館柳湾とは?

たちりゅうわん -りうわん 【館柳湾】 ○

1762~1844江戸後期漢詩人越後の人。名は機、字(あざな)は卿、湾は号。亀田鵬斎師事し、幕府仕え飛驒高山赴任した。退官後、江戸詩文専念。著「柳湾漁唱

館柳湾

読み方たち りゅうわん

江戸後期漢詩人新潟生。廻船問屋小山兵衛次男、父の実家館源右衛門徳信の養子。名は機、字は卿、通称を雄次(二)郎、別号に石香斎・三十六灣漁叟・賞老人等。江戸に出て亀田鵬斎従学幕府勘定奉行配下役人となり、一時飛騨高山でも勤めた。致仕後、詩作、詩の添作、篆刻著述専念した。菊池五山松崎慊堂巻菱湖椿椿山らと交わる。天保15年(1844)歿、83才。

館柳湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 03:40 UTC 版)

館 柳湾(たち りゅうわん、宝暦12年3月11日1762年4月5日) - 天保15年4月13日1844年5月29日))は、江戸時代後期の日本の漢詩人書家である。


  1. ^ 書家の巻菱湖の本姓も小山氏であり、菱湖は柳湾を「吾兄」「堂兄」と呼んでいる。ここから阪口五峰は二人の母は姉妹ではないかと考えた[4]
  1. ^ 今関天彭『書苑 第五巻・第十一号』三省堂、1941年、P.19。
  2. ^ 富士川英郎『江戸後期の詩人たち』麥書房、1966年、P.361。
  3. ^ 富士川英郎『江戸後期の詩人たち』麥書房、1966年、P.144。
  4. ^ 今関天彭『書苑 第五巻・第十一号』三省堂、1941年、P.19。
  5. ^ 今関天彭『書苑 第五巻・第十一号』三省堂、1941年、P.19。


「館柳湾」の続きの解説一覧



館柳湾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「館柳湾」の関連用語

館柳湾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



館柳湾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの館柳湾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS