フライス加工とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 加工 > フライス加工の意味・解説 

フライス加工(ミーリング)・NC加工(マシニング加工)

フライス加工は、丸ノコの様に多数の切れ刃を持つフライスで面加工を行う切削加工である。これに対し、のみの様に切れ刃が一つのものをバイトという。フライス工具には様々な形状寸法のものがあり、円筒外周に沿って切れ刃を並べる平フライス円筒正面に複数の切れ刃を持つ正面フライス大別され、面加工や溝加工が行える。正面フライスでは円筒外周にも切れ刃を付け同時に面と側面加工能率良く行える
  フライス工具材料としては高速度工具鋼超硬合金サーメットなどが用いられるが、寸法大きな工具ではスローアウェイ(取り外し可能チップ方式もある。
  フライス盤には、主軸ベッドに対し水平な横フライス盤垂直な立てフライス盤がある。横フライス盤ではベッドの上に工作物固定するテーブルを置き、回転するフライスに対してテーブル往復させ面削りを行う。立てフライス盤では、主軸ベッドに対して垂直方向にあり、正面フライス用いて正面削りを行う。また、エンドミル取り付け、溝加工側面加工を行う。
  フライス盤取り付ける工具種類によって様々な加工対応できる主なものとして穴開け平面加工、段付け、溝加工があるほか、横フライス盤ではメタルソーを用いて切断可能である
  このように多種加工が行えるため、フライス盤もまた機械加工では広く用いられている。

  NC数値制御加工は、工作機械制御数値情報で行うことであり、プログラミングを行うことで工具位置経路主軸回転、被工作物位置制御を行う。初期には制御データ記録した紙や磁気テープ数値入力行っていたが、コンピュータ発達により機械に取付けられディスプレイ上から直接数値入力して制御が行えるようになっているこの場合指して特にCNC(computerized NCと呼ぶこともあるが、現在NC加工呼ばれるものはほとんどの場合CNC加工を指す。
  マシニング加工は、NC工作機械のうち、マシニングセンタmachining center)と呼ばれる、フライス加工、中ぐり、穴開け研削などの加工1回工作物取り付け行える工作機械用いて行われる加工である。マシニングセンタ目的とする工程に合わせた多くの種類工具内蔵し工程順に工具自動取り換えられるようプログラムされるマシニング加工は、数値制御による高精度多種多様な加工1台可能となるため、多品種少量の生産に対応でき、普及進んでいる

フライスによる面加工

適している分野・使用事例

フライス加工=平面削り、溝削り正面削り穴開け側面削りなど多様な加工が可能。
マシニング加工1台多様な加工が行え、多品種少量生産に向く。

用語解説

高速度工具鋼
高炭素鋼クロムモリブデンタングステン、パナジウム、コバルトなどの合金元素比較多量に添加した工具鋼高速切削適し摩擦熱による高温によく耐える
超硬合金
融点金属の炭化物主成分とする耐摩耗性優れた、高硬度粉末冶金材料
サーメット
セラミック質の非金属金属相で結合した耐摩耗性耐酸化性優れた粉末冶金材料
スローアウェイ
三角形または多角形のコーナー(角)部を刃先とする取り外し可能チップ一つ刃先工具寿命達した場合他のコーナーまたはチップに取換えて作業継続する
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。




フライス加工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フライス加工のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フライス加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2022 TECH PLAZA

©2022 GRAS Group, Inc.RSS