世界吹奏楽協会 世界吹奏楽協会の概要

世界吹奏楽協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 08:51 UTC 版)

目的と目標

目的

  • 世界吹奏楽協会の会員になると、私たちの世界は小さくなり、以前では手の届かないところにあった吹奏楽の愛好家、伝統、スタイル、作品、練習法に直接アクセスできるようになります。
    • 国際的な焦点 – 私たちのメンバーは世界中から集まっています
    • 音楽教育 – 私たちは学習と成長を奨励します
    • 人材と音楽は利益を求めるものではありません – WASBEは非営利団体です

目標

声明文

作曲家のW.ベンソンによって書かれ、1990年の評議会で採択された。これは全てのWASBE活動の基礎となる基本的な哲学を表しています。

  • 私たちは、私たちが包括的な組織に属していること、そしてこれが私たちの独自性を定義していることを認識しています。
  • 私たちは、協力することで、市民の文化的生活へのインプットを強化する手段を見つけることができると認識しています。
  • ナショナルアイデンティティ、文化的遺産、年齢、芸術的嗜好、アマチュアまたはプロの経験などの個人差は、このより大きく、より広く、無限の検索において、サウンドタイムコミュニティを豊かにし、照らし出す要素であることを認識しています。
  • 私たちは、お互いを尊重し、お互いから学び、お互いを助け合う必要があることを認識しています。
  • 私たちは、オープンで寛容で、忍耐強く、進化し、成熟している組織であることを認識しています。その成長は人生であり、私たちが積極的に参加することで変化し、変化する可能性があります。
  • 私たちは、個々のメンバーが私たちの強さの源であり、受益者であり、私たちの最高の使者であり、私たち一人一人に私たちの芸術へのより高い関心を提供していることを認識しています。
  • 私たちは、一緒にいることによって一緒になるだけでなく、私たちの全体に生命の息吹と活力をもたらす、より豊かな調和とより強い対位法を提供することを認識しています。
  • 私たちは、オープンなコミュニケーション、最も徹底的な教育、そして最も幅広い普及を尊敬しているのは、それらが現在私たちが大切にしている最高の芸術的資質と私たちがまだ知ることのできないものに役立つからです。
  • 私たちは、芸術を進歩させる間、私たちの偉大な伝統を尊重しなければならないことを認識しています。

役員(日本)


  1. ^ プログラムの記載では作曲「T. Majima」になっているが、これは誤り
  2. ^ プログラムの記載では編曲「Taguzo Inagaki」になっているが、これは誤り
  3. ^ プログラムの記載では編曲「Tonohiro Tatabe」になっているが、これは誤り
  4. ^ プログラムの記載では作曲「鈴木英史」になっているが、これは誤り
  5. ^ 第17回大会のプログラムp16に「2019年7月9日-15日に東京・池袋で開催」と記載されている。2017 Utrecht WASBE Conference Official program book - WASBE
  6. ^ 東京で開催予定であったが諸般の事由で開催を見送った。2019WASBE世界吹奏楽大会in東京開催返上について思うこと - 梅津有希子公式サイト
  7. ^ 2021年7月開催を延期 WASBE
  1. ^ Honorary Life Members - World Association for Symphonic Bands & Ensembles (WASBE)
  2. ^ National Sections - World Association for Symphonic Bands & Ensembles (WASBE)
  3. ^ ご案内 - JBAの歩み - 日本吹奏楽指導者協会
  4. ^ a b 第2回WASBE国際作曲コンテスト 第3部門「管弦楽における管楽合奏」第3位 Category 3 (Orchestral Winds) - WASBE
  5. ^ the 1981 Program Information - WASBE
  6. ^ 1981 WASBE conference - WASBE
  7. ^ the 1993 Valencia Program Book - WASBE
  8. ^ WASBE 1995 summary by Tim Reynish - WASBE
  9. ^ 1997 WASBE conference - WASBE
  10. ^ program book of WASBE San Luis Obispo 1999 - WASBE
  11. ^ program book of WASBE Lucerne 2001 - WASBE
  12. ^ 2003 WASBE Conference Program - WASBE
  13. ^ the official program book - WASBE
  14. ^ WASBE 2007 Killarney Program Book - WASBE
  15. ^ cover of Chiayi City WASBE Conference Program Book - WASBE
  16. ^ page 1-50 of Chiayi City WASBE Conference Program Book - WASBE
  17. ^ page 51-100 of Chiayi City WASBE Conference Program Book - WASBE
  18. ^ page 101-165 of Chiayi City WASBE Conference Program Book - WASBE
  19. ^ program flyer - WASBE
  20. ^ Special Print Conference Report: selected pages from WASBE World Magazine September 2014 - WASBE
  21. ^ page 1-39 of the WASBE 2015 San Jose Program Book - WASBE
  22. ^ page 40-81 of the WASBE 2015 San Jose Program Book - WASBE
  23. ^ Special Print Conference Report: selected pages from WASBE World Magazine September 2015 - WASBE
  24. ^ Official program book - WASBE
  25. ^ Flyer - WASBE
  26. ^ Concert listing - WASBE
  27. ^ Article excerpt of WASBE World Magazine September 2016 - WASBE
  28. ^ Official program book - WASBE
  29. ^ 2022 International Conference - WASBE2022
  30. ^ PRESENTATIONS AND LECTURES PROGRAM - WASBE2022
  31. ^ COMPOSITION CONCERT PROGRAM - WASBE2022


「世界吹奏楽協会」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界吹奏楽協会」の関連用語

世界吹奏楽協会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界吹奏楽協会のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界吹奏楽協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS