GINZA SIXとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > GINZA SIXの意味・解説 

GINZA SIX

読み方:ギンザシックス

東京都中央区銀座6丁目に位置する複合商業施設の名称。2014年4月着工され、2017年4月20日開業した。地下6階地上13階大型施設である。

株式会社大丸松坂屋百貨店森ビル株式会社、L キャタルトン リアルエステート住友商事株式会社の4社が共同出資して設立したGINZA SIXリテールマネジメント株式会社によって運営されている。

GINZA SIXは、デベロッパー土地権利者提携して公益性の高い再開発ビル建てる第一種市街地再開発事業として建築された。このため、GINZA SIXは大規模屋上庭園やオフィススペース、文化交流施設などを有し、複数都市機能備え建築物となっている。

GINZA SIX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/07 03:47 UTC 版)

GINZA SIX(ギンザシックス)は、東京都中央区銀座にある複合商業施設。商業施設、業務施設、文化公共施設、地域冷暖房及び駐車場から構成される。


  1. ^ a b c 朝日新聞『GINZA SIX 観光・文化の拠点に』「銀座松坂屋跡地 バス乗降所併設 地下に能楽堂も」2016年10月27日、2016年10月27日閲覧
  2. ^ 銀座六丁目 ワールドクラスクオリティ施設が誕生 - 住友商事(2014年4月2日)、2016年2月15日閲覧。
  3. ^ 銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業(中央区決定) - 東京都都市整備局(平成27年7月31日)、2016年2月15日閲覧。
  4. ^ 銀座六丁目プロジェクト コンセプト・開発経緯 - 森ビル、2016年2月15日閲覧。
  5. ^ J.フロントリテイリングは、銀座地区最大の再開発計画「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」に取り組んでいます - J.FRONT RETAILING(2015年11月6日)、2016年2月15日閲覧。
  6. ^ さようなら松坂屋銀座店!「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」の施工者が「鹿島建設」に決定 - 東京・大阪都心上空ヘリコプター遊覧飛行(2013年6月12日)、2016年2月15日閲覧。
  7. ^ 銀座六丁目10地区市街地再開発/建物を上棟、2017年4月に商業施設開業 - 流通ニュース、2016年5月11日、2016年5月17日閲覧。
  8. ^ 地下鉄「銀座駅」からGINZA SIXにつながる地下通路が開通 バリアフリー動線を強化、来街者の利便性・回遊性を向上~2017年12月20日供用開始~ - G6リテールマネジメント、2016年12月20日閲覧。
  9. ^ 銀座六丁目10地区第一種市が何時再開発事業 地中障害等による工期遅延に伴う竣工時期変更 - 銀座六丁目10地区市街地再開発組合(2015年11月6日)、森ビル、2016年2月15日閲覧。
  10. ^ 銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業 - 東京都都市整備局(平成27年7月31日)、2016年2月15日閲覧。
  11. ^ 2017年、銀座エリア最大級、ワールドクラスクオリティの商業施設が誕生します「銀座六丁目プロジェクト」銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業 - G6リテールマネジメント、2016年2月15日閲覧。
  12. ^ 2017年、銀座エリア最大級、ワールドクラスクオリティの商業施設が誕生します「銀座六丁目プロジェクト」銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業 - G6リテールマネジメント、2016年2月15日閲覧。
  13. ^ GSIX - アクセス - 電車をご利用の場合 - GINZA SIX 公式ホームページ 2017年4月23日閲覧


「GINZA SIX」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

GINZA SIXのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



GINZA SIXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGINZA SIX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS