池田泉州銀行 ATM提携

池田泉州銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 22:57 UTC 版)

ATM提携

バリアフリー

視覚障がい者に対するバリアフリーの一環として、音声案内機能付きATMの設置、そして窓口振込手数料をATMによる振込時と同じ手数料体制をとっている[7]

イメージガール

存続行である旧池田銀行の流れを汲み、宝塚歌劇団の娘役スターをイメージガールとして起用しており[8]、同行の最後のイメージガールとなった野々すみ花が、初代イメージガールに横滑りとなった。伶美うららを経て現在は、有沙瞳が起用されている。

関連会社

ギャラリー

不祥事

  • 2020年9月 - 桃山台支店の男性営業課長(39歳)が、2016年4月、顧客(60代)名義の定期預金口座の通帳と払戻請求書を使い、同僚行員に手続きをさせて現金約500万円を詐取した疑いで、大阪府警捜査2課に9月15日、詐欺容疑逮捕された。元男性営業課長は調べに対し、「ほとんどを競馬外国為替証拠金取引(FX)に使った」と供述している。当行は2019年10月に男性営業課長を懲戒解雇処分としていた。また、顧客10人の預金計約2億2600万円を着服したとする社内調査結果を公表しており、府警でさらなる捜査を進める方針[9][10]

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク




  1. ^ 合併の時点では、混乱を避けるため、店舗名称は「大阪梅田営業部」のまま変更されないが、合併前の両行本店であった池田営業部・泉州営業部にかわり、本店窓口の扱いとなった。店舗名称の変更は、システム統合後の2012年10月9日に行われた。

出典

  1. ^ 当社の子会社(池田銀行と泉州銀行)の合併ならびに経営戦略について (PDF) 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日
  2. ^ 大阪支店の本町支店への統合について (PDF) 池田泉州銀行 平成24年7月30日
  3. ^ 大阪梅田営業部の「本店営業部」への店名変更について (PDF) 池田泉州銀行 平成24年7月30日
  4. ^ ““爆買い”訪日客に対応 池田泉州銀行、南海難波駅に外貨両替機設置”. 産経ニュース. (2015年11月5日). http://www.sankei.com/west/news/151105/wst1511050065-n1.html 2016年1月31日閲覧。 
  5. ^ “滋賀銀、池田泉州銀と提携 ATMを相互開放”. 京都新聞. (2017年11月3日). http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20171103000023 2018年5月10日閲覧。 
  6. ^ “年末年始利用し地銀2行が勘定系を移行、順調に稼働”. 日経コンピュータ. (2012年1月5日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120105/377816/ 2014年6月4日閲覧。 
  7. ^ 視覚障がい等をお持ちのお客さまへの対応について (PDF) - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)
  8. ^ “タカラジェンヌには池乃めだか…大阪地銀戦争のコテコテPR 定期の景品に泉州水ナスいかが”. 産経ニュース. (2015年8月13日). http://www.sankei.com/west/news/150813/wst1508130003-n1.html 2016年1月31日閲覧。 
  9. ^ 池田泉州銀の元行員逮捕 顧客預金500万円詐取容疑―大阪府警”. 時事通信 2020年09月15日21時31分. 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ 池田泉州銀元課長を逮捕 顧客預金の500万円詐取容疑”. 日本経済新聞 2020/9/15 22:54. 2020年9月16日閲覧。


「池田泉州銀行」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池田泉州銀行」の関連用語

池田泉州銀行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



池田泉州銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池田泉州銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS