対照的に、高さ数メートルのものを含めた低山巡りも趣味として広まりつつある[55]

一方で登山人口における高齢者の割合が高くなるにつれ、遭難・事故件数も増えつつある(#登山における事故参照)。また、速度を競い走る速さで登山をするトレイルランニング練習者と一般登山者の衝突事故、競技用自転車との交通事故も起きている。

スポーツ(山岳競技)

国体には山岳競技があり(国民体育大会山岳競技)、縦走[注 17]競技とクライミング競技の2種目で構成される。縦走競技は、規定の重量を背負い、決められたコースを歩ききる時間を競う。クライミング競技は、人工壁をフリークライミングのスタイルで登り、到達高度を競う。

高校総体も、競技形式の登山を実施している[* 6][* 7][* 8]

他にも岩を登る行為を競技として行うフリークライミング、山道を走ってその順位を争うトレイルランニングやスカイランニング等の競技がある。いずれも、山や岩場で行う競技であるため、安全や体調管理に十分に注意する必要がある。

ヨーロッパで盛んな山スキーも雪山を登ることから登山競技の一種である。

アート

風景画山岳写真小説の題材とすることも登山の目的のひとつとして挙げられる。山が多く四季の表情に恵まれた日本では、山岳の美しさ、険しさ、優しさなどを心情表現として、古来からアートの対象になってきた。最近は、デジタルカメラの小型軽量化・高性能化に伴い、山岳地での写真撮影も容易なものとなっている。

宗教活動

修験道の場として、立山御嶽山甲斐駒ヶ岳など全国各地の霊山で登山が行われてきた。江戸時代に始まった富士講も、山岳信仰のひとつとして挙げられる。

職業

もともと伝統的に山で自然資源を得るための登山が存在した。たとえば東北地方に存在するマタギと呼ばれる狩猟集団が行っていたことである。今ではかなり人数が減少したが、マタギを行っている人はいる。また地元住民らが山菜キノコを採って販売するために入山することも仕事としての登山である。山菜・キノコ採りは資源枯渇や自然環境に影響を与えるほどの量を採ることはせず、狩猟をする場合も乱獲は避けるのが望ましいとされる。

山麓から山頂まで荷物を人力で運ぶために登山する職業を歩荷(ボッカ)あるいは強力(ごうりき)といい、現在でもそれを行う人がいる。ヒマラヤ地方のシェルパという部族には、山で荷物運びを行ったり(下で説明するような)登山ガイドの仕事をして収入を得ている者が多数いる。

また、登山ガイド登山家などもいる(登山ガイドは広義の登山家に含まれる)。

登山ガイドは登山の初心者やその山に不慣れな登山者のガイドを請け負い、山を案内して収入を得る。そのためその山に対する深い知識と、不慣れな登山者を安全に案内するための経験や技能が必要となる。登山がさかんな国(例えばフランスなど)では高山ガイドの資格認定を行っている組織がある。日本では現在は、公益社団法人日本山岳ガイド協会が、ガイドの資格認定を行っている。その資格には、世界中の山を案内できる国際山岳ガイドや、里山を案内する登山ガイドなどさまざまな資格がある。また長野県においては独自のガイド資格として信州登山案内人の資格を策定している。[57]

また、あまり数は多くないが、著名な登山家の一部は、8000m級の山を単独で登ったり無酸素登攀したりといった難しいアタックをする際、大企業やテレビ局スポンサー契約を結び、それによって登山に必要な莫大な費用の一部もしくは大半を確保することがある。幸運にもアタックが成功した場合は企業の広告塔としてCMに出演したりすることなどによって、うまくすれば利益を得ることもある、だがアタックに失敗すると命を落としてしまったり、なんとか生還した場合でも、負傷してしまったり、スポンサー契約を失い苦境に陥ることもある。こういった登山家や山岳ガイドの中でも特に名前を知られている者は講演活動をしたり著書を出版して、生活費の足しにしたり、さらなる挑戦のための費用の一部を得る人もいる。

軍事

登山は軍事教練に利用される場合もある。1902年には青森県の八甲田山八甲田雪中行軍遭難事件が発生した[58]。こうした訓練を重ね、高地や急峻な地形での戦闘を得意とする山岳戦部隊を保有する国もある。


注釈

  1. ^ うっかりテントのポール(柱)をザックに入れ忘れて、山中で窮地に陥る登山者も多い。
  2. ^ 登山の楽しみのひとつでもあるので、若干量ならば嗜好品も持ってゆく登山者も多い。
  3. ^ ただし、複数のウェアにフードがついている場合は反って邪魔になることもある。レイヤリングの中で1着だけフード付きのウェアにすると解決できる。
  4. ^ アパレルメーカーによってはスキンウェアまたはドライレイヤーと称する場合もある。いずれの場合でも汗をベースレイヤーに吸収させる役割を持つ。[要出典]
  5. ^ 冬山用には中綿やフリースを組み合わせてミッドレイヤーとしての役割も合わせ持つアウターもある。[要出典]
  6. ^ 体力や装備、あるいは天気図に関する技能・知識や、高山植物応急処置の方法、テントの設営技術等を、審査員がそれらの達成度を採点し、高校ごとに順位を決定する。隊列に遅れず登頂を目指すのも体力点として高得点ではあるが、他にもマナーや態度、知識や服装にも気を遣う必要がある。
  7. ^ 3〜4日間をテントで過ごし、食事も寝床もすべて自分達で持ち歩き準備しなければならない登山競技は、インターハイにおいては最も厳しい競技のひとつである。
  8. ^ 地方大会では実力の優劣をはっきりとさせるために重量規制があり、現段階では4人で60kgという規定がある。その60kg以外に、飲料として使用する、ケガの治療などとして使用するために綺麗な水なども要するため、実質70kgにも75kgにも及ぶことなどが多々あるという。
  9. ^ 厳密に言えば登山とトレッキング、ハイキング、ワンダーフォーゲルには細かい差異があるが、山岳での野外活動という点で共通している。
  10. ^ ナイロンザイル事件を参照。
  11. ^ 「行事」も「人事」も、ここでは、人間が行う事柄を指す。
  12. ^ ある主要な季語について別表現と位置付けされる季語を、親子の関係になぞらえて、親季語に対する「子季語」という。「傍題」ともいうが、傍題は本来「季題」の対義語である。なお、子季語の季節と分類は親季語に準ずる。

出典

  1. ^ ただしアルピニズムという語が生まれたのは19世紀後半であるとされている[4][6]
  2. ^ モーセシナイ山から十戒を授かり、神との契約関係に入ったとされる[5][7]
  3. ^ 山が美の対象として認識されるようになったのはルネサンス時代からであるとされる[10]
  4. ^ 翌年にはソシュール自身も登頂に成功した[10]
  5. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、この大正期から昭和初期、戦争によって下火になるまでの間のブームを、第1次登山ブームと呼んでいる[29]
  6. ^ 東久邇宮稔彦王秩父宮雍仁親王が登山に親しんだ[30]
  7. ^ 1925年(大正14年)長野県制定の登山者休泊所及案内者取締規則により山案内人の公的な資格認定が始まり、その流れは1953年(昭和28年)の長野県観光案内業条例に引き継がれた。この条例の資格を受けた者は、2001年(平成13年)は579人[31]
  8. ^ 登山者は非国民と呼ばれるなどの時代情勢になった[35]
  9. ^ アンナプルナはフランス隊による「人類初」の8000メートル峰登頂、エベレストはイギリス隊のエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイによる世界最高峰初登頂、マナスルの初登頂は槇有恒率いる日本山岳会隊の今西壽雄とシェルパのギャルツェン・ノルブによるもの。
  10. ^ 谷川岳の遭難死者数は2008年(平成20年)までに792人であり、「世界でいちばん遭難死者が多い山」としてギネス世界記録に認定されているという[40]
  11. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、このブームを第2次登山ブームと呼んでいる[42]。同書によれば、一般的には、このブームを第1次登山ブームと呼ぶ場合が多いという[43]
  12. ^ 「旅行会社のパック旅行のような[45]」形態のツアー登山の先駆けは、1970年代末頃と考えられる[44]
  13. ^ 2007年(平成19年)日本アルパイン・ガイド協会が日本山岳ガイド協会を脱会、2010年(平成22年)1月現在、山岳ガイドの資格認定を行う全国的な団体は2団体となっている[41]
  14. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、ここから続くブームを第3次登山ブームと呼んでおり[46]、このブームの始期は1980年代後半から1990年代初頭と認識するのが妥当ではないかとしている[47]
  15. ^ メンバーの体力・技術・経験からパーティの能力を考え、それに適合した山を選ぶ[8]
  16. ^ 極地法と反対に、少人数でメンバー交代をせず、行動開始地点から短期間で一挙に目的地に達する方法をラッシュタクティクスという[48][49]
  17. ^ 尾根をつたい、いくつもの山頂を歩いてゆくこと[56]
  18. ^ 「高山病」の発症リスクは体力の有無とは関係なく、また、高齢者より若い人に多く発症する症候群である[66]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 登山(とざん)とは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『大日本百科全書』「登山」徳久球雄 執筆。
  3. ^ a b コトバンク-マイペディア
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n アルピニズムとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 平凡社 2011, p. 265.
  6. ^ Alpinism”. Merriam-Webster, Incorporated. 2018年12月23日閲覧。
  7. ^ モーセとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 平凡社 2011, p. 267.
  9. ^ ヒストリア・アウグスタ ハドリアヌス 13。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 平凡社 2011, p. 266.
  11. ^ a b 堀田 1990, pp. 10–18.
  12. ^ アルプスとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  13. ^ ママリーとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  14. ^ 堀田 1990, pp. 19–26.
  15. ^ a b c 菊地 2003, pp. 11–72.
  16. ^ a b c d e f g h i 大町山岳博物館 1974, pp. 260–273.
  17. ^ 山岳信仰-日本文化の根底を探る-. 中公新書. (2015) 
  18. ^ 丹沢の行者道を歩く. 白山書房. (2005) 
  19. ^ 山岳宗教史研究叢書. 名著出版. (1974-1985) 
  20. ^ 服部 2007, pp. 61–104, 105–155.
  21. ^ 服部 2007, pp. 136, 138–155.
  22. ^ a b 『山と高原地図 51六甲・摩耶・有馬』 昭文社〈エアリアマップ〉、1994年、小冊子p.12『登山史』。調査執筆:赤松滋。
  23. ^ a b c はま 1994, pp. 165–171.
  24. ^ 大町山岳博物館 1974, p. 2.
  25. ^ 大町山岳博物館 1974, p. 48.
  26. ^ 菊地 2003, pp. 60–62, 156–169.
  27. ^ 羽根田 2010, pp. 16, 18.
  28. ^ a b c 菊地 2003, pp. 74–125, 170–187.
  29. ^ a b 羽根田 2010, pp. 18, 25.
  30. ^ a b 羽根田 2010, pp. 18, 19.
  31. ^ 菊地 2003, pp. 178–180.
  32. ^ 羽根田 2010, p. 19.
  33. ^ 羽根田 2010, pp. 22, 24.
  34. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “堀田弥一” (日本語). コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年11月24日閲覧。
  35. ^ a b 羽根田 2010, p. 25.
  36. ^ 羽根田 2010, pp. 25–26.
  37. ^ 羽根田 2010, pp. 29–30.
  38. ^ 羽根田 2010, p. 30.
  39. ^ 羽根田 2010, pp. 29–32.
  40. ^ a b 羽根田 2010, pp. 32–35.
  41. ^ a b c 羽根田 2010, pp. 236–238.
  42. ^ a b 羽根田 2010, pp. 29–30, 39.
  43. ^ 羽根田 2010, pp. 18.
  44. ^ a b 羽根田 2010, pp. 224–227.
  45. ^ 羽根田 2010, p. 225.
  46. ^ a b 羽根田 2010, pp. 50–53.
  47. ^ 羽根田 2010, pp. 52.
  48. ^ a b c d 極地法(キョクチホウ)とは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  49. ^ ラッシュタクティクスとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  50. ^ a b c d レイヤリングシステム”. 株式会社モンベル. 2018年7月7日閲覧。
  51. ^ a b c d 「ステップアップ雪山登山2018 ②雪山レイヤリング術」『山と渓谷 (2017年12月号)』通巻第992号、山と渓谷社、東京、2017年11月、 92-117頁、 ASIN B0765RJDTP
  52. ^ 高橋庄太郎 『トレッキング実践学』エイ出版、2010年、50-51頁。ISBN 978-4777916047 
  53. ^ 『こどもと始める 家族で山登り: 安全に楽しむコツとテクニック』 CSP編、阪急コミュニケーションズ、2013年3月、76-77頁。
  54. ^ 土屋智哉 『ウルトラライトハイキング』山と渓谷社、2011年。ISBN 978-4635150248 
  55. ^ そこに低い山があるから 全国行脚し272の低山制覇/「低山倶楽部」隊長・加藤浩二『日本経済新聞』朝刊2017年1月22日中村みつを『東京まちなか超低山』(ぺりかん社)など[要文献特定詳細情報]ただし登山や散策の対象として認識されていないため放置され藪に覆われるなどしていて、却って登頂が困難な低山もある。[要出典]
  56. ^ 縦走(じゅうそう)とは - コトバンク”. 2018年12月21日閲覧。
  57. ^ 信州登山案内人を紹介します”. 長野県観光部山岳高原観光課. 2018年7月2日閲覧。
  58. ^ “八甲田山で雪中行軍遭難、大惨事に”. 佐賀新聞. オリジナルの2017年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171214072034/http://www1.saga-s.co.jp/koremade/timetrip/1902/02.html 2014年10月7日閲覧。 
  59. ^ 羽根田 2010, pp. 73–79.
  60. ^ 羽根田 2010, pp. 70–73.
  61. ^ 羽根田 2010, p. 71.
  62. ^ 平成20年中における山岳遭難の概況 (PDF)”. 警察庁生活安全局地域課. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  63. ^ 中高年の山遭難増える 死者・不明は過去最多 J-CASTニュース 2010年6月9日 18:04、2022年1月22日閲覧
  64. ^ 羽根田 2010, pp. 77–79.
  65. ^ a b c 「富士登山 体調急変ご注意」『朝日新聞』2010年6月26日。
  66. ^ メルクマニュアル家庭版, 296 章 高山病”. 万有製薬, MERCK & CO., INC.. 2010年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  67. ^ “海外メディアも人的被害の大きさ速報”. 産経新聞. (2014年9月29日). オリジナルの2014年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/anC5A 2014年10月10日閲覧。 
  68. ^ “御嶽山噴火、心肺停止の3人を発見 3日ぶり捜索再開”. 朝日新聞. (2014年10月7日). オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924074735/http://www.asahi.com/articles/ASGB72SHFGB7UTIL006.html 2014年10月7日閲覧。 
  69. ^ “富士山登山、ヘルメット持参を 山梨知事、避難壕も検討”. デーリー東北. (2014年10月8日). オリジナルの2014年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141015223953/http://www.daily-tohoku.co.jp/news/m2014100801001437.html 2014年10月10日閲覧。 
  70. ^ 登山者の努力事項ご存知ですか?(制度PR資料)”. 内閣府. 2016年2月26日閲覧。
  71. ^ 避難確保計画の作成にご協力ください!(制度PR資料)”. 内閣府. 2016年2月26日閲覧。
  72. ^ a b c d 平凡社 2011, p. 268.
  73. ^ a b “登山前に「難易度評価」注意 遭難防止へ必ず確認を”. 『産経新聞』. (2017年8月8日). https://www.sankei.com/article/20170808-2Y2B76T2UZJ5PEI4BPC5VUPRF4/ 
  74. ^ 「強力 -富士登山案内人の軌跡─」展”. 富士宮市郷土資料館. 2018年7月2日閲覧。
  75. ^ ガイド協会とは”. 日本山岳ガイド協会. 2018年7月2日閲覧。
  76. ^ 全国山岳遭難対策協議会”. 日本スポーツ振興センター国立登山研修所. 2018年7月7日閲覧。
  77. ^ 登山道情報に関する協力協定を締結国土地理院(2017年12月12日発表)
  78. ^ a b c 登山”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2010年3月25日). 2018年2月25日閲覧。
  79. ^ 大辞泉[要文献特定詳細情報]
  80. ^ a b 夏の山(なつのやま) 三夏”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2011年2月5日). 2018年2月25日閲覧。
  81. ^ 大澤水牛 (2012年). “夏の山”. 水牛歳時記. NPO法人双牛舎. 2018年2月25日閲覧。






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「登山」の関連用語

登山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの登山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS