下手とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 下手 > 下手の意味・解説 

した て [0] 【下手】

〔「したで」とも〕
下の方。下の方の場所。また、川下風下。しもて。 「丘の-に陣を取る
相撲相手差し手の下に差し組み手また、その腕。 ⇔ 上手(うわて
囲碁・将棋などで、棋力の劣る方の指し手。 ⇔ 上手(うわて
[句項目] 下手に付く 下手に出る

しも て [0][3] 【下手】

川の下流の方。 「この川の-に大きながある」
地勢的に見て、低い方。 「道の-にある畑」
演劇において客席から舞台見たときの左側のこと。撮影においてはカメラファインダーから見て左側のこと。 「一人の男が-から登場する」
▽⇔ 上手(かみて

へた [2] 【《下手》】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ
技術などのうまくない・こと(さま)。そのような人をもいう。 ⇔ 上手(じようず 「字の-な人」 「 -だがよく歌う」
(悪い結果を招くような)手ぎわの悪いこと思慮足りないこと。また、そのさま。 「 -な事を言うとかえってよくない」 「 -に手を出すな
中途半端なこと。なまなかなこと。また、そのさま。 「 -な学者より精通している」
派生 -さ ( 名 )


下手

棋力下の人、特に駒落ち場合に駒を落としてもらう方を指す。
[←→上手]

下手

読み方:しもて

  1. 芝居舞台の、見物席より見て左手の方。上手の対。
  2. 舞台に向つて左が下手(しもて)である。〔歌舞伎
  3. 舞台に向つて左手
  4. 〔演〕舞台の方に向つて左方、即ち花道のある方をいう。

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下手

読み方:シモデ(shimode)

所在 鹿児島県伊佐郡菱刈町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

下手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/22 14:04 UTC 版)

下手(しもて、しもで、したて、へた)




「下手」の続きの解説一覧

下手

出典:『Wiktionary』 (2011/06/30 09:38 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. したて漢字表記
  2. しもて漢字表記
  3. 熟字訓へた漢字表記



下手と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下手」の関連用語

下手のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



下手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2020 Shogitown. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの下手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS