放射冷却現象とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 放射冷却現象の意味・解説 

放射冷却現象

読み方:ほうしゃれいきゃくげんしょう
別名:放射冷却

温度の高い物体放熱して周囲気温下げ現象。特に気象用語としては、晴れた日に地面の熱が放出され、悪天候の日などよりも地表付近気温が下がる現象を指す。

気象現象としての放射冷却現象は、通常に遮られたり風と混ざり合ったりして逃げずに留まる地表の熱が、よく晴れた風の弱い日には遮るものがないために上空逃げ冷え込む現象である、と説明される。大雪降っている天候下よりも冷え込み激し場合少なくない

放射冷却現象は、よく晴れ冬の夜、そこから明け方にかけて、顕著起こりすいとされる。2012年2月3日未明には放射冷却現象の影響猛烈冷え込み九州地方をはじめ全国38地点観測史上最低気温記録した。

関連サイト
気象データ観測史上1位の値 更新状況 - 気象庁
放射冷却現象 - 物理かぎしっぽ

放射冷却

(放射冷却現象 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/21 03:05 UTC 版)

放射冷却(ほうしゃれいきゃく)とは、高温の物体が周囲に電磁波放射し温度が下がる事。身の回りのあらゆる物においても日常的に見られる現象(例:熱いフライパンを放置すれば冷める)。




「放射冷却」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放射冷却現象」の関連用語

放射冷却現象のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



放射冷却現象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放射冷却 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS