離断性骨軟骨炎とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候 > 離断性骨軟骨炎の意味・解説 

離断性骨軟骨炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 08:47 UTC 版)

離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん、英:osteochondritis dissecans; OCD、独:Osteochondritis dissecans, nach König)は、肘関節股関節膝関節などの部位に好発する骨端症 osteochondrosis [1]の一種で、野球肘テニス肘などはこれに含まれる。




[ヘルプ]
  1. ^ 骨端炎ともいう。発育期において骨端部、あるいは骨突起部の骨壊死を生ずる疾患の総称。
  2. ^ 変形性関節炎、奇形性関節炎ともいう。関節に慢性の退行性変化および増殖性変化が同時に起こり、関節の形態が変化する疾患。


「離断性骨軟骨炎」の続きの解説一覧



離断性骨軟骨炎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離断性骨軟骨炎」の関連用語

離断性骨軟骨炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



離断性骨軟骨炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離断性骨軟骨炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS