Adobe RGBとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Adobe RGBの意味・解説 

AdobeRGB

読み方アドビアールジービー

AdobeRGBとは、Adobe Systemsが定義した色空間カラースペース)のことである。1998年発表された。DTPなどの場面において多く用いられている。

色空間とは、色の組み合わせによって色彩表現するために、要素色が数値で定義された体系のことである。一般的にディスプレイなどの発光する表示媒体ではRGBRed, Green, Blue)が用いられ、印刷物のように光反射による表示媒体ではCMYKCyan, Magenta, Yellow, blacK)が用いられる。RGB中にもふたつの規格がある。ひとつは国際電気標準会議IEC)によって規定されたsRGBstandard RGB)であり、国際的標準規格としてWindowsをはじめ多くのハードウェア・ソフトウェアにおいて用いられている。そしてもう一方RGB色空間が、Adobe Systems定めたAdobeRGBである。

sRGB基本的にCRTディスプレイで色を表現することを想定しているため、表現できる色の範囲には一定の限りがある。AdobeRGBは、sRGB比べても遥かに広い範囲再現領域持ち、きめの細やかな色彩表現が可能となっている。印刷物対す適合性や色構成の厳密性も高く、特にDTP分野などでは長らくAdobeRGBが標準的に用いられている。ただしAdobeRGBを再現できる機器比較高価であり、もっぱら業務用機材採用されている。

最近では、一般ディスプレイデジタルカメラなどにAdobeRGBが採用されるケースが増えており、デジタルカメラ撮影した写真画像Adobe Photoshopなどのフォトレタッチソフト編集し、印刷までを行なっても、想定されたとおりの色表現行なうことが可能となってきている。

ただ、sRGBモニタにのみ対応しているディスプレイでAdobeRGBを編集する場合には、ディスプレイにはsRGB表示されることとなる。AdobeRGBで撮影してsRGB表示させると、表示多少くすんでしまう。逆にsRGB撮影したものをAdobeRGBで表示させると、彩度が上がってしまうなどの困難がある


参照リンク
Adobe RGB (1998) color image encoding - (英文
画像のほかの用語一覧
技術・規格:  トリミング  VBR  Web3D
色表現:  AdobeRGB  アルファチャンネル  アルファ値  色温度

Adobe RGB

読み方あどび あーるじーびー

フォトショップなどの画像処理アプリケーションソフトを製作しているアドビシステムズ社が推奨する 色空間 プロファイルのひとつ。最近デジタル一眼レフカメラではAdobe RGBの色空間に対応したデータ保存できる機能備え機種もある。Adobe RGBは sRGBApple RGB よりも広い色空間を持つが、一般パソコンディスプレイではその広い色空間肉眼確認することはできない。Adobe RGBを再現できるディスプレイは、日本ナナオ三菱韓国のサムスンといったメーカーから発売されているが、高価

色空間

(Adobe RGB から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 01:54 UTC 版)

色空間(いろくうかん、: color space)は、立方的に記述される空間である。カラースペースともいう。色を秩序立てて配列する形式であり、色を座標で指示できる。色の構成方法は多様であり、色の見え方には観察者同士の差異もあることから、色を定量的に表すには、幾つかの規約を設けることが要請される。また、色空間が表現できる色の範囲を色域という。色空間は3種類か4種類の数値を組み合わせることが多い。色空間が数値による場合、その変数はチャンネルと呼ばれる。




  1. ^ 千々岩英彰 『色彩学概説』 東京大学出版会、2001年。ISBN 4-13-082085-0


「色空間」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Adobe RGB」の関連用語

Adobe RGBのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Adobe RGBのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAdobeRGBの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色空間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS