わたしたち わたしたちの概要

わたしたち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 08:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
わたしたち
우리들  
監督 ユン・ガウン 
脚本 ユン・ガウン
製作 キム・スンモ(プロデューサー)
イ・チャンドン(企画)
チョン・テソン
出演者 チェ・スイン
ソル・ヘイン
イ・ソヨン
カン・ミュンジュン
チャン・ヘジン
音楽 ヨン・リモク
撮影 ミン・ジュンウォン
キム・ジヒョン 
編集 パク・セヨン
製作会社   
配給 アット9フィルム
マジックアワー
マンシーズエンターテインメント 
公開 2016年2月14日[1]第66回ベルリン国際映画祭[2]
2016年4月(第18回トロント国際児童映画祭[3]
2016年4月23日[4]第18回ウーディネ極東映画祭[5]
2016年5月30日[6] (第56回ズリーン国際映画祭
2016年6月16日(一般公開)
2016年6月19日[7]第19回上海国際映画祭
2016年9月24日第12回チューリッヒ映画祭[8]
2016年10月26日[9]第2回アジア ワールド フィルム フェスティバル
2016年11月(第28回ウィーン国際児童映画祭
2016年11月(第47回インド国際映画祭
2016年11月(第10回アジア・パシフィック・スクリーン・アワード
2016年11月23日[10]第17回東京フィルメックス
2016年11月29日[11]第34回Ale Kino!国際ヤング・オーディエンス映画祭
2017年1月21日[12]第6回ヨーテボリ・リトル・フィルム・フェスティバル
2017年3月17日[13]第5回ヘルシンキシネアジア映画祭
2017年4月29日[14]第17回ベルファスト映画祭
上映時間 94分
製作国 韓国
言語 韓国語
製作費 1億5000万ウォン[15][16]
興行収入 3億7832万ウォン[17][18]
テンプレートを表示
わたしたち
各種表記
ハングル 우리들
発音 ウリドゥル
日本語読み: わたしたち
英題 The World of Us
テンプレートを表示

ストーリー

小学校4年生の少女ソンは友達を作りたいのに、いつも学校で一人でいた。明日から夏休みが始まる既に終業式を終えた日も同級生のボラの策略で教室に一人居残り掃除する羽目になったソンは、二学期から転入する予定でたまたま学校の様子を見に来たソンと同い年の少女ジアに話しかけられる。その時は挨拶した程度のやり取りで終わったが、夏休み中に偶然再会した二人は、前述の掃除と引き換えに招待したと騙された誕生日パーティーでボラに渡す予定だった自信作のミサンガを、ジアに褒められプレゼントしたら気に入って貰えた事がキッカケで親友になった。ソンは幸せで心が満ち足りた日々を送るが、夏休み明けからジアの態度が変わっていることに気づく…。

キャスト

本作の主人公。小学4年生の10歳の少女。友達が欲しくて自分なりに必死に明るく振る舞おうとしているが、基本的には大人しく人付き合いも感情を表に出すのも苦手な為、学校では同級生に存在を軽んじられ常に一人でいたが、ジアと親友になる。周囲で一人だけスマホを持っていなかったり、ジアに一緒に英語塾に通おうと誘われるも授業料が高く親に相談する前に一人で塾通いをこっそり諦める等、家はあまり裕福ではない。家では弟ユンの面倒をソンが見なくてはいけない程、共働きで忙しい両親に心配かけまいと学校での状況はジアの事以外では話さなかったり、母の計らいで結局通う事になった英語塾でのひっそりとした教室で一人泣いていたボラにハンカチを差し出す等、芯の強さと優しさを併せ持つ。手先が器用で特技は手芸の他、絵を描くのも好き。
ソンと同じクラスに転校してきた同い年の少女で家も近所。両親の離婚が原因で前の学校ではいじめられていた為、もう誰にも嫌われたくない皆と仲良くなりたいと強く願う八方美人だが、プライドが高く負けず嫌いな一面もある。家は裕福ながらも、母親もエリートだが時々会いに来てはジアの目の前で恋人らしき若い女性と平然とイチャイチャしている父親もジアとは一緒に暮らしたがらない為、父方の祖母に預けられている。勉学は得意なものの夏休み中毎日ソンと遊びまくっていたジアを見かねた祖母が通わせる事になった英語塾でボラと出会い仲良くなるが、学校のペーパーテストで一位を取った事で、それまでずっと一位を取っていたボラから恨まれる。よくヘッドフォンを身に着けている。好物はキュウリ海苔巻き。 
ソンのクラスメイトの少女。リーダー気質で友達が多い人気者で成績も優秀な為、何でも自分が一位じゃないと気が済まないが、内心では相手に攻撃的になる事で自分が持っている失いたくない物を守ろうとしている。ジアとは学校よりも先に夏休み中での英語塾で出会い仲良くなるが、前々から嫌がらせをし一緒に遊びたくないソンと常に一緒にいるジアが気に入らない。
ソンの弟。4歳。趣味はレスリング、特技は宝探し、好きなものはおもちゃ。ソンや家に泊まりに来るジアと遊ぶのも好き。時々母親からの愛情を独占してソンをからかったりと、一見自由気ままで天真爛漫に見えるが、落ち込むソンの心情を気遣ったり来客より先に食事してはダメとソンを制止したり思いがけない警句を言う等、既に思慮深さも身に付けている。
ソンの母親。毎日朝から夜まで海苔巻き食堂の経営と家事・育児で忙しいが、家族の事を誰よりも愛し気にかけている心優しき良妻賢母であり、ソンの些細な変化も見逃さなかったりソンがユンの友達に怪我を負わせた時もソンを庇おうとする姿勢を貫いている。
ソンの父親。毎日朝から夜まで工場勤務で忙しく、重度のアルコール依存症ではないが、酒でストレスを発散しているかのように酔っ払って道端で寝ちゃったり家では愚痴を言ってる事が多く、家事・育児も積極的には行っていない。入院中の実父とは仲が悪いようで、妻に促されても頑なに見舞いに行こうとしない。  

注釈

  1. ^ チャン曰く、ポンが『殺人の追憶』の原作戯曲「私に会いに来て」の著者であるキム・グァンニムが演劇院長を務めていた大学の卒業アルバムで印象的な姿で写っていたチャンを見て出演を打診してきたとの事。
  2. ^ 在庫が無くなり次第、配布終了。
  3. ^ 釜山国際映画祭の専用映画館。
  4. ^ また、本作同様に同雑誌の第2号でポン・ジュノ監督の長編映画監督デビュー作『ほえる犬は噛まない』が丸々一冊、深く掘り下げて特集されているが、ユンのインタビューも掲載されている。
  5. ^ 対談は現在でも有料チケット(2万7000ウォン)を購入すればオンラインで直接視聴可能。

出典

  1. ^ a b Berlinale”. Berlinale. 2016年2月14日閲覧。
  2. ^ a b Berlinale”. Berlinale. 2016年2月14日閲覧。
  3. ^ a b TIFF Kids Takes THE WORLD OF US, HOW TO STEAL A DOG Korean Film News”. KoBiz ‐ Korean Film Biz Zone. 2016年3月10日閲覧。
  4. ^ FILM IN PROIEZIONE SAB 23 APRILE ‐ CALENDARIO”. FAR EAST FILM FESTIVAL 18. 2016年5月29日閲覧。
  5. ^ a b EXCLUSIVE: Line up & Guests revealed of the 2016 Udine Far East Film Festival!”. easternKicks.com THE ULTIMATE SITE FOR ASIAN FILM. 2016年4月13日閲覧。
  6. ^ FESTIVAL > ARCHIVE > 2016 > FILM PROGRAMME 56.ZFF”. 61st ZLIN FILM FESTIVAL 27/5 ― 2/6/2021 International Film Festival for Children and Youth. 2016年7月8日閲覧。
  7. ^ 我的电影节 > 排片表”. 第十九届上海国际电影节 19th SHANGHAI INTERNATIONAL FILM FESTIVAL. 2016年7月8日閲覧。
  8. ^ a b The World of Us / Woorideul ‐ Archive ‐”. Zurich Film Festival. 2016年10月6日閲覧。
  9. ^ Asian World Film Festival > Events by Asian World Film Festival > Past events”. Universe. 2016年10月19日閲覧。
  10. ^ 上映スケジュール”. 第17回「東京フィルメックス」. 2016年12月21日閲覧。
  11. ^ PROGRAMME > CALENDAR > The World of Us”. 34.Ake Kino! International Young Audience Film FESTIVAL Międzynarodowy Festiwal Filmów Młodego Widza Ale Kino ‐ Cały nasz świat. 2016年12月19日閲覧。
  12. ^ a b RT Romain@rom4inp: Hej! Här kan du läsa programmet http://giff.se/program-2017 och på lördag kan man återigen köpa biljetter på nätet och förköpsställen!”. Göteborg Film Festival. Twitter. 2017年1月10日閲覧。
  13. ^ a b The World of Us ‐ 16.–19.3.2017 KORJAAMO KINO ORION HELSINKI CINE AASIA”. HELSINKI CINE AASIA. 2017年3月27日閲覧。
  14. ^ a b 2017”. Belfast Film Festival ‐ Year-Round Films and Special Events. 2019年9月12日閲覧。
  15. ^ <わたしたち>制作日誌 by.ユン・ガウン(映画監督) ‐ 映画の現場”. 韓国映画データベース. 2016年6月16日閲覧。
  16. ^ 데뷔 감독 & 멘토 8인의 특강 ‐ 윤가은감독 강의 평가 강사: 영화... ‐ 드라마 같은 인생-인생 같은 드라마”. Facebook. 2016年8月3日閲覧。
  17. ^ 『わたしたち』 統計情報”. 韓国映画振興委員会. 2021年1月29日閲覧。
  18. ^ 윤가은정보계정 ‐ <우리집> 5만 관객 돌파~! *지난 22일 집계된 영화진흥위원회 영화관입장권 통합전산망에...”. Facebook. 2019年9月27日閲覧。
  19. ^ わたしたち <DVD>”. Amazon.com. 2020年7月3日閲覧。
  20. ^ FESTIVAL > ARCHIVE > 2016 > WINNING FILMS 2016”. 61st ZLIN FILM FESTIVAL 27/5 ― 2/6/2021 International Film Festival for Children and Youth. 2016年7月6日閲覧。
  21. ^ FESTIVAL > NEWS > THE WORLD OF US has been distributed in Korean cinemas since June”. 61st ZLIN FILM FESTIVAL 27/5 ― 2/6/2021 International Film Festival for Children and Youth. 2016年8月29日閲覧。
  22. ^ 재단사업 > 아름다운 예술인상 > 제6회 아름다운예술인상”. 신영균예술문화재단 SHIN YOUNO KYUN. 2016年10月28日閲覧。
  23. ^ 피플 > 송강호, '아름다운예술인상' 대상…"주연영화 1억 관객"”. 소통하는 언론 NeWS in. 2017年7月13日閲覧。
  24. ^ NEWS > LAUREACI 34. MFFMW ALE KINO!”. 34.Ake Kino! International Young Audience Film FESTIVAL Międzynarodowy Festiwal Filmów Młodego Widza Ale Kino ‐ Cały nasz świat. 2016年12月3日閲覧。
  25. ^ 【스페셜】 올해의 신인 영화감독상”. 씨네21 영화상. 2016年12月19日閲覧。
  26. ^ 【포토】 제16회 대한민국 국회대상 성료” (朝鮮語). News Prime. 2017年2月12日閲覧。
  27. ^ 최수인, ‘영 어바웃 국제영화제’ 최우수연기자상 수상”. 한국일보 : 세상을 보는 균형. 2017年7月13日閲覧。
  28. ^ 2016年上海国际电影电视节亚洲新人奖提名名单 官方新闻”. 上海国际电影节. 2018年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月3日閲覧。
  29. ^ THE WORLD OF US Scores 2 Asia New Talents Nominations in Shanghai Korean Film News”. kofic KoBiz Korean Film Biz Zone. 2016年6月27日閲覧。
  30. ^ 제5회 토론토 한국영화제 상영 프로그램 확정 한인회/단체 소식”. 재외동포신문. 2016年6月25日閲覧。
  31. ^ BIFF Archive Film 06-15 October, 2016”. Busan International Film Festival. 2016年10月16日閲覧。
  32. ^ Film Programme > Asian Wide Angle”. 香港亞洲電影節 13 THU 10 → 31 MON 10. 2016年11月26日閲覧。
  33. ^ ZEITPLAN - THE KOREAN FILM FESTIVAL 26.10 ‐ 30.10.2016 FRANKFURT”. – PROJECT K. 2016年10月16日閲覧。
  34. ^ 제5회 프랑크푸르트 한국영화제, 독일의 대표적 한국 문화 행사로 성장 문화소식”. KOFICE 한국국제문화교류진흥원. 2016年11月1日閲覧。
  35. ^ ARCHIVES — 2016 FILMS”. asian world film festival. 2016年11月3日閲覧。
  36. ^ RT CJ Entertainment USA@CJENT_USA: Thank you to our fantastic partners for helping us make this happen for the film loving community! #film #movies #SoCal”. Asian World Film Fest. Twitter. 2016年10月19日閲覧。
  37. ^ These films are nothing less than GREAT!! Look at what we're screening this year! http://asianworldfilmfest.org/films/ #Yakutia #Russia #Film #LosAngeles”. Asian World Film Fest. Twitter. 2016年10月13日閲覧。
  38. ^ THE WORLD OF US”. 2016 San Diego Asian Film Festival. 2016年11月13日閲覧。
  39. ^ Films Vienna International Children's Film Festival”. Kinder FilmFestival. 2016年11月13日閲覧。
  40. ^ FILM & PEOPLE > People Directory > Information > YOON Ga-eun Awards and Invitation”. kofic KoBiz Korean Film Biz Zone. 2016年12月1日閲覧。
  41. ^ IFFI 2016: All eyes on Korea”. THE HINDU. 2016年11月18日閲覧。
  42. ^ Republic of Korea to be the Country of Focus at IFFI Goa 2016”. International Film Festival of India (IFFI), Goa. 2016年11月3日閲覧。
  43. ^ PROGRAM ‐ BAPFF BRISBANE ASIA PACIFIC FILM FESTIVAL 23 NOV 4 DEC 2016 WWW.BAPFF.COM.AU”. BRISBANE ASIA PACIFIC FILM FESTIVAL. 2016年11月4日閲覧。
  44. ^ Brisbane Asia Pacific Film Festival 2016 program by Brisbane Marketing”. issuu. 2016年10月25日閲覧。
  45. ^ 세이브더칠드런 공지/뉴스 (소식”. 세이브더칠드런. 2016年11月17日閲覧。
  46. ^ 세이브더칠드런 공지/뉴스 (소식”. 세이브더칠드런. 2016年11月17日閲覧。
  47. ^ 영화로 풀어본 ‘아동권리’…제2회 아동권리영화제 개최”. 머니S ‐ 돈이 보이는 스페셜 뉴스. 2017年8月19日閲覧。
  48. ^ 영화제 마켓 > 국제영화제/마켓 > 국제영화제/마켓 목록 > 아동권리영화제”. kofic KoBiz Korean Film Biz Zone. 2016年12月1日閲覧。
  49. ^ Erika Olsson, projektledare för Göteborgs Lilla Filmfestival, tipsar här bla om filmen Det här är vår värld! goteborgsfria.se/artikel/126522”. Göteborg Film Festival. Twitter. 2017年1月19日閲覧。
  50. ^ Göteborgs Lilla Filmfestiva”. hapfind What's happening?‐find out!. 2017年1月27日閲覧。
  51. ^ Här hittar du vårt program digitalt! #gbgfilmfestival”. Göteborg Film Festival. Twitter. 2017年1月11日閲覧。
  52. ^ Vill du läsa 2017 års program först av alla? Då bör du infinna dig här imorgon kväll, för då smäller det!”. Göteborg Film Festival. Twitter. 2017年1月10日閲覧。
  53. ^ 5 Korean Films in 2017 Göteborg Film Festival ‐ Notice ‐ About the Mission”. Embassy of the Republic of Korea in the Kingdom of Sweden. 2017年1月27日閲覧。
  54. ^ festival > festival schedule”. PROVIDENCE CHILDREN'S FILM FESTIVAL. 2017年1月28日閲覧。
  55. ^ The World of Us”. New York Int'l Children's Film Festival. 2017年5月30日閲覧。
  56. ^ The 8th Korean Film Festival in Australia”. SBS Korean. 2017年7月8日閲覧。
  57. ^ 영화 <우리들>, 올 ‘호주 한국영화제’ 포문 연다 ‐ 호주한국신문”. 세계한인언론인협회. 2017年7月20日閲覧。
  58. ^ 커뮤니티 > 공지사항 > ★제19회 서울국제청소년영화제 상영시간표 공지★”. 서울국제청소년영화제 Seoul International Youth Film Festival. 2017年11月28日閲覧。
  59. ^ 제19회 서울국제청소년영화제 이란 특별전 개최 - 김다영 연예전문기자”. KSP A Korea Special Press Association 케이에스피뉴스(kspnews). Twitter. 2017年12月4日閲覧。
  60. ^ 문화 > 영화 > 제18회 서울국제청소년영화제 "청소년 희망 잃지 않도록 함께 성장하겠다"”. 서울문화투데이신문 서울문화투데이 Seoul Culture Today. 2016年8月25日閲覧。
  61. ^ Festivales: Todo lo que hay que saber del 5 Han Cine, festival de cine coreano ‐ Noticia”. EscribiendoCine. 2018年9月4日閲覧。
  62. ^ 【Noticias】 Se anunció la programación del HAN CINE 2018 ‐ Notificaciones”. Centro Cultural Coreano. 2018年8月24日閲覧。
  63. ^ 제5회 무주산골영화제 상영작 리스트 ‐ 영화제 상영작 ‐ 무주산골영화제:네이버 블로그”. NAVER. 2017年4月26日閲覧。
  64. ^ Muju Film Festival 2019 Program List ‐ 공지사항 ‐ 커뮤니티”. 무주산골영화제. 2019年6月4日閲覧。
  65. ^ 제7회 무주산골영화제 상영작 리스트 (25개국 101편) ‐ 공지사항 ‐ 커뮤니티”. 무주산골영화제. 2019年5月1日閲覧。
  66. ^ 제6회 무주산골영화제 상영작 리스트 (27개국 77편) ‐ 공지사항 ‐ 커뮤니티”. 무주산골영화제. 2018年5月23日閲覧。
  67. ^ 2016_산골프로그래머의 세 번째 편지 ‐ 프로그래머의 편지 ‐ 산골 스토리”. 무주산골영화제. 2019年10月16日閲覧。
  68. ^ #3_산골 프로그래머가 관객 여러분께 드리는 세 번째 편지 1/3 ‐ 영화제 상영작 ‐ 무주산골영화제:네이버 블로그”. NAVER. 2016年5月26日閲覧。
  69. ^ 제8회 무주산골영화제 ‐ 영화제 이모저모 ‐ 바람이나 쐬러가자 by 바람이나 쐴까:네이버 블로그”. NAVER. 2020年6月8日閲覧。
  70. ^ 초여름에 즐기는 낭만 가득한 영화 축제, 무주산골영화제 ‐ 작지만 큰 영화제”. ACT!. 2019年8月9日閲覧。
  71. ^ 5-2) 제5회 무주산골영화제 섹션별 영화 소개 - 판”. NAVER. 2017年5月8日閲覧。
  72. ^ 韓国の映画雑誌「Cine21」2016年公開作の韓国映画ベスト5を紹介♪ 1位 お嬢さん 2位 哭声 3位 荊棘の秘密 4位 アシュラ 5位 わたしたち 韓国映画話題作に並んで「#わたしたち 」が5位にランクイン!素晴らしい!”. 映画『わたしたち』. Twitter. 2017年7月14日閲覧。
  73. ^ RT 映画会社マジックアワー@magichour_inc: Cine21韓国映画ベスト5位に『 #わたしたち 』 映画雑誌「Cine21」の2016年公開作の韓国映画ベスト5を紹介♪”. 映画『わたしたち』. Twitter. 2017年7月15日閲覧。
  74. ^ 반가운 것은 이경미의「비밀은 없다」,윤가은의「우리들」이 한국영화 베스트 5위권에 자리했다는 점. 2001년 2위 정재은의「고양이를 부탁해」, 5위 임순례의「와이키키 브라더스」이후 여성감독 영화가 2편 이상 뽑힌 것은 15년만의 일입니다.”. cine21_editor. Twitter. 2016年12月15日閲覧。
  75. ^ ポン・ジュノ監督が選ぶ2020年代に注目すべき監督20人 日本からは「寝ても覚めても」監督が選出 : 映画ニュース”. 映画.com. 2020年2月28日閲覧。
  76. ^ 윤가은정보계정 ‐ 봉준호 감독이 주목한 차세대 거장 20인, 유일한 한국감독은… 윤가은 감독! 봉준호 감독이...”. Facebook. 2020年2月29日閲覧。
  77. ^ 윤가은정보계정 ‐ 윤가은 ‐ '봉테일' 감독이 윤가은 감독의 <우리집>을 보고 편지를!”. Facebook. 2019年8月16日閲覧。
  78. ^ 【봉준호, 신인감독을 만나다-1】 다섯 감독 사이의 '케빈 베이컨' 찾기”. 중앙일보. 2017年7月28日閲覧。
  79. ^ 【인터뷰②】 "16년전 '살인의추억' 거절" 장혜진과 '기생충' 운명적 만남”. 중앙일보. 2019年6月5日閲覧。
  80. ^ (인터뷰)장혜진, ‘기생충’이 발굴한 숨은 특급 존재감”. 뉴스토마토. 2019年6月16日閲覧。
  81. ^ 장혜진 "`기생충` 통해 연기하는 동력 얻었죠"”. 매일경제. 2019年6月5日閲覧。
  82. ^ 장혜진 "마트 일할 때 봉준호 감독 러브콜…'기생충'으로 약속 지켜"”. 머니투데이. 2020年11月12日閲覧。
  83. ^ 에듀콜라 ‐ Educolla ‐ 영화 <우리들> 윤가은 감독님과의 대화 (feat.초등학교 교사)...”. Facebook. 2019年7月11日閲覧。
  84. ^ 【영화 iN 교과서】 4학년 교과서에 수록된 영화 <우리들>, 그리고 수업 재구성에 대한 고민 ‐ 황의석 ‐ 영화로운교실:네이버 블로그”. NAVER. 2020年5月1日閲覧。
  85. ^ RT @csangsangmadang: 김치볶음밥의 달인 '집밥 윤선생' 강민준 배우가 공개하는 수박쥬스 레시피🍉"수박! 우유! 꿀! 갈아!" #우리들 #상상마당시네마 #무대인사”. KT&G 상상마당 시네마. Twitter. 2016年6月19日閲覧。
  86. ^ RT @knuepck: 홍대 KT&G 상상마당에서 #우리들 보고 무대인사 봤어요 #윤가은 감독 #최수인 #설혜인 #이서연 그리고 귀염둥이 #강민준”. 느림보가 사는 세상?!. Twitter. 2016年6月26日閲覧。
  87. ^ 【인디즈】너와 나와 우리에게 따뜻함을 물들이다 <우리들> 인디토크(GV) 기록 ‐ Community/관객기자단 [인디즈]”. 인디스페이스 indiespace. 2016年6月27日閲覧。
  88. ^ 【이벤트】<우리들>폴더를 드립니다 :네이버 카페”. NAVER. 2016年6月23日閲覧。
  89. ^ 커뮤니티 > 공지사항 > 「우리들」 개봉기념 이벤트”. 전주영화제작소. 2016年6月16日閲覧。
  90. ^ 【우리들】상영기념 더블 티켓팅 이벤트!”. Cinespace Juam 영화공간주안. 2016年6月19日閲覧。
  91. ^ #우리들 강민준 대배우님께서 바쁘신 와중에 그림 한 점을 오오극장에 선물하시고 가셨습니다😍”. 오오극장. Twitter. 2016年7月2日閲覧。
  92. ^ RT @billyjeanmh: 😀이번주 토요일은 #우리들 다음주 토요일은 #홀리워킹데이 관객과의 대화😀”. 오오극장. Twitter. 2016年7月2日閲覧。
  93. ^ 6월16일(목)~ 『우리들』 미니포스터 증정 이벤트! :네이버 카페”. NAVER. 2016年6月15日閲覧。
  94. ^ '우리들' 1만 관객 돌파, 개봉 7일 만 '저력 과시'”. TV Daily 티브이데일리. 2016年6月22日閲覧。
  95. ^ '우리들' 1만 관객 돌파...진심이 '통' 했다!”. CTN ‐ 확실하고 진실된 뉴스!. 2016年6月22日閲覧。
  96. ^ 영화 <우리들>이 1만 관객 돌파를 기념해 선착순 굿즈 증정 이벤트를 진행”. extreme MОVIE. 2016年6月22日閲覧。
  97. ^ 반가운 것은 이경미의「비밀은 없다」,윤가은의「우리들」이 한국영화 베스트 5위권에 자리했다는 점. 2001년 2위 정재은의「고양이를 부탁해」, 5위 임순례의「와이키키 브라더스」이후 여성감독 영화가 2편 이상 뽑힌 것은 15년만의 일입니다.”. 네영카. Twitter. 2016年6月23日閲覧。
  98. ^ 「#우리들」 1만 돌파 기념 선착순 굿즈 증정 이벤트! 6/23부터 「우리들」을 보러오시는 관객에게 선착순으로 거울 or L홀더 or 포스터를 증정합니다. (자세한 내용은 이미지 참고) #만명돌파 #절찬상영중”. ATNINE FILM. Twitter. 2016年6月22日閲覧。
  99. ^ 【映画『わたしたち』試写会トークイベントレポート】名匠イ・チャンドン監督が見出し、FILMEXでトリプル受賞『わたしたち』ユン・ガウン監督と荻上チキが”いじめ”をテーマにした本作の成り立ちを語る-”. シネフィル ‐ 映画とカルチャーWebマガジン. 2019年9月7日閲覧。
  100. ^ 【音声配信】韓国映画『わたしたち』特別試写会に50名様ご招待!〜荻上チキ&ユン・ガウン監督の特別対談も。ご応募は9月1日(金)まで▼2017年8月29日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)”. TBSラジオFM90.5+AM954~何かが始まる音がする~. 2019年9月7日閲覧。
  101. ^ 【音声配信】荻上チキが韓国映画『わたしたち』試写会でユン監督と語り合ったこと▼2017年9月6日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)”. TBSラジオFM90.5+AM954~何かが始まる音がする~. 2019年9月7日閲覧。
  102. ^ <우리들>에 대해 얘기하는 영화잡지, index 창간호:네이버 블로그”. NAVER. 2019年7月17日閲覧。
  103. ^ RT @garosugil: 【韓国映画わたしたちと共同キャンペーン。】 小学生の女の子たちを主人公にした映画”わたしたち”公開を記念して一緒に楽しもう企画がはじまりました🎶文具中心のラインナップ。※キャラクター系はないのですが割と地味でベタがええな。です(笑)”. 映画『わたしたち』. Twitter. 2017年9月11日閲覧。
  104. ^ 映画『わたしたち』 ‐ g.カロスキル×『わたしたち』共同キャンペーン実施中! 女子心をくすぐる韓国雑貨・ファッション専門オンラインショップ「g.カロスキル」にて、映画の世界観そのままの可愛くて実用的な商品を集めた【韓国のなつかし&今ドキ文具店】の販売ページが出来上がりました~♪...”. Facebook. 2017年9月11日閲覧。
  105. ^ RT @tokyofilmex: 『わたしたち』劇場公開が9月23日に決定したとのことです。前売り特典は、(映画をご覧になった方ならわかる)ミサンガです。”. 映画『わたしたち』. Twitter. 2017年7月30日閲覧。
  106. ^ 【3PICK 리뷰】 '우리집' 놀랍도록 아름다운, 윤가은 감독의 '우리' 세계”. 싱글리스트. 2019年8月7日閲覧。


「わたしたち」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「わたしたち」の関連用語

わたしたちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



わたしたちのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわたしたち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS