バット溶接とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 溶接 > バット溶接の意味・解説 

バット溶接・アプセット溶接

スポット溶接二枚金属板を電極により上下挟み溶接するのに対し、継手端面突き合わせ溶接する方法を、突き合わせ溶接(upset welding)と呼ぶ。電気抵抗溶接一種であり、棒や管の継手溶接として利用されることが多い。
  このうちバット溶接は、突き合わせ材料に、はじめに通電してその電気抵抗により発熱溶融させる。接触部が溶融飛散して材料間に隙間が空くと、アーク放電が起こる。このアークによる発熱をも加熱利用し、最終的に強い圧力をかけて溶接する方法で、フラッシュ溶接とも呼ばれるこの方法では強い溶接継手が得られる。また、接合面の清浄度並行に対して許容量大き特色がある。バット溶接は断面積大き伝動軸などの製作に利用される。
  アプセット溶接は、突き合わせ端面に、あらかじめ圧力加えておいて電流を流す方法である。抵抗熱により溶融した断面圧力が加わり接合されるが、溶接部には据込み(アプセット)が発生する。この溶接比較的小断面金属線材、棒材溶接利用されている。


バット溶接

適している分野・使用事例

金属線材、棒材同士溶接

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。



バット溶接と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バット溶接」の関連用語

バット溶接のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バット溶接のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2020 TECH PLAZA

©2020 Weblio RSS