BMW Z4 M クーペとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 自動車・バイク > 自動車(BMW) > BMW Z4 M クーペの意味・解説 

BMW Z4 M クーペ

BMW Z4 M クーペ

車種
車種記号Z4 M Coupé
2ドア MT 右/左ハンドル
型式ABA-DU32

エンジン
型式種類326S4・直列6気筒DOHC
総排気量3,245cc
最高出力252kW〔343ps〕/ 7,900rpm(EEC)
最大トルク365Nm〔37.2kgm〕/4,900rpm(EEC)
燃料タンク容量無鉛プレミアムガソリン
55リットル

重量定員
車両重量1,440kg
車両総重量1,550kg
定員2名

性能タイヤ・ホイール
最小回転半径(タイヤ)5.3m
燃料消費率10・15モード
(国土交通省審査値)
タイヤ(フロント) 225/45ZR18
(リヤ) 255/40ZR18
ホイール(フロント) 8J×18
(リヤ) 9J×18アロイ・ホイール
ダブルスポーク・スタイリング224M

動力伝達制御装置緩衝装置
トランスミッション6速MT
ブレーキ形式(前)
ブレーキ形式(後)
ベンチレーテッド・ディスク
ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング形式ラック&ピニオン式、
回転数感応式パワー・ステアリング
緩衝装置(前輪)シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、
コイル・スプリングスタビライザー
緩衝装置(後輪)セントラル・アーム式、
コイル・スプリングスタビライザー

記載の仕様諸元予告なく変更することがありますのでご了承ください。(この内容は2007年4月1日現在のものです)
記載の諸元データ国土交通省届出を基にしていますので、メーカー公表値と異な場合ありますまた、一部ヨーロッパ仕様車値を含みます
記載の諸元データおよび写真は、日本販売されるモデルとは細部異な場合あります。また一部オプション含みます
記載の事項および写真版権は、BMW AG(ドイツ)およびビー・エム・ダブリュー株式会社帰属します無断転載禁じます

「BMW Z4 M クーペ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

BMW Z4 M クーペのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
BMWの車種一覧



BMW Z4 M クーペのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
BMWBMW
Copyright (C) 2022 BMW Japan All rights reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS