Google Classroomとは? わかりやすく解説

Google Classroom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 05:55 UTC 版)

Google Classroomは、Googleが学校向けに開発した無料のWebサービスで、課題の作成、配布、採点をペーパーレス化、簡素化することを目的としている。Google Classroomの主な目的は、教師と生徒の間でファイルを共有する過程を合理化することである[1]


  1. ^ Google Groups”. productforums.google.com. 2018年2月8日閲覧。
  2. ^ Magid (2014年5月6日). “Google Classroom Offers Assignment Center for Students and Teachers”. Forbes. 2017年4月28日閲覧。
  3. ^ Etherington (2014年5月6日). “Google Debuts Classroom, An Education Platform For Teacher-Student Communication”. TechCrunch. AOL. 2017年4月28日閲覧。
  4. ^ Kahn (2014年8月12日). “Google Classroom now available to all Apps for Education users, adds collaboration features”. 9to5Google. 2017年4月28日閲覧。
  5. ^ Lapowsky (2014年8月13日). “Google Wants to Save Our Schools—And Hook a New Generation of Users”. Wired. Condé Nast. 2017年4月28日閲覧。
  6. ^ Perez (2015年6月29日). “Google Expands Its Educational Platform "Classroom" With A New API, Share Button For Websites”. TechCrunch. AOL. 2017年4月28日閲覧。
  7. ^ a b Hockenson (2015年8月24日). “Google Classroom updates with Calendar integration, new teacher tools”. The Next Web. 2017年4月28日閲覧。
  8. ^ Ressler (2017年3月15日). “Google Classroom: Now open to even more learners”. The Keyword Google Blog. Google. 2017年4月28日閲覧。
  9. ^ Etherington (2017年4月27日). “Google Classroom now lets anyone school anyone else”. TechCrunch. AOL. 2017年4月28日閲覧。
  10. ^ Regan (2017年4月27日). “Google's Classroom is open to anyone with an urge to teach”. Engadget. AOL. 2017年4月28日閲覧。
  11. ^ “Time for a refresh: Meet the new Google Classroom” (英語). Google. (2018年8月7日). https://www.blog.google/outreach-initiatives/education/time-refresh-meet-new-google-classroom/ 2018年8月15日閲覧。 
  12. ^ Stay organized in 2019 with new features in Classroom” (英語). Google (2019年1月8日). 2019年2月10日閲覧。
  13. ^ Kerr (2014年5月6日). “Google unveils Classroom, a tool designed to help teachers”. CNET. CBS Interactive. 2017年4月28日閲覧。
  14. ^ Submit an Assignment”. Google Classroom help. Google. 2015年3月27日閲覧。
  15. ^ Steele (2014年5月6日). “Google Classroom helps teachers easily organize assignments, offer feedback”. Engadget. AOL. 2017年4月28日閲覧。
  16. ^ Archive a class - Classroom Help”. Archive a class. 2015年4月6日閲覧。
  17. ^ Wright (2015年1月14日). “Google’s new Classroom app opens its doors on Android and iOS”. The Next Web. 2017年4月28日閲覧。
  18. ^ Luckerson (2015年1月14日). “Google Is Bringing the Paperless Classroom to Teachers' Phones”. Time. 2017年4月28日閲覧。
  19. ^ Privacy & Security Information”. Google for Education. Google. 2017年4月28日閲覧。
  20. ^ Pappas, Christopher (2015年8月20日). “Google Classroom Review: Pros And Cons Of Using Google Classroom In eLearning”. eLearning Industry. 2016年8月17日閲覧。
  21. ^ https://www.gomindsight.com/blog/privacy-with-google-classroom-education-industry-news/
  22. ^ http://www.uft.org/linking-learning/pros-and-cons-google-classroom
  23. ^ https://blog.appsevents.com/2014/07/6-things-you-cant-do-with-google.html
  24. ^ https://elearningindustry.com/google-classroom-review-pros-and-cons-of-using-google-classroom-in-elearning
  25. ^ https://www.trustradius.com/products/google-classroom/reviews?qs=pros-and-cons
  26. ^ https://edu.google.com/why-google/privacy-security/?modal_active=none


「Google Classroom」の続きの解説一覧

Google Classroom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 07:38 UTC 版)

Googleのサービス」の記事における「Google Classroom」の解説

その名の通りクラス作れるウェブサービスで、無料版meet使って授業できないし、生徒が何GB使えないが、有料版meet使って授業ができるし、生徒が何GB使えるまた、どちらでも宿題や点をつけたりテスト付き課題や、みんなや特定の人コメントしたり、質問資料トピック送れる。[要出典]

※この「Google Classroom」の解説は、「Googleのサービス」の解説の一部です。
「Google Classroom」を含む「Googleのサービス」の記事については、「Googleのサービス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Google Classroom」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Google Classroom」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Google Classroom」の関連用語

Google Classroomのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Google Classroomのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGoogle Classroom (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGoogleのサービス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS